fc2ブログ

【ネタ】1人かと思ったら3人いた

皆さん、こんばんは。


以前の日記でウルダハにいるミニオン好きの冒険者の話をしました。


ffxiv_20200820_222604_616.jpg


自分達冒険者以外でもミニオンに興味を持って、
自分達同様に妖怪メダルを獲得してゲットしたんだろうなぁと思わせてくれる
ちょっとした味のあるNPCと言える存在だと。


このキャラはウルダハだけかと思ったら



他の2国にもいました。


まずはグリダニアから紹介しましょう。


ffxiv_20201027_222423_817.jpg


USAピョンを連れた、眼鏡をかけたカジュアルな装いの冒険者です。
装備がかなり軽装なので今日はオフの日なのでしょうか?
それともミラプリの影響でしょうか?


続いてリムサ



ffxiv_20201028_220912_088.jpg



今度は武士にゃんを連れた冒険者です。
何気に上着はグリダニアの冒険者の色違いですね。



この3人を発見して改めて気づいたのですが、


ウルダハに行ってみるといい


ウルダハでは


近くを探せばいい


と教えてくれます。


普通なら目的地そのものを教えてくれてもいいはずですが
(例えばお店の場所を友達に尋ねると「〇〇に行けばいい」などとは言いませんよね)


そうではないのは何故か?


勝手な想像ですが、


冒険者同士の貸し借りは無しにしようぜ
得たい情報は自分の足で探すのが当然


みたいな暗黙のルールがあるのかもしれません。
他にも


他の冒険者に一から十まで教えて貰うのはプライドを傷つける


みたいな風習があるのかもしれません。

こうした渡り鳥じゃなくて冒険者同士の文化、風習、ルールみたいなのを
想像してみるのも案外面白いものですね。


あとは……



何で3国とも皆ララフェル?


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は