fc2ブログ

【日記】綺麗な日没

皆さん、こんばんは。

非常事態宣言が発令されてしまいましたね。
自分が生まれてこのかた、こういった事は初めてなので今後どうなるのか心配です。


それはさておき、アバラシア雲海を探索していた時のことです。



ffxiv_20200314_223327_997.jpg


ちょっとした小高い丘から雲海を眺めていたら

丁度日没のタイミングでした。

普段の我々は地平線や水平線、山際に沈む夕日を見る事は多々あれど、
こうして雲海に沈んでいく夕日は中々機会がありません。

太陽が見えなくなっても雲が太陽で照らされて赤く染まる。
テレビでしか見られないような光景が、ここではいつでも楽しむことが出来ます。


ffxiv_20200314_223342_910.jpg


そして雲が赤く染まるのも徐々にトーンダウンすると同時に
夜のとばりがおり始めるこの瞬間、けっこう好きです。

このタイミングは普段の生活でも経験することはできますね。
特に地方だとこの間は感じやすく、
小学生の夏休みの頃に母親の実家へ遊びに行った時の事を思い出して懐かしくもありました。


ffxiv_20200314_223349_741.jpg


そして確実に太陽が沈みました。

もうここからはひたすら暗くなるばかりです。

まだ明るいから大丈夫、と油断しているとあっという間に真っ暗になってしまった

そういう経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか?


ffxiv_20200314_223428_864.jpg


先のSSとあまり違いが無いように思えますが、
空の上の方に暗闇が広がり始めました。

もう夜の到来も間近です。

さぁ家に帰って晩御飯何食べるかな?

そんな気分になる、なんともリアルな日没の様子をお送りしました。


スポンサーサイト



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は