fc2ブログ

【ゲーム】宇宙戦艦ヤマト2202戦士たちの記憶-Hero's Record- の軌跡を振り返る1

皆さん、こんばんは。


2020年の7月31日にサービスを終了するこのアプリ。



Screenshot_20200606-183348.jpg


サービス開始時の状況を前回の記事に記載しましたが、
その後の流れをいくつかまた書いていきます。

記憶違いなどあると思いますので、
その辺はご了承ください。


【大規模エラッタ】
☆4、☆5のキャラクタが壊滅的に当たらない状況に加え、
どのマップでもほぼ同じ敵とばかり辺り、
味方のターンをガシガシとスキップさせてくる特技にうんざりな状況が続き、
さすがに色々とまずいと判断したのか大規模なエラッタが行われました。

詳細は覚えてませんが、
おそらく当時排出されていた全キャラクタのパラメータ、特技などエラッタされました。

これのおかげでストーリーモードの敵のHPが2/3~1/2程度まで弱体化し、
前述のターンスキップ特技の所有数も大きく減り、やや快適になりました。
が、今までの編成で出来ていた事がすべからくできなくなったので、
新たに編成をし直さないとなんともならない状況でもありました。

あと、デバッグが不十分で範囲内全体攻撃のスキルを使うと自身が大ダメージを受けたり、
自身の最大HPを参照して威力を強化するものが逆に減衰したりとかもありました。


【ヤマト実装】
遂にヤマトが実装されます。









お助けユニットとして


1日に召喚できる回数は限られており、戦闘開始時にワープアウトして登場し、
波動砲(敵全体に極大ダメージ)、主砲(敵全体に中ダメージ)、
ミサイル(敵全体に小ダメージ&デバフ追加)だったかな?
のいずれかを行って、去っていく。

一見すると頼りになりそうなものの、
ヤマトの召喚で味方編成の4隻目が空席になってしまうので、
残った敵は味方3隻で戦わないといけない。
更にwave2以上あるクエストの場合は、wave1のみしか参戦してくれないので、
その後の展開がかなりきつく、正直なところ物珍しさで使った以外は次第に使われなくなる。


【イベントの渋い仕様】
期間限定イベントが実装されたものの、
イベント限定クエストをひらすら周回するだけのもので、
それの報酬で○○の欠片といったものを収集するだけという味気ない内容。
初級、中級、上級といった難易度で欠片の貰える数が異なるものの、
このイベント初期の頃は、


欠片のドロップ率が異様に低い上に求められる量が膨大、
クエストに必要なスタミナ量も膨大、
更には苦労して入手してもたいして強くない、


とモチベーションを上げるのが難しい内容でした。
当時のアプリのレビューにはこれらに関する怨嗟の声をよく見ることが出来ました。

サービス開始中期以降は多少改善され、欠片のドロップ率が大幅に上がり、
9割近くはドロップしてくれるようになったのが救いでした。



ではでは、次回に続く


【日記】エオルゼアお気に入りスポット023

皆さん、こんばんは。


エオルゼアでのお気に入りスポットを不定期で連載するこのコーナー、
第23回で紹介するのはこちら




ffxiv_20200523_172359_781.jpg



アムダプール市街の前半部分です。



既に滅んだ文明の遺跡に粘菌が繁殖し、
それが街中に広がっている、という光景なのですが


ffxiv_20200523_172414_927.jpg


何と言いますか


「風の谷のナウシカ」の冒頭に出てくる、
近々腐海に飲まれそうな滅んだ街と雰囲気が似ているのですよ。
 

ffxiv_20200523_172024_419.jpg


食器棚のような棚もありますし


ffxiv_20200523_171958_126.jpg


胞子もじゃんじゃん飛んでます。






ffxiv_20200523_172148_364.jpg


街中のいたるところに増殖した粘菌が溢れかえり
モンスターも虫系の物が多く、腐海っぽさもばっちしです。


ffxiv_20200523_172008_190.jpg


写真は全て昼間のものですが、
このダンジョンの前半部分は屋外なので、
夜に出撃するともちろん暗くなり、また違った表情を見せてくれます。

個人的には後半部分がややホラーテイストなので、
昼間に行くことをお勧めします。


エオルゼアにいながらにして
ジブリの世界も楽しめる古アムダプール市街


お越しの際は是非ともゴブリンキャップをミラプリして突入すると、
雰囲気がますます出て楽しめますのでおススメです。

【日記】クポフォーチュンに初挑戦

皆さん、こんばんは。


蒼天街をアンロックしてからは
メインクエストはそっちのけでひたすらディアデム諸島にこもっています。



ffxiv_20200602_230056_772.jpg


ずっと「ディアディム」と思ってたのですが、「ディアデム」なのですね。


ffxiv_20200602_230106_070.jpg



採掘、採集がメインの場所なので、
どんな感じなのかワクワクし放題です。


最初はここへの行き方がわからず、
ずっとコンテンツファインダーの各項目を延々と探してたのは秘密です。


それはさておき


ffxiv_20200604_230947_904.jpg



各地で掘ったり


伐採したり



ffxiv_20200605_223640_537.jpg


バズーカを撃ったり


ffxiv_20200605_223641_937.jpg



バズーカを撃ったりしていました。



もう気分はコマンド―です。



ジョンです。




掘って



採って



撃って



撃って



撃ちまくって




なんやかんやあって






ffxiv_20200605_232803_989.jpg



噂のクポフォーチュンにチャレンジです。



とりあえず2~4等に欲しい物があれば左端を


1等に欲しい物があれば右からの3択をチョイス


くじ内容は毎回変わる


といった仕様のようです。






3回目でスカイパラソルなる傘が出現!



2等に位置する賞品として存在していたので




左端の項目をチョイス!





ffxiv_20200605_232835_680.jpg



フランセルによる忖度があったのかは不明ですが


無事に2等をゲット!





ついにねんがんのパラソルをてにいれたぞ



これで雨の時に傘をさして歩けます。
雨の多いグリダニアでは活躍できるおしゃれアイテムになるはずです。




ffxiv_20200605_233040_449.jpg


というわけで早速さしてみました










武器の表示を消しておかないと




槍が傘を貫通して大変な見ためです。



そして服装も……






鎧に傘はいまいち合いませんね


なんかこう、可愛い系衣装でも探してみようかな


と痛感させられる結果にもなりました。


【日記】バハムートアチー部その4【ネタバレ有】

※バハムート侵攻編第4層に関するネタバレ要素があります。



皆さん、こんばんは。


所属するLSで現在行われているイベント、バハムートアチー部。


週1回、1層ずつチャレンジを行っていこうという代物です。


前回の記事では第3層のアバターを撃破殲滅するところでまで行きましたが、
今度はこちら




ffxiv_20200516_221620_684.jpg


侵攻編の第4層です。






待ち構えるは



ffxiv_20200516_221851_312.jpg



ネール・デウス・ダーナスとかいうモンスター。


見た目はドラクエ9のラスボスみたいな雰囲気ですが、
根性版と言われたFF14でのラスボスだった人物の成れの果てのようです。


ドラクエ9のラスボス……





どんな攻撃してきたか印象ないほど弱かったな。









これは勝てる!




と自分でも無茶だと思う自信で挑みましたが







ffxiv_20200530_222301_174.jpg



案の定、全滅の連続。


隕石に関する即死ギミックが多くて、
それの理解ができるようになるまで非常に大変でしたが、
なんとか前半を攻略するところまで進み







その日はタイムオーバー







勝敗の行方は翌週へと持ち越されることになりました。


敗北ではなく転進なのです。





余談ですが、
前半は隕石での攻撃を多用するためか、
前半のBGMはFF2のラスボスである皇帝のBGMのオマージュっぽい曲に聞こえるのですが、
それは自分だけでしょうかね?




ffxiv_20200523_230347_472.jpg



翌週、翌々週も戦闘を重ねるも、突破はならず。


ただ、前半で失敗することはほぼなくなってきたので、
着実に一歩ずつ前進はしている感じでした。


外野から氷と炎が飛んでくる茶々入れや、
鎖で拘束してくる色んな意味で危ない攻撃とかめじろ押しです。




ffxiv_20200606_234236_640.jpg



そして昨晩、


制限時間的に残り1回という状況で無事に撃破成功!




メロンさんのリミットブレイクが炸裂し、トドメをさしました。



実は私もこっそりリミットブレイク準備中だったのですが、
メロンさんの判断、見極めが自分より優れていました。
途中でキャンセルになった時は何事かと焦りました



ffxiv_20200606_234256_935.jpg



遂に侵攻編を無事にコンプリート!

ツインタニアをはじめ、アバターやラミアっぽいボスとか
ラストの挑戦になりそうなギリギリタイミングでの勝利が続きましたが、
まさか今回もそんな状況での勝利になるとは思いませんでした。
バハムートシリーズ、中々大変ですね。


ffxiv_20200606_234645_061.jpg


みんなでSSを撮影するも


ffxiv_20200606_234538_144.jpg



動作を止めないとリミットブレイクの演出のまぶしさにびっくりすることに



ffxiv_20200607_000316_160.jpg



その後はムービー後の施設内でも記念撮影をパシャリと。






ffxiv_20200606_235543_908.jpg


ネール・デウス・ダーナスが正気を取り戻し、
ネール・ヴァン・ダーナスとなりました。


はい



名前にヴァンが入っているので、この人もまたガレマール帝国での軍団長です。


あと、衝撃だったのは、








ちょっとオカマっぽい見た目と喋り方だなぁと思っていたら女の人だったことです。




新生前を知らないのでルイゾワ爺さん絡みの事はわかりません。
ゆえに、この出来事が一番衝撃的でした。








4回目の挑戦でようやく撃破成功した第4層のボス。


かなりの難敵でしたが、
一番いやらしいギミックはなんといっても











眠気を誘う前半のBGMでしょう


クリア成功したので言えますが



正直なところ、数回瞬間的に寝落ちして戦闘不能になったりしてました。



昨晩で言えば隕石回避でスプリントするタイミングで1度、
走り出したところまでは覚えてるのですが、
気が付けば倒れてました。
多分そのまま外縁に激突して戦闘不能になったのだと思います。


先週だか先々週に、全滅後の再スタートの時、
1人だけ勝手に突貫してしまったのも、
意識飛んでて前に走り出してました


参戦してくれた皆さま、
大変ご迷惑おかけしました!

次回以降気を付けます。
眠気を誘うBGMだった場合、
サントラで「元祖ヤマトのテーマ」「夕陽に眠るヤマト」「未知なる空間を進むヤマト」
「Fight!コスモタイガー」「デスラー襲撃」のいずれかを流して強制覚醒して頑張ります。


【ゲーム】宇宙戦艦ヤマト2202戦士たちの記憶-Hero's Record- サービス終了

皆さん、こんばんは。

さる6月1日に、アプリ内や公式サイトのヤマトクルーにて




Screenshot_20200606-183348.jpg


宇宙戦艦ヤマト2202戦士たちの記憶-Hero's Record-

というアプリゲームのサービス終了が告知されました。


2020年7月31日の15時にてサービス終了とのことで、

現在はアプリ内において過去に開催されたイベントや
今まで登場したキャラクタ(コラボ除く)が排出される11連ガチャが開催されています。
これに関してはログインボーナスで2回回せる分のポイントを付与してくれるので、
今後毎日2回できる感じです。
残り僅かな期間ですが、ゲットできなかったキャラクタを狙ってみるのもありかもしれません。



2年半による終了となるわけですが、
元ネタとなる「宇宙戦艦ヤマト2202」は既に上映、放送終了。
次回作の製作が今年に決定しているとはいえ、
キャラクタ物のゲームゆえ、仕方ない部分がありますね。


サービス開始時から遊んでいたので終了は少々寂しくあるのですが、
それをぶーぶー言っててもあれなので、
ちょっとばかし自分が覚えている範囲でどんな歴史だったかを書いていこうと思います。
(記憶違いなどあると思うのでそれはご了承下さい)



【サービス開始時】
古代、森、島、沖田、デスラーといった主要キャラクタは登場するものの、
皆軒並み最高レアリティの☆5ランク。
当時は☆5はもとより、☆4すらまともに排出されない渋い排出率だったので、
チュートリアルをクリアしたらゲットできる☆4の岬百合亜が大半のプレイヤーのお助けキャラとして設定される状況に。
なお、チュートリアルで他にゲットできるキャラクタ2名は「誰?」というレベルで原作に登場していたのかすらわからないモブ。


ちなみにヤマトを銘打っているものの、
ユニットとしてヤマトが登場しない。


先ほどの主要キャラクタも乗艦しているのは一応固有名詞があるモブ艦ばかりという状況。



そのような状況下だったので、メインクエストの敵が異様に強い。


ほんと強い。


しかも状態異常で行動を1回パスさせるものを所持している敵が多く、
こちらの行動がバンバンとパスさせられ、
敵も強いし味方の強化も絶望的という悲惨な状況が続く。



書いてたら意外と長くなったので、
また続きを後日掲載していきます~

【日記】エオルゼアお気に入りスポット022

皆さん、こんばんは。


エオルゼアでのお気に入りスポットを不定期で紹介するこのコーナー。

今回はちょっとした変わり種をご用意しました。



それがこちら






ffxiv_20200509_162901_374.jpg



アバラシア雲海のこちら


X:11.4 Y:26.1 周辺に存在するプロヴェナンス島


これを上空から確認すると




ffxiv_20200509_163010_390.jpg



あらまぁ、ハートなのですよ、奥さん


これはきっとアバラシア雲海に自生するブンド族とかの
婚礼の地だったり求婚の地だったりするのでしょうか?


誓いの言葉でも交わしたくなるようなちょっとした祭壇っぽいものがあったりするのか

告白すれば永遠に続く愛になる伝説の木が存在していたりするのか


ワクワクドキドキしながら早速降り立ってみましたが




ffxiv_20200509_163041_648.jpg


人工物なのかどうか判断がつきかねない灯篭のようなものと

鳥っぽい見た目のモンスターが遊弋していた以外



残念ながら特にめぼしい物を発見できませんでした。


恋人同時で上空散歩した際に
島の見た目を見てキャッキャ言うだけではちょっともったいないです。


自分が知らないだけで、
今後ここで前述のようなイベントとかが出てくるのでしょうか?


【日記】蒼天街到達!

皆さん、こんばんは。


遂にさる6月2日、蒼天街に無事に到達できました。





ffxiv_20200602_223748_446.jpg



復興FATEなどのイベントに参加してみたくて
メインクエストを普段の10倍近い速度(タナティ比)で進めた甲斐がありました。




ffxiv_20200602_224059_164.jpg



蒼天街に到達すると、代表の人物から挨拶が。

三国志の夏侯惇をほどよく文官に染めたような人物に面倒みてもらいながら



ffxiv_20200602_225055_893.jpg



お役所のたらい回しのように「誰々に聞いてください」の連発に耐え抜き
色々なシステムを開放



ffxiv_20200602_225652_535.jpg



中心部から離れると冒険者がまったくもっていなくなりますが、
吹き出しタイプのNPCは意外といるのと
町並みがしっかりしていて楽しめました。


今後最終段階まで復興すると、
ここイシュガルドに冒険者用の居住区が出来たりするのでしょうかね?


現在はマイホームを買ってみたくてお金を貯蓄中なので、
来たるべき時まで貯め続けようと思います。


そして、蒼天街を散策していて一番衝撃を受けた光景がこちら













ffxiv_20200602_224228_157.jpg





おわかりいただけただろうか












左側奥の男……

















かっ〇えびせん食べてるに違いない!


【日記】星唄異聞をクリア【ネタバレ有】

※シーズナルイベント「星唄異聞」に関するネタバレ要素があります。


皆さん、こんばんは。


先日の5月28日から開催されている
星唄異聞というイベント、参加されましたか?

まだの方はは6月22日23時59分までなので
慌てず急いで正確に受注しちゃいましょう。

また、今回で3度目?の復刻イベントのようで、
既にクリア済みの方は再受注できないようです。




FF11とのコラボ、ということで
これを実際にプレイしていた人にはけっこうニヤリとくるものがあるのではないでしょうか?


自分はFF11を未プレイなので、
登場する単語やシーンはよくわからず



ffxiv_20200528_224528_705.jpg


なんか破壊神っぽい物を見て


「三国志大戦の呂布みたいなのがいるなぁ」


とか思ってたりしました。


かろうじてシャントットだけは認識できる、という状況です。
(シャントットに関しては昔ゲーム会社で働いてた時にやたらと推してる人がいたため)


イベントの方は


ffxiv_20200528_223229_427.jpg


特ダネっぽい情報を掴んだ記者のレムム氏の護衛を請け負って
彼女の取材に同行するも


ffxiv_20200528_223523_061.jpg



マスコミ関係者としては失格だろうけど
自身の取材云々より人助け優先という人徳者レムム氏の提案で修行を手伝うことに。



ffxiv_20200528_223936_129.jpg


イベントに関係するFATEのアイコンがFF11仕様でちょっとカッコ良かったり


ffxiv_20200528_225312_536.jpg


人が多すぎて効果演出でピカチュウフラッシュになりそうだったり


ffxiv_20200528_230444_241.jpg


なんかモンハンで似たような敵を夜の砂漠で戦ったなぁと
デジャブ感をガッツリと感じたり


ffxiv_20200528_233520_819.jpg


レムムさんの無難な締めの言葉にとりあえず納得したりして、



遂に報酬のアイテムをゲット!








ffxiv_20200528_233922_806.jpg


戦国武将っぽいとてもカッコイイ、素敵な装備です。


本来なら侍に装備させると武器が刀なのでしっくりくると思いますが、
竜騎士の槍もけっこうイイ感じです。





これはもう、なんと言いますか





あれですね





はい












戦国無双の真田幸村ですね(違



【日記】遂に竜詩戦争完結!【ネタバレ有】

※メインクエスト「ただ盟友とともに」等に関するネタバレ要素があります。


皆さん、こんばんは。


昨晩は遂に行ってきました。



ffxiv_20200601_223300_819.jpg


ニーズヘッグ征竜戦


千年に及ぶ竜と人との戦いの歴史に遂にピリオドが打たれる


そんな因縁ある戦いですが、
そこへと至る導入部分からして熱いです、はい。


ニーズヘッグの咆哮によってイシュガルドへ攻め込んでくる邪竜軍団。



ffxiv_20200601_234314_201.jpg


空を飛べば何の問題もないだろうに、
律儀に雲廊から侵攻してくる紳士な邪竜達に驚きながらも



ffxiv_20200601_234357_141.jpg


FF14をプレイしていたと思ったら
いつのまにかロードオブザリングを観ていた
何を言ってるのかわからねぇと思うが……


と続けたくなるような竜との闘いのムービーがガンガン流れていきます。


冒険者が救援に到着した時は
宇宙戦艦ヤマトだったら間違いなく「元祖ヤマトのテーマ」が流れていることでしょう。



ffxiv_20200601_234548_112.jpg


冒険者の到着により防衛線を展開していたモブ兵達は後退を開始。

このシーンを見て思わず「宇宙戦艦ヤマト2202」での敗走する戦艦アンドロメダと、
それと入れわかるように前線へと赴く戦艦銀河率いる艦隊のシーンをなんとなく思い出しました。

ちなみに北斗の拳だったら
「SILENT SURVIVOR」もしくは「KILL THE FIGHT」が流れてるかもしれません。


FF14なので「DragonSong」ですが、非常にしっくりくる演出で鳥肌ものです。



ffxiv_20200601_234931_604.jpg


途中、このおどろおどろしい渦を見ていて、
「さらば宇宙戦艦ヤマト」で複数の拡散波動砲を撃ち込まれた白色彗星を思い浮かべたりも。



ffxiv_20200601_235153_367.jpg


最後にニーズヘッグの眼前へと出向いた際には
しつこいですがヤマトなら間違いなく「夕陽に眠るヤマト」が流れていることでしょう。


これらの導入部分により否がおうにもテンションが上がり、
いざ戦闘を開始!


戦闘中は前半はBGMが「DragonSong」という神仕様に感激しつつ
戦い続けるも






ffxiv_20200601_224452_570.jpg


最後の最後で戦闘不能になって出荷されてしまう


という悲劇に見舞われましたが、
それはまた後日リベンジしたいところです。


討伐協力頂いた皆様、ありがとうございました。


これで遂に念願のイシュガルド復興に参加できるようになります。




余談ですが、その後のムービーで



ffxiv_20200601_225112_088.jpg


アルフィノの見せ場とも言えるこの場面。

本来ならとても感動できる場面だと思うのですが、
2月に放送された全FF大投票で、アルフィノの声優さんがこのシーンのアテレコをした際、
カメラに向かってけっこうはっちゃけた収録をやっていたので、
ついついそれを思い出してしまい、




感動するどころか笑ってしまいました


おのれ立花慎之介め。
私の本来の感動を返せ。

まさか約3か月の月日を経て、このようなトラップを食らうとは


【日記】5月のまとめ

皆さん、こんばんは。


今日はちょっとばかし5月での進捗っぷりを振り返ってみようかと思います。
※駆け足での振り返りなので、省略しているのも多いです。
 ここで紹介していないものは既にもしくは後日記事化するものもあります。


5月は1日からダンジョンに突入です。


ffxiv_20200501_221702_617.jpg


目指すは教皇の首、と言わんばかりに意気込んで突入しますが


ffxiv_20200501_224805_944.jpg


思わぬアクシデントで再び眼鏡を兜と錯乱して外してしまう事態に陥りました。


そして3日には


ffxiv_20200503_225433_891.jpg


G8のトレジャーハントに初めて参加。

今まではトレジャーハントに参戦していませんでしたが、

マウントが飛べるようになってきたこと
自分が行ける範囲であったこと

そしてもう一つ大きい理由が


ロードストーンでマンガを描いてる人の日記で、
トレジャーハントを扱っている物が面白かったこと


などが理由で参加を決めました。
LSでのチャットでトレジャーハントの話題が出ていたので、
急いでマーケットボードで一枚調達し、
真珠湾攻撃に参加を希望する山口多聞のごとき意気込みで参戦しました。


ffxiv_20200504_214427_512.jpg


その後、スイスから緊急帰国した瑞穂姐さんを出迎え、
皆でクエストに参戦。



ffxiv_20200506_181333_127.jpg


メインクエストもイシュガルド復興FATEをやりたいがためにガンガン進行。


FF6で登場する魔大陸を模した大陸にテンション上がるも



「イベント終わったら消滅しないだろうな?」



とびくびくしながらも進撃を継続
(FF6では魔大陸はクリアすると消滅してしまうのです)


そして昨日は


ffxiv_20200531_223918_649.jpg


ラピュタを綺麗にしたかのような大陸に突入


ffxiv_20200531_225749_331.jpg


それを無事に攻略し


ffxiv_20200531_231011_456.jpg



いざ決戦の地へ


今日にはこの続きを攻略したいなぁと思っています。



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は