fc2ブログ

【日記】あとはメンテ開けを待つのみ

ffxiv_20211201_221103_194.jpg


皆さん、こんばんは。


2日18時からの24時間メンテが開けると遂にVer6.0が稼働しますね。


Ver6.0になるにあたって、

レベルアップ前の蓄積経験値がリセットされたり、
一次素材のHQ品の製作時の補正が無くなったりしますが、

Ver6.0を迎える際の準備、皆さんお済でしょうか?


自分の方は


ffxiv_20211127_191234_606.jpg


クラフターで時間の許す限り二次素材を作り……


ffxiv_20211130_214618_528.jpg


バトルクラスジョブでは蛮族の指示のもと運び屋をやったりして


ffxiv_20211201_214135_344.jpg


ffxiv_20211201_220151_236.jpg


数多のジョブがレベルアップ直後といった具合になり、
かなり理想的な経験値の状況へと持っていくことが出来ました。
(この記事作成中、戦士はゴージに出撃したりで経験値が8割ほどまで行ってしまいましたが)


メンテナンス開始時間の都合、
明日はインできないので(仕事から最速帰宅が18時直前なため)、
現在の状況で今VerをFixということになります。

エオルゼアに毎日降り立つのがライフサイクルになっているので、
明日エオインできないのはもどかしくありますが、
3日のメンテ開けを楽しみにしようと思います。

それにしても賢者、メインが最新まで行ってなくても開放できたら良いんだけどなぁ。
どうなんだろう? とにかく楽しみです。


ではでは~


スポンサーサイト



【ネタ】ニワトリを追跡してみた

ffxiv_20211129_231355_001.jpg



皆さん、こんばんは。


クリスタリウムを散策していた際、
ここにある牧場でちょっと気になるニワトリを発見しました。


ffxiv_20211129_231304_031.jpg


それがこちらのニワトリです。


ffxiv_20211129_231307_580.jpg



水飲み用の桶の傍に佇んでいるこのニワトリ。


近づくと反応して移動を開始します。




一体全体どこへ行くのか?


逃げ出したのなら特にそのつもりがなくても追いかけてしまいたくなるのが
いきもののサガというものです。


というわけで移動を開始したニワトリの追跡を開始。


ffxiv_20211129_231313_263.jpg


まず最初に到達したのが自動で開閉する扉の前。
ここできちんと行儀よく扉が開くまで待機してから移動するニワトリ。
リアルゼアでも奈良の鹿はある程度信号を理解しているっぽいので
こういうのはあり得ない話ではありませんが、その光景がなんともシュールです。


ffxiv_20211129_231334_507.jpg

扉を抜けても彼?彼女?の歩みは止まりません。


どんどんと奥へと進んで行きます。


孔明辺りが配置した伏兵のいる所へと誘い込まれる武将のように
こちらも追跡を続けます。



ffxiv_20211129_231343_688.jpg



すると何やら小屋らしき物が見えてきました。



ffxiv_20211129_231348_553.jpg


その前を少し通り過ぎた後、
こちらに向かって威嚇? 小屋を誇示? した後



ffxiv_20211129_231404_065.jpg


小屋内へと移動していきました。


最初の段階で、

ここへと逃げようとして逃げてきた

のか

自宅を見せてやるよ、付いて来な。

だったのかはわかりませんが、
それなりの距離を追いかけて行くのは中々面白かったです。


ではでは~

【日記】寄り道寄り道

ffxiv_20211123_175809_493.jpg


皆さん、こんばんは。


この日曜日の夕方からようやくメインクエストを進め始めましたが









進捗具合は相変わらず芳しくなかったです。




それもそのはず。


ffxiv_20211128_162505_393.jpg


水晶公から執務室で第一世界の情勢の説明と次の目的地を教えて貰いますが


この執務室のBGMがFF3のウネの洞窟の曲のアレンジじゃなかろうか?


というのが気になって気になって必要以上に滞在してみたり



ffxiv_20211128_164158_004.jpg


いざ、執務室を出て早速向かった先は


ffxiv_20211128_163955_169.jpg


マーケットでリーブの開放だったり


ffxiv_20211128_164520_385.jpg


次の目的地へ行くなら出なくても良いレイクランドのフィールドへと出て
この世界の敵と戦闘してみたり



ffxiv_20211128_180647_773.jpg


周辺を散策していたらやたら見晴らしの良い場所へとたどり着きました。

ここからクリスタリウム周辺の地形がよく見えるので、
どういう場所なのかがよくわかったのは良いのですが


お城の展望台の更に上にある櫓みたいな所だったので



非常に高所です。



ここから降りる際にはアングルの都合もあって
非常に恐ろしくテレポで帰還したりしていました。


それにしても新しい土地へと足を踏み入れると、
どういう所であるのかと色々と探検してみたくなりますね。

その土地土地の風景やモンスター、天候など色んな要素が新鮮で、
初めてエオルゼアへ降り立った時に近い感動がありました。

メインクエストを早いこと進めて行きたい気持ちは充分にありますが、
新たな土地がどうなっているんだろう?
とマウントにも乗らずに見て回るのをしばらく続けたいところでもあります。


ではでは~。

【日記】下限極ビスマルクにチャレンジ

26日に一瞬だけアップした記事ですが、
色々と思うところがあり加筆修正をしたいので、
一旦下書きへと変更し不可視状態になっています。
再度アップした際には告知しますのでよろしくお願いします~。





ffxiv_20211128_133751_649.jpg



皆さん、こんばんは。


本日の昼過ぎ、フレンドのお芋さん主催の


下限で行く極ビスマルク初見未予習ツアー


に参加してきました。



ffxiv_20211128_134200_235.jpg


蒼天で登場する真ビスマルクの極版ですね。

極になったことにより、どれだけ凶悪になっているのか楽しみです。



タンクを務めるお芋さん、たまごさんの打ち合わせが終わったところでいざ戦闘開始!



すると開幕の外殻破壊の際にパーティの大半が床ペロをして壊滅するという状況。


いったい何が起きたのか?


と皆であーでもないこーでもないと相談しながら今度は順調に外殻を破壊。


すると今度は


ffxiv_20211128_145441_825.jpg



サヌワがめちゃくちゃ強かった。


真の時は特に意識せずに倒せたと思うのですが、
極では青、緑のサヌワによってかけれらるデバフにそれぞれ対応したサヌワを倒さないと
カウンターで大ダメージを受けるということが判明。



ffxiv_20211128_151236_751.jpg


サヌワを倒すための仕様を把握したことによりサヌワの処理も安定してきて、
無事にその後のフェイズまで進むことが出来ましたが、
その後に出てくるブンド族が中々曲者でクリアは叶わず時間切れで終了。



誰かが言った「雑魚なんていない」発言が表すように、
サヌワ、ブンド族、そのどれもが非常に強力で、
油断しているとあっさりと倒されてしまう恐ろしい相手でした。


ffxiv_20211128_153402_740.jpg


最後は記念写真を撮影して終了となりました。


初見未予習での突撃でしたが、
全滅した際にギミックがどういうものなのか推理して
試行錯誤しながら戦っていくのがとても楽しかったです。


2週間後辺りにリベンジ戦が企画される予定なので、
是非ともそちらにも参戦してみたいところです。


【忘備録】
・ビスマルク本体に乗るとダメージ受けるデバフ(レベル上がる)が付く。
・サヌワが仕掛けてくるデバフと同じ色のサヌワに攻撃したらカウンター受ける。
 緑のデバフが付いたら青サヌワを攻撃、青のデバフが付いたら緑サヌワを攻撃する。
・雷の時はバブルを攻撃しない。それ以外の時は大きくなって爆発する?のでバブル破壊。
・後半戦以降、吹っ飛ばされるギミックがあるので外縁ではなるだけ戦わない。


こんな感じかな?
次回はきっと勝てる。


ではでは~

【日記】G10地図ツアー21年11月号開催終了

ffxiv_20211126_231910_384.jpg



皆さん、こんばんは。


昨晩は自分が主催するG10地図ツアーの開催日でした。


今月上旬に開催したG8地図ツアーでは散々な戦果でしたが、
今回は打って変わって大戦果を挙げるのか。
それとも同様に微戦果で終わって悔し涙を流すのか?
どんなドラマが展開されるのか?



結論から言いますと……





めちゃくちゃ笑いの多い楽しい回でした。



まずは今回の参加者の総持ち寄り地図枚数が20枚を超えるという
脅威的な状況からスタートし、


ffxiv_20211126_221120_254.jpg


トップバッターのKohshiさんがいきなり魔紋を開き、
幸先の良いスタートを切ります。




ただ油断はできません。




前回も初手で魔紋が開いたものの、
次以降は急速に失速しました。



しかし、二番手のフーニャさんも魔紋を開き


ffxiv_20211126_222329_502.jpg


次々とルーレットで召喚を引き続け





ffxiv_20211126_223511_273.jpg



なんと最奥に到達!


フーニャさん、G10地図初挑戦でいきなり最奥到達という快挙に
参加メンバーのテンションがダダ上がりです。



まだ2枚目なのに最奥到達で気分はもうクライマックス!


興奮冷めやらぬまま、次へと進みますが、
その後もたまごさんの地図で魔紋が開き、けっこうイイ感じで進んだりとして


パーティメンバー6人の地図が一巡するのに約1時間かかりました。
(普段はだいたい平均35分ほど)


2枚目終了時点でメアラさんがログアウトの時間となり離脱し、
途中からシエロさん、リョウさんが加わりトレジャーハントを継続。


ffxiv_20211127_003306_038.jpg


最後は深層の地図4枚を連続捜索。


ffxiv_20211127_001552_767.jpg


こちらは最奥まで行けませんでしたが、
扉選択時の皆のエモート、
特にリョウさんのカメラ目線でのお茶目っぷりが皆の笑いを誘ったのが印象的でした。
この時の演出を笑うのに忙しくて1枚もSS撮影していなかったのがほんと悔やまれて仕方ないです。


他にも2枚目の地図の時は自分とたまごさんが紅玉海、アジムステップ、
残りのメンバーは皆ギラバニア地方。


ここでギラバニアメンバーのことを「ギラバニア勢」「ギラバニアの民」
といった具合で呼称し、ワイワイガヤガヤとやり取りしていたのが面白かったですね。
自分とたまごさんの地図を終わらせた後に
「見せてもらおうか、ギラバニアの民の力を」と某赤い人みたいな台詞が飛び交った後、
ギラバニアの民の地図5枚が魔紋無しで「ギラバニアは滅んだ」と口々に言ったり。

文言に起こしてもいまいち面白味がわからないと思いますが、
あの時に生でやり取りを見ていた感想としてはひたすら笑っていた状況でした。


ちなみに今回の魔紋は6/14と50%を切りましたが、
稼ぎもナマキン大量発生による影響で約50万ギルと充分にあり、
過去開催分でもトップクラスで内容が非常に濃い回となりました。
(さすがに終了時間を45分押していた状況なので、地図の全消化はできませんでした)



今回参加頂いた方々、大変ありがとうございました。


また来月も第4金曜日開催を予定していますが、
年末ゆえ開催日が多少前後する可能性があります。
開催1週間前にはロドストでイベントを立てますので、
参加希望の方はよろしくお願いします。


ではでは~


プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は