fc2ブログ

【日記】警備は万全?

皆さん、こんにちは。



3連休の中日ですが、台風が接近しており、
地域によってはぐずついた不安定な天候で大変ではなかろうかと思います。




それはさておき、



今回取り上げるのは砂の家に関して。




メインクエストを進めていると、


砂の家の代表から思いつきのように散々パシらされ呼び出されます。


幹部クラスの人々の他、色んな冒険者(NPC)や協力者がいたりします。



そこでちょっと気になったのがこの人の発言
















ffxiv_20190809_094549_372.jpg


「ここの警備は万全だ」


という警備兵






過去いろんな作品において、この手の発言は必ず覆されてしまうわけで、
けして万全ではない場合が大半です


それに大概の場合、自分でこういう事言う人自身は大したことが無いのが常です。



プロというのは基本必要な時以外はあまりしゃべらず、任務を果たしているものです。

この警備兵は見るからに優男で無駄口も叩いている、
けして有能な印象は感じません。



彼は一体何をもって万全だと言っているのでしょうか?









その根拠は何だ?










答えは意外な所にあったかもしれません。











この警備兵からもう少し進んだ先にある扉の両側に待機するララフェルの剣士達。



黙して語らず立哨をしているだけですが、
先ほどの警備兵よりよほど腕がたちそうなオーラをバンバン醸し出してます。











ffxiv_20190809_095221_602.jpg

訪ねて来た冒険者に対してもよからぬ事をさせまいと二人して注視します












ffxiv_20190809_094713_235.jpg


体格差なんてなんのその、不審な行為をしないかとの警戒を常に怠りません。
特に右側の黒髪ララフェルは腕組みまでしてプレッシャーを与えてきます。











ffxiv_20190809_095215_437.jpg



この2人の監視の目は素晴らしく、
こちらが視界に入ってる間は常にこちらの行動を監視してくるプロ精神にあふれています。


冒険者達に話しかけられたり、モフられないようにきっと敢えて名前も語らないのでしょう。
こちらからのアクションを全て無効化し、延々と警備をしています。


たしかにこの2人がいれば警備は万全かもしれません
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は