fc2ブログ

【日記】ディアデム諸島での金策のススメ:採集編

皆さん、こんばんは


本日の記事で紹介するのは



ディアデム諸島での金策に関して


これに関しては色々とやり方は人それぞれありますし、
効率を重視すればもっと良い方法があると思いますので
一概にどうこうと言えません


あくまで自分はこうやってます、という紹介なので
CMでよくある「あくまで個人の感想です」と同じと思って下さい



これからディアデムで金策してみよう、と思っている人や
いまいち稼げていないなぁという人の一助になれば幸いです


なお、途中で出てくる相場の参考価格等はグングニルでのもので、
他のサーバーでは相場が異なる可能性がありますのでご注意ください


まずは金策をするために必要なのが


売るための素材を集めてくること


と言うわけでディアデム諸島へと向かいます



と言いたいところですが、



まずは情報収集をお勧めします



マーケットボードにて



「第四次」と入力して検索すると



ffxiv_20210403_215604_082.jpg



こんな感じでばばんとディアデム諸島で採集できる素材一覧が出てきます


最初は面倒ですが、
これに一通り目を通して現在の相場の大まかな感じをつかんでおくと良いかと思います


何も細かな金額まで覚える必要はありません


Aの素材は高い
Bの素材は安い
Cの素材は捨て値だなぁ

とかそんな感じで大丈夫です


慣れてくるとこの相場確認は省略してもかまわないですが、
ある程度日数が空いてからディアデム諸島へと出向く際には
相場に大きな変動がある場合があるので確認するのをお勧めします


過去に確認した例では、
1個辺り11ギル程度と捨て値同然だった小枝が
何故か短期間だけですが300ギル近くまで暴騰していることがあったりしました


そして大まかな相場を把握したら、
どういった素材を優先的に採集しようか決まったことと思います


ここでようやく出発です


園芸師、採掘師どちらでもOK
余裕があるなら途中で切り替えてもOKです


更には


ffxiv_20210404_171039_007a.jpg


「選択したアイテムを簡易採集する」にチェックを入れておきましょう

これにチェックを入れておくことで
素材を1回選択しただけでそこの採集ポイントが終了するまで同一素材を勝手に採集してくれます



いざ、採集ポイントを巡る際のちょっとしたアドバイスをば
それは


採集ポイントごとに何を採集するか決めておくこと


もうね、このポイントではこれを採集する

そんな感じで全然OKです


ただ、そのための判断は必要になってきます

まずはこういう場合


ffxiv_20210404_171039_007.jpg


ぱっと見、レベル80素材のカイマンが一番下にあるし高価そうに思えるのですが
きちんと相場確認しているならカイマンは捨て値レベルの素材ということがわかります

トードが150~200、小麦が50~120程度といった具合なので、
蒼天街振興券や貢献ポイントが欲しい場合以外は
小麦ではなくトードを採集するのが安牌です

ただ、麻も300程度へと思わぬ暴騰をする時もあるので
事前に確認をしておくのが良いでしょう



ffxiv_20210404_170942_787.jpg


これらのような組み合わせは中々採集するのに悩みます


その理由はセサミとつるがどちらも高めの相場であることが多いのです
陸亀やマユはだいたい50~80ギルなのですが、
セサミ、つるは250は安定していて、400近くを期待できることもしばしば
出発前に相場を確認しておきたい素材です
両方を交互に採集しておくのも有りです

こういった組み合わせの採集ポイントは他にもあると思うので、
自分の中でルールを決めておくと良いと思います



ffxiv_20210404_171148_139.jpg


そしてこの場合は自分は砂岩一択です

霊青岩や珪砂はエーテルオーガで特定のモンスターを撃破すれば
比較的容易にゲットできるので敢えてそれらはスルーして、
採集する必要があり相場も精霊銀砂より良い砂岩を掘ってます



他に採集時に注意することは


・エーテルオーガはきちんと使い切って終了する
・相応の眠気も襲ってくるのでBGMを別に流すなど
 眠気対策も用意しておく
・霊風が発生した時の特殊素材も極力採集しておく(アチーブがあるため)


といった物が挙げられるかと思います



なお、ディアデム諸島での制限時間は180分ですが、
そこまできっちり潜る必要はありません

自分はだいたいいつも30分程度、長くても50分程度で切り上げてます
最初から延々と採集ポイントを巡っていくのも有りですし、
効率の良さそうな島を見つけた場合はその島を周回するのもありです


スポンサーサイト



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は