fc2ブログ

【日記】ハウジングは沼

皆さん、こんばんは。


ハウジングは沼
金も時間もとことん飲み込んでいく


などという言葉を聞いたことがあります。




さすがにそれは大げさだろう



と思っていましたが、




時間がどっぷりと奪われるのは
間違いなかったです



とりあえずハウジングを行うにあたって重要な事が3つあると思います。


まず1つ目は


どういう家、内装を作りたいか


どんな家にしたいか、という基本方針が必要という事ですね。
これを決めてから取り組まないと
なんかゴチャゴチャした物置みたいな家になってしまいますからね。
本人がそれで良いならかまいませんが、それはちょっと残念な気がします。

どんなのが良いかすぐに思い浮かばない場合は、
フレンドさんのマイハウスやFCハウス、
ハウスを公開している人の内装やショップ運営している人の内装を
見学してみると良いかもしれません。



続いて必要なのが


家具の調達方法


家具を新たに調達するには


1.使いたい家具を購入する
2.使いたい家具を自作する


の2パターンがあります。
ギルに余裕があるのなら、購入をするのが時間の節約にもなり、
ハウジング作業もサクサクと進めることができます。

逆に自分で製作したい、という場合はギルは購入する場合より浮きますが
素材から集めてこないといけないので、
ギャザラー、クラフターのレベルが必要になってきます。
更に大量に素材が必要なものは素材の採集などもそれだけ必要になってくるので、
時間が多くかかってしまいます。



どちらの方法を選ぶかは人それぞれ。
こうしなければならない、という固定概念にとらわれているなら、
一旦それはゴミ箱へと捨ててしまいましょう。
家具も製作難易度が高い物、マケボで高い物が多くあるから良い、というわけではありません。
低レベルで製作出来るものでも充分良いデザインの物とかあります。


状況次第では「この家具は購入するけどあの家具は自作しよう」
といった具合で自身の状況で臨機応変に行うのがベターだと思います。


そして3つ目。

これが実は一番大事です。


それは




まずは完成させよう





は?


と思うかもしれませんが、これ以上でありこれ以下でもありません。

まず完成させるのが大事なのです。

その後、細かなディテールアップを繰り返して自分の理想に近づけていけば良いのです。

よく完璧を求める人は完成度の高い非常に壮大な物を考えますが、
結局そこへたどり着くまでに挫折してしまう、ということがよくあります。


RPGツクールなどでも
長編の大作RPGをいきなり作ろうと思っても絶対途中で完成しません。
まずはプレイ時間20分程度の小型RPGを作って完成させる楽しみ、喜びを得るのが大事なのです。



話は逸れましたが、今までの話を具体的に言うとこんな感じです。



ffxiv_20201014_230101_798.jpg



土地に家を建てたものの、庭には何もなく寂しい状況。

グリダニアでの町並みを意識して、
植物や池などを設置した自然豊かな感じの庭にしてみたい

まずはこの↑の部分が基本方針


設置する庭具に関しては極力自作してみよう


と家具に関しての方針も決定。



ffxiv_20201019_232437_990.jpg



玄関付近には以前から設置してみたかったものがあったので、
シルフ族からの友好の証であるランプを設置。


ミニオンを常にマメットシルフにしている自分にとって、
これで気分は大きく上がりました。


あとは


ffxiv_20201019_232514_297.jpg


LSのメンバーから薦められたプライベート用エーテライトを設置。
自然の中に機械的な物を設置するので、
雰囲気を壊さないように極力家の壁面に近づけて設置しました。


これがあるとマイハウスへのテレポが可能になります。


とりあえずこの時点で一旦は庭のハウジングが完成です。


あとは逐次素材を集めて家具を作成し、ディティールアップしていけばOKです。





ffxiv_20201021_231251_186.jpg


ちなみにこの後、土地の入り口から玄関までの間に足場を設置しました。


【日記】エオルゼアお気に入りスポット031

皆さん、こんばんは。


エオルゼアでのお気に入りスポットを不定期連載するこのコーナー

皆さんのおかげで無事に第31回を迎えることができました。

そんな31回目で紹介するのはこちら



ffxiv_20201020_213342_885.jpg



低地ドラヴァニアのX:16.1 Y:16.4周辺です


もうね、この景色だけを切り取っても
ロードオブザリングとかで出てきそうな風景のような壮大さがありますよね。


更にこの場所、視線を下へと移すと


ffxiv_20201020_213335_453.jpg



水しぶきが凄まじい巨大な滝があります。


この見事な滝っぷりはついついいつまでも観ていたくなる魅力があります。


更にこの場所から視点を180度変えてみると



ffxiv_20201020_213250_064.jpg



眼下に広がる広大なジャングルが。


「ドラえもん のび太の竜の騎士」なんかで出てきた地底都市を
現代技術で本気出して描くとこんな感じになるんじゃないでしょうか?


残念ながらこれらの地には降り立つことが出来ませんが、
そこへ行って冒険している風景を想像してみたくなる、
そんな魅力のある景色を楽しむことが出来るように思います。



【日記】下限リットアティンに挑戦

皆さん、こんばんは。


先日、所属しているCWLSにて、


下限のリットアティンにチャレンジしてみたい


という話が上がりました。

以前から下限リットアティンに行ってみたかったので、
まったくもって断る理由もなく、
参戦可能な旨を伝え、出撃してきました。




普段なら1分程度で殲滅されてしまうリットアティンさん。


もはや討滅戦というよりはタイムアタック戦みたいな感じで
瞬殺されてしまう彼の境遇がなんとも不憫でした。



しかし、
そんなリットアティンさんでも



下限になると下手すると全滅する


という話です。



ffxiv_20201017_225751_206.jpg



早速出撃すると、





まさかの本当に全滅!






ffxiv_20201017_230202_476.jpg



その後、無事に撃破するも討伐時に死屍累々と倒れてるメンバーが。


これは自分がヒーラーが不慣れだったということを差し引いても、
中々の激闘ぶりでした。



ffxiv_20201017_231220_567.jpg



そもそもこんな火計っぽい攻撃してくるなんて大半のメンバーが知らず、
ミサイル共々、見事にわからん殺しを仕掛けられ、大ダメージを受けたのが原因です。



とは言え、
2周目からは皆ギミックを把握してきたこともあり、



ffxiv_20201017_231232_781.jpg



最後は誰一人倒れることなく討伐できました。



ちなみに通常のリットアティンさんは1分程度ですが、
下限で行くと5分程度です。


もっと時間がかかるのかな?と思ってましたが、
案外サクッと終わったのも驚きでした。


あと1つ収穫は、



下限での挑戦が中々面白かった事。



今後、メインを進める際には初回は下限で行ってみるのも面白そうだなぁと思いました。


【日記】久しぶりの再会

皆さん、こんばんは。


昨晩はちょっとした良い事がありました。


それはLSの初代マスターの姐さんことミズホさんが、
少しの間ですがスイスの地からログインしてくれたことです。


コンパニオンアプリを通じて事前に伝えられたログイン予定時間に合わせて
ログイン可能なメンバーが次々とログインしてきます。



ffxiv_20201017_200303_648.jpg



皆がそわそわする中、
予定の時間より少し遅れてミズホさんが登場。


クエストに参加していた他メンバー等も次々と集結してきました。



ffxiv_20201017_221652_537.jpg



その後はLSのメンバーであるラムさんの新居に場所を移し、
雑談などの歓談タイムに突入。


地下が撮影ブースになっていたので、
そこで皆で集合撮影をした後


ffxiv_20201017_223706_592.jpg



そうこうしているうちに姐さんのログアウト時間に到達。



ただ、ここでちょっとした奇跡が。



ミズホさん「そろそろログアウトしますね」

メロンさん「遅くなりました。インしました。こんばんは~」

皆「メロンさん、早くラムさんの家の地下に!」



まさに滑り込みセーフ


といった感じで昨晩残業だったメロンさんがログイン。



あと15秒遅かったら、
この2人の再会は叶わなかったように思います。


コロナの影響で年末年始の一時帰国予定はぽしゃってしまったそうですが、
代わりにPS4を日本から空輸してのスイスからのログイン頻度を上げる、
ということをされるそうです。



0が1になるだけで大違いだ



昨晩、メンバーの誰かが言った言葉ですが、
今後も少しの時間ですが恒常的にログインを続けてくれる予定だそうです。

スイスとの時差に加えてラグもあるようなので、
ダンジョンとかに行くのは難しいかもしれませんが、
これは本当に嬉しいことですね。

【ネタ】真相は何なのか?

皆さん、こんばんは。


エオルゼアには実に多くの個性的なNPCがいますよね。

彼彼女らの行動を見ていると意外と面白くて、
それだけで時間が過ぎることもしばしばあります。


以前の日記でも紹介したことがありますが
その記事で紹介した1名を改めて見直してみると




大丈夫なのだろうか?



と心配になってしまうNPCがいました。



それがこちら




ffxiv_20201011_183239_419.jpg



彼女はモードゥナにいるララフェルの料理人です。


名前は無く、近づくとメイド喫茶のメイドのように
「おいしくな~れ♪」と言いながら
泡だて器で調理をしています。







おわかりいただけただろうか




なんと彼女、ボールと泡だて器を使っていますが




ffxiv_20201011_183252_183.jpg



中身が一切入っていないのだ!



彼女には見えてはいけないものが見えてしまっているのか


はたまた


プロフェッショナルの極みで調理前のエアー訓練なのか
(よくおしぼりを玉子焼きに見立ててとかありますよね)

それとも


逆に下っ端過ぎて調理させて貰えないので自主練ぽいことをしているのか


それとも


心の綺麗な冒険者にしか見えない食材で調理しているのか



気になって気になって夜しか眠れそうにありません。



ヨ、ヨシダ、
細かい事だけども、何か生地っぽい物をボールに入れてあげることはできんか?
これじゃ彼女が可哀想な人っぽいじゃないですか

【日記】オーケストリオン譜大人買い

皆さん、こんばんは。


オーケストリオン譜、集めてますか?


とりあえず自分は店売りしているものを中心に集めているのですが



ffxiv_20201014_224721_758.jpg



先日、居住区でのよろず屋で大量に販売されているのを見かけ




大人買いをしました



もうね、一気に全種類購入ですよ。


以前、ゴールドソーサーで交換できるオーケストリオン譜を
まとめて交換したことがありましたが、
今回はそれ以上に多くの譜面を一気に交換することになりました。


15種類も一気に増えたので、
オーケストリオン譜絡みのアチーブメントもゲットです。


ちなみにこの居住区で購入できるものは
BGMというよりは虫の音や雨音などといった環境音ばかりです。


ハウジングの室内で好きなBGMを流すのもありですが、
こうした環境音を流してゆっくりするのもありですね。



とまぁそんなことを言いましたが、
とりあえずは音楽流せる機械を作るところから出発です。

【日記】新イベント開催中

皆さん、こんばんは。


通勤途中やら何やらと空き時間を利用して遊んでいる
ビーナスイレブンびびっどですが


昨日の14日17時より新たなイベント


Screenshot_20201015-210312.jpg


わんわんパンデミック!


が始まりました。


物語の始まり方がまたなんとも言えないぶっ飛んだ展開でしたが、
このゲームでは平常運転とも言うべきものなので
どういうハチャメチャな話を展開するのか、など毎回楽しみになりつつあります。


それにしてもいつも思うのですが、
こういったイベントのロゴマークのセンス、良いですよね。
なんともコミカルな感じが伝わってくるデザイン、とても可愛くて好きです。

試合中のミニキャラもそうですが、
このゲームには色々と癒されます。


今回はミラ杯という仕様のイベントで


Screenshot_20201015-210337.jpg


イベントで獲得できるポイントを消費して、
イベント用のボードのマスを開放していくという仕様。


ストーリーも開放時に読むのも可能ですし、
後でまとめて一気読みすることも可能なので、
自分のテンポでストーリーが読めるこのミラ杯が
もしかしたら一番好きかもしれません。


あとは


Screenshot_20201015-211052.jpg


試合中に獲得できるポイント(試合後に獲得ポイントに応じてイベントポイントが貰える)が
ボールをキープしている時間が長くなればなるほど、
クレイジーなまでに加速度的にどんどん増えて行くのが楽しいです。


イベント自体は20日の23時59分まで

残りの日時で可能な限りイベントボードを埋めていきたいところです。


【日記】これからハウジング頑張らねば

皆さん、こんばんは。


昨晩から追加された土地を巡って、
各地で土地争奪戦が行われていました。


整備中が所かしこで乱れ飛ぶ中、






ffxiv_20201014_230101_798.jpg




遂に土地を購入することができました!




昨晩は夜中の2時に一度起きた際に確認して諦め、
今朝6時前に起きて確認した際にゲットできました。



土地を購入した後はハウスを建てるわけですが、
その際に建物を建てる権利書が必要になってきます。


それをどこで入手するのかが少々わかりにくい


ffxiv_20201014_225704_442.jpg



居住区にいるハウジング担当官に話しかけても



ffxiv_20201014_225112_382.jpg



色々と説明してくれるのですが、
どこで権利書が買えるのかさっぱりわからない


既に家を所持しているフレンドさん達に質問してみたところ


ffxiv_20201014_225816_107.jpg


建物を建てたい自分の土地の中に入った状態で、
メインメニューの「コミュニケーション」→「ハウジング」を選択し
「建物メニュー」→「建築物権利証書の購入」を選択する必要があります。


これ、ヘルプにきちんと購入場所を記載しておいて欲しいですね、ほんと。
創造神ヨシダ、頼みますよ。


とりあえず家は建てましたがまだまだ内装も庭も手付かず状態。
内部はまずは以前コメントであったブックカフェみたいなのを目指して作ってみたいですね。

【日記】ハウジングの土地が追加

皆さん、こんばんは。


本日Ver5.35が始まりましたね。

今回のVerUPで新たに各都市で22~24と3区画分の土地が追加されました。


ということで


マイハウスが欲しかったので購入するべく突撃してきました。



まずは第1希望のリムサ



海岸沿いにある街並みはどこかヨーロッパの都市を彷彿とさせますよね。
ちょっとした別荘みたいな雰囲気も楽しめます。
晴れの日に優雅に海岸を散歩するとかも楽しそうです。


色々と事前にどの辺の土地が良いか

ということをSサイズの土地をリサーチしていたのですが



ffxiv_20201013_200710_026.jpg



整備中だらけで買えない!


空き地を見つけては突貫してみたものの、
リムサの空き地は全滅でした。


1時間近くうろうろとしていたのですが、
まったく埒が明かないので



今度は第2希望のグリダニアに行きました。


緑豊かなこの地ですが、何気に桟橋付近に水場があるのも素敵な土地。




ffxiv_20201013_205930_824.jpg


しかし、ここも整備中だらけ!



もうね、
整備クエストとか山ほどあって良いから
時間経過で安くなるとか別に良いから


さっさと買わせてくれ



ffxiv_20201013_212034_587.jpg



とりあえず一旦戻って休憩中に数分離席していたら、
すぐ横にフレンドさんが座っていて驚いたのは内緒です。


ちなみにウルダハはFCハウスがあるので、
今回の土地購入計画には考えてません。




土地……早く買いたいなぁ


【日記】吟遊詩人開放!

皆さん、こんばんは。


10日の事なのですが



ffxiv_20201010_165849_881.jpg


エオルゼア1焚火が似合う男こと


グリダニア焚火を観る会会長をしている
ダンディーなおじ様の試練を受け、



ffxiv_20201010_170113_260.jpg



小学生のする一生のお願いレベルで
「一生」という単語を使ってそうなモーグリの依頼もこなし



ffxiv_20201010_182450_498.jpg



遂に吟遊詩人になることができました!


多分あのおじ様は実写化するなら
草刈正雄さんが演じるとしっくり来すぎる気がします。


それはさておき、
吟遊詩人はフレンドや街角などで演奏している人を見ては


面白そうだなぁ


と思っていたのです。




弓術士のレベルがまだまだ低かったので、
想定していた以上に時間がかかってしまいました。
(あまりレベルレを進んで行かないのでFATEやクエストなどで経験値稼ぐため)



ffxiv_20201010_182002_223.jpg



吟遊詩人になったからといってすぐに演奏できるわけではありません。


創造神ヨシダとの約束を守るという宣誓をして
初めて演奏できるようになります。


いざ演奏をしてみようとすると



ffxiv_20201012_213655_949.jpg



アホか


って良い意味で言いたくなるくらい種類が充実してました。


もうね吟遊詩人なんて言ったら竪琴のイメージじゃないですか。
後はせいぜい有ってもオカリナなどの笛系くらい。


なんだよシンバルとかチューバって

グランドピアノやトロンボーンとかどこに仕舞ってるの?


と色々と突っ込みたくなるくらい豊富な種類で衝撃を受けました。
これだけ選択肢があったらほんと合奏とか楽しいじゃないですか。


まずは練習を繰り返して演奏に慣れることが必要ですね。


冒頭のフルート吹いてるのはいかにもノリノリで演奏してるように見えますが、
宿屋の個室で「きらきら星」吹いて演奏の練習してるだけです。


皆FF14の曲とか弾いてる人って、
どっかから楽譜拾ってきてるんでしょうかね?
それとも耳コピ?



おまけ

ffxiv_20201010_165529_865.jpg


クエスト中のやり取りで面白かった台詞。

「躍り上がるほど、いい話でもないけれど」という言い回しが
なんとも好きですね。


プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は