fc2ブログ

【日記】イシュガルドの武具事情を考えた

皆さん、こんばんは。


イシュガルドに到達してしばらく経ちますが、
店で扱われる武具を見ていて思った事が一つあります。



まずはこちら


イシュガルドでの武器屋で販売されている武器一覧です。


ffxiv_20200428_222403_764.jpg


最も高性能なラインナップはこちらのハイスチールシリーズ。

アイテムレベルも255と、
今まで使用していたガーロンド装備が一気に旧式化してしまうスペックです。


そして、その後のクエストで行くことが可能になる
クルザス西部高地のファルコンネストでは



ffxiv_20200429_165414_151.jpg


武器屋のラインナップではミスライトシリーズ、
アイテムレベルは115と一気にレベルダウンします。


ffxiv_20200429_170248_254.jpg


続いてアバラシア雲海のキャンプ・クラウドトップでも
ファルコンネストと同様の品ぞろえ。


RPGでは後に訪れる町、拠点ほど良い商品を扱っているのが定石ですが、
ここイシュガルドではまったく関係ないようです。

ただ、ここで改めて考えると
このラインナップはある意味現実的ではないかと思えてくるのです。


よくよく考えれば、本拠地であるほど新製品の開発から配備までの時間は短縮できます。
なので皇都であるイシュガルドで優秀な武具が並んでいるのは当然と言えます。

そしてファルコンネストは


ffxiv_20200419_155950_368.jpg


砦としての再建途中にある拠点。

敵と交戦する可能性もある最前線ということなので、
武具は新型ではなく既に定番装備となって流通しているものが配備されているのでしょう。
最悪、ファルコンネストが陥落し、新兵器が鹵獲されるのを阻止する狙いもあるかもしれません。


そしてクラウドトップに関しては


ffxiv_20200314_182152_304.jpg


そもそもが左遷先であり、
ドラゴン族との交戦の機会もほぼ無いので装備も新式に更新する必要な無い、
ということかもしれませんね。



スポンサーサイト



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は