fc2ブログ

【雑記】FF14を始めるに至った話

皆さん、こんばんは。

本日はちょっとばかし自分がFF14を始めるに至った話を書いていこうと思います。

多分に自分の昔話と自分語りになると思うので、


そういうのに興味が無い

面倒くさい


という方はこのままバックで戻って頂いた方が良いと思います。
話自体も予想外に長くなりましたしね。

お付き合い頂ける方はこのままお進み下さい。



過去に自分がFF14をやってみようかな?


と思った機会は3回ほどあります。



まず最初の1回目はホントにホントの最初の頃です。

自分がFF14を初めて知ったのは、
今では根性版、旧版などと言われる
一度サービス終了した方のFF14のサービス開始前の時です。

当時のタナティさんはゲーム会社で働いていたこともあって、
自らが求める求めない別にしてゲームに関する情報は入ってくるわけです。

職場の人間は皆ゲームが好きですからね。

FFなんてビッグなタイトルの何らかの情報が雑誌やネットに出てくると、
皆色めき立って注目するわけです。


休憩時間や仕事の合間に皆で色々と予想したりと
ワクワクして話題にとりあげるのです。


サービスが開始されれば皆で同じサーバーで始めるか

どんな職業で遊ぶか

といった具合で話が盛り上がったりもしました。


ただ、当時の自分はモンスターハンターフロンティア(以降MHF)をプレイしていたこともあってネットゲームの掛け持ちは時間的にもお金的にも大変。

また求められるPCの性能の高さとも相談して(詳細は覚えてませんが買換えが必要だった気がします)、しばらくは様子見で静観ということにしました。


いざサービスが開始された際、
同じ部署の人が1人、プレイを開始しました。

しばらく後にその人からは


非常にやる事が少なく
面白みに欠ける


といった感想があげられました。

更に当時のネット上での評判もいまいちよろしくなく、


中国のネットゲーム環境におもねった内容があったりで
思うように遊べない


といった意見なども出てきました。


もう1人が少しの間だけお試し感覚で遊んだのを最後に、
話題に上ることもほとんどなくなりました。


PS3版がリリースされるような話も聞いたので、
それがリリースされたらそちらでやってみようかな?


ということにはなりましたが、
実際にリリースされたのかどうかまでは記憶にないほど
自分の中でも興味が削がれて行きました。


今となって考えれば、
最初にプレイした同僚は

「毒舌」と「性格悪い」の区別がついていないような残念な人だったので

この人の感想を鵜呑みにせずに
実際に自分で少しは触ってみて判断すれば良かったなぁと思っています。


シームレスなフィールドやダンジョン移動ってのは、中々面白いと思いましたからね。



そして時は大きく流れ、その次にFF14をプレイしてみようかな?と興味が湧いたのが



DSC_0373.jpg


ファイナルファンタジーロストストレンジャー

というコミックの影響。


これは最近多い異世界転生物の作品ですが、
この作品の序盤の村で出てくるララフェルの親子(作品内では「マルオーン族」という名称)が


とても可愛かったのです。


……こういう可愛いキャラクタを作成して操作できるのは楽しいかもしれん

と思い立ち、いざFF14をプレイしようかと思ったのですが、
なんとなくララフェルの画像検索をしてみたら







何か思ってるのと違ったのです



このコミックで登場した親子のキャラと実際のララフェルは同じ3頭身なのですが、
ゲームの方は頭から下半身へいくにしたがって緩やかなひし形のような体形になっています。


それがどうもコミックとの印象が大きく違って見えたため、
しっくりこなくて断念(ディスってるわけではないですよ?)


もうこの時点ではMHFはプレイしていなかったものの、
パソコンの調子がいまいちよく無かったのも原因の一つだと思います
(それからしばらくして壊れたので買い直しました)





そして3回目は



DSC_0372.jpg


劇場版「光のお父さん」

先ほどのFFロストストレンジャーの当時最新刊だった4巻の巻末広告に
この映画の宣伝が載っていました。


普段は巻末広告とかは読まないことが多く、
読んだとしてもパッと流して基本的に気にも留めないのですが、
この時もそれらの例に漏れず


「ほー、FFのプロモーション映画が上映されるんかぁ」


程度でさっと本を閉じました。

当時はこの作品のドラマ版、ブログの一撃確殺SS日記の存在もまったく知りませんでした。


普段ならこのまま終わるところでしたが、


何故か


ほんとに何故か無性に気になって気になって仕方なくなり、
先ほどの巻末広告をもう一度開き、
映画のあらすじが記載されている部分などを読んでました。


何故ここまで気になったのかは今でもさっぱり理由がわかりません。

もしかしたら何らかのオカルト的な力が働いたのかもしれません。


ムクムクとこの映画に対しての興味が湧いてきたのですが、
それを更に後押しすることになったのが、
映画の上映開始日がその日から3日後だったのも大きかったかもしれません。


次の休日(上映開始日の翌々日)には映画券を購入して映画館へ足を運んでいました。


ただ、映画館で座席に座って上映を待つ間も

「ここまで来てしまったけど失敗だったかもしれないなぁ」

とか

冒頭のアレキサンダー?との戦闘終わった辺りで
「やっぱり失敗だった?ただのプロモーション映画か?」

と不安になったりもしましたが、
その不安は杞憂であり、話を最後まで観終わるととても良くて感動できました。

高校時代に映画「秋桜」で涙腺が弱くなってしまった自分には終盤の展開は中々大変でした。


帰りしなに何かグッズでもないものかと



DSC_0019.jpg


売店で見つけたパンフレットを購入して帰ったのを記憶しています。


特にFC版FF3が出てくる話の部分が好きです。

自分が初めてプレイしたシリーズはFF3で、
父親が同僚から借りてきてプレイしているのを横で見ていたのが最初です。

その後、誕生日プレゼントとしてねだって、
中古ですが買って貰ったのを覚えています。



ここでようやくFF14を開始したのかというと、





実はまだそうではありません。


まだFF14に再び興味を持った、というレベルでした。


脳内は既にFFのメインテーマが散々無限ループで再生されるまでになっていましたが、
まだプレイするにはもう少し時間がかかります。


帰宅後、
パンフレットを読み始めてそこでようやく実話を元にした作品であった事、
ブログ、ドラマ版、書籍版の存在を知ります。
そして吉田Pをマイディーさんとしばらく誤認してました。


数日後、梅田に出かけた際に今度は書籍版を購入します。


劇場版のBlu-rayが出るのはまだ最低でも3か月、長ければ6か月は必要と判断し、
それまでの間は書籍版を繰り返し楽しもう、という魂胆でもありました。


早速読み進めてみると、

この書籍版では
劇場版とは光のお父さんの病気の発覚タイミングが異なりました。


ドラマ版、劇場版は物語の終盤になってから判明ですが、
書籍版、ブログでは癌の手術をしてからその後にFF14を始める、


という下りになっています。


映画やドラマでは物語を面白くするために時系列を改変されたのでしょうが、


本来のこの展開が自分にとってとても親近感を持つ部分になりました。


自分の父親もかれこれ10年ほど前に癌を患いました。

それこそ光のお父さんでの父親並みに隠してた所があって、
医者に「ステージ4(末期)に限りなく近いステージ3です」と言われたほどでした。

当時はなんやかんやと大変で、
マイディーさんがご自身のブログで光のぴぃさん第Ⅵ話「光のお父さんはすべてを打ち明けた。」を振り返るで記載されている「リアルでショックがあった時~」の辺りの感情も、自分も同様に経験していたのでだいたいわかりました。


あと、自分も前述の父親が癌の手術が終わった際、
似たような事をしようとした事がありました。


例えるなら光のお父さんならぬ狩人のお父さん計画ですが、



まぁそれは見事に失敗しましたが。


余談ですが、後々判明した失敗の原因は「光のお父さん」のクルザスの下りに似ていて、それも少し笑えました。



在りし日に自分がやろうとしたものの失敗した事を
別の人が頑張って成功させている。


これにとても勇気づけられた部分があります。


その後、「光のぴぃさん」「光のでぃさん」シリーズも読んで、
その内容から刺激を受けて色々と自分の中で燻っていた物が動き出すきっかけとなりました。


ある意味自分の人生の転機となる物語を作ってくれた人達がいるエオルゼアの地を
自分もちょっと経験してみたい。
可能ならエオルゼアで直接お礼を言ってみたい、

と思ってFF14を始めるに至りました。


自分のロードストーンでのプロフィールの個人目標の5つ目は、
そういった思いから設定してあります。


とまぁ色々と小難しいような事を言いましたが、
現在ではこの世界が楽しくて仕方がないです。

何事も無ければおそらくはサービス終了までの付き合いになるんじゃなかろうか?

などと思ったりもしています。

これからも皆さん、よろしくお願いしますね~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は