FC2ブログ

【ネタ】バカなのか慢心なのか誇りなのか

皆さん、こんばんは。



以前、ドラヴァニア雲海でのクエストを進行していた時のことです。


ドラゴン族を討伐して追い払え


だとか


目的地へ向かう際に邪魔するドラゴン族を排除しろ(意訳)


といったクエスト内容だったと思います。




リーブなどでは哨戒、巡回、指定地点で
敵が出現する場合は紫色のどんよりした演出がされています。




今回もそんな感じの物が続くのだろう





そう思っていました。







しかし、現地に赴いたタナティさんは我が目を疑いました。





ffxiv_20200412_221421_560.jpg



紫色の演出はそのままですが、


肝心のドラゴン族がガッツリと見えています。


今までの敵と比べて隠蔽性が極端に低く、
こちらが指定エリア内に進入してから襲い掛かる、という事ができないのでしょうか?


それとも、
宇宙戦艦ヤマト2で地球防衛艦隊司令長官の土方竜はこう言いました。


「敵は必ず正面からくる。
 数においても戦力においても遥かに勝る彼らは
 戦う相手を前にして逃げ隠れするほどの腰抜けではあるまい」


そんな誇りみたいな感じで待ち構えてるのかもしれません。
まぁ自分達の方が強い、って判断で慢心してるのかもしれませんが。





ffxiv_20200412_221438_006.jpg



そのまま素直に進入せず、背後に回り込んでみると、
ドラゴン族達は向き直ることなくこちらに背中を見せたまま。



ffxiv_20200412_221456_301.jpg



せっかくなのでこのまま背後から奇襲を仕掛けて、
2頭のうち1頭を瞬殺。



卑怯ではありません。




背後の警戒を怠った彼らが悪いのです。




まぁこのドラゴン族がとりわけ頭が悪かったんだろう



と思っていたら



ffxiv_20200412_224201_486.jpg


ffxiv_20200412_224142_840.jpg



その後に出てきたドラゴン族も皆、
背後からの奇襲には無頓着でした。


彼らの戦術としては「背後に回り込んで攻撃する」
という選択肢がそもそも無いのかもしれませんね。

スポンサーサイト



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は