fc2ブログ

【日記】エオルゼアお気に入りスポット035

皆さん、こんばんは。


エオルゼアでのお気に入りスポットを不定期連載で紹介するこのコーナー、
遂に今回で35回目を迎えることになりました。

これらのスポットを紹介する時に特に注意しておかないといけないのが、


SS撮影時にきちんと座標がわかるものを一緒に撮影しておく


ということですね。

後々見返した時に



これ………どこ?


という具合に場所が思い出せずにお蔵入りしているものがいくつかあります(え


とまぁ話が逸れてしまいましたが、
新年一発目にふさわしいスポットを今日は紹介します。



それがこちら


ffxiv_20210103_180604_971.jpg



ギラバニア辺境地帯に存在する遺跡

スキズム開山堂


座標で言うならX:23.0 Y:8.1周辺です。



え? なんで遺跡が新年一発目にふさわしいかって?


よく年末年始にやってるじゃないですか


特番でピラミッドが、パルミラの遺跡がどうとかなんちゃらかんちゃらって。
だから遺跡を紹介するのはいたく自然なことなのです、はい。


ではでは気を取り直してまいりましょう。


正面に大きく設置されている石像。


ラールガー像ということらしく、
ラールガーズリーチに設置されているものと同様のデザインです。


この遺跡は巨大な石像の左右に展開される建物も相まって
ちょっとした祭壇っぽく見えるのも面白ポイントです。


上のSSのように少し距離を開けて楽しむ他にも


ffxiv_20210103_180544_676.jpg



更に近づいて迫力を楽しむのもよし



ffxiv_20210103_180524_847.jpg



逆に距離をとって遠くから自然との融合具合を楽しむのも良し


色んな距離から風景を楽しむことができます。





………そこの貴方、「世界ふしぎ発見!」で見た事ある風景とか突っ込まない。





私もずっとそんな気がしています。









ffxiv_20201206_171229_224.jpg



更に夕暮れ時や夜といった時間帯でも非常に絵になるので、
訪れた際のハズレの時間帯が無い、というのもお勧めです。



ちなみに内部へと進入すると


ffxiv_20201223_220832_282.jpg



どことなくロードオブザリングで出てきそうな雰囲気漂う空間になっています。
斧を装備したララフェルと弓装備したエレゼンを伴って
ロードオブザリングごっこが楽しめそうです。


ffxiv_20201223_221202_778.jpg


内部から外を見ると


それなりに大きいはずの出入口が空間の広さのせいでとても小さく見える


そんな錯覚っぷりも楽しめます。


こちらスキズム開山堂にお越しの際は、
道中のモンスターにお気をつけてお越しください。
なお、堂内に若干モンスターがおりますので、
ロードオブザリングごっこの際には是非とも戯れてあげて下さい。


スポンサーサイト



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は