fc2ブログ

【日記】上手く伝えられないけども

皆さん、こんばんは。



妖怪ウォッチのコラボイベントやってますか?


自分はミニオンは全部ゲットしたので、
後は武器を集めるだけですが、今日はレジェンドメダルを3枚ゲットしよう、
といった感じでゆっくり進めています。


それはさておき、このイベントでちょっと好きな部分があります。



それはこちら




ffxiv_20200820_222609_298.jpg



ウルダハでイベントを開始できるNPCから
少し離れた場所にいるNPCです。


このキャラクタはコマさんのミニオンを連れているわけですが


話しかけると



ffxiv_20200820_222604_616.jpg



要約すると近くにイベント開始クエストのNPCいるよ


という事を教えてくれます。


ただそれだけの存在なのですが、
公式サイトではクエスト開始のNPCは座標も含めて公開されているので、

正直なところ
このキャラクタは存在しなくても問題ないキャラクタなのです。


だけども、実際に妖怪メダルを集めてミニオンをゲットする
我々プレイヤーの冒険者と同様のことをNPCの冒険者もやっている


ということがとても心惹かれる部分なのです。


なんと言いますかプレイヤーとイベントNPCだけで
淡々とイベントをこなしているだけでない
と思わせてくれる要素を担っていると言いましょうか。



他にもイベントとかとは関係ないですが



ffxiv_20200830_182012_715.jpg



例えばクルザスの西部高地にあるこの巨大な石像


イシュガルド建国時の初代蒼の竜騎士となるハルドラスという人を模した物


だということは説明しなくても皆さんご存じだと思いますが(え


石像のふもと部分に



ffxiv_20200310_224827_838.jpg



何度かクエストで話をすることになるティエルモンがいます。


この人はクエストの関係で知っている、覚えている人は多いと思います。


しかし、このエリアで飛行可能になると確認できるようになるのですが




ffxiv_20200830_182209_619.jpg



石像の台座・足元部分で何か調べものしている人がいたり


ffxiv_20200830_182136_410.jpg



腕の部分でメンテナンスしている人がいたりします。


ただの国を象徴する石像をどどんと置くだけでなく、
それを補修・調査する人達がいることで
これが一気に現実味を帯びた生活感のある雰囲気を出してくるのです。


こういう所を探すのが自分はけっこう好きです。


スポンサーサイト



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は