fc2ブログ

【日記】古代の民の迷宮にチャレンジ!【前編】【ネタバレ有】

※古代の民の迷宮の演出、ボスなどの一部ネタバレがありますのでご注意下さい。


皆さん、こんばんは。

白色彗星と戦ったわけでもないのに
「愛の戦士たち」のアチーブをゲットしたタナティです。


一昨日の2月10日に、
イノリさんが主催された
初見と若葉で行く古代の民の迷宮ツアーに参加してきました。

開始時間は21時30分なので集合はもう少し前。


なんとか21時15分頃に到着すると



ffxiv_20200210_211501_617.jpg


既にけっこう皆さん集まってました。


間もなくパーティ募集が行われ、
自分の担当パーティへと収まります。


初めての24人でのアライアンス。


参加者には同じCWLSの方々が何名かおられるので幾分ましでしたが
緊張しまくりです。


そうこうしているうちに時間になり、
遂に古代の民の迷宮に突入




ffxiv_20200210_213848_222.jpg


24人の冒険者がゾロゾロと進軍する様子は圧巻。

どことなく無双シリーズみたいな感じで、
この部分のムービーだけでも既に面白かったです。


ffxiv_20200210_213858_470.jpg


以前にも述べましたが、

初のFFがFF3だった自分には、

古代の民の迷宮~シルクスの塔~闇の世界

という一連のダンジョンはべらぼうにテンションが上がります。


音楽も知っている曲のアレンジで

あー、アレンジでわかりにくくなってる部分もあるけどあの曲だ!

と非常に士気旺盛。

もういつでも戦えるぞ!

と意気込んでいるそんな中、


皆で最初に行ったのは






ffxiv_20200210_214300_041.jpg


24人の自己紹介でした。

こういった自己紹介とかプレゼンって、
待ってる時のドキドキ感がたまらなく体に悪いですよね。

緊張感に全て持っていかれてる感があるというかなんというか。

成否が仕事に直結するとかそういうのではない限り、
早い段階で終わって気楽に見る側になる、というのが一番良いように思えます。

とは言え、何を言おうかな?などと自分の番が来るまでに考えるのも楽しくもあったりします。


ffxiv_20200210_222054_295.jpg


皆の個性豊かな自己紹介が終わった後は、

全員で集合SS撮影


改めて思ったのですが、
24人はかなり人数が多いので同一フレームに全員を入れるのは至難の業ですね。
皆こういう時はどうやって撮影しているんだろうか?

段差を利用してララフェルを前に~
などリアルでの集合写真の撮影のようにすれば
もっと綺麗に全員が入った物が撮れそうですね。

とは言ったものの、こういった雑多な感じの方が面白くもあるしなぁ、
と考えだしたらきりがないですね。


ちなみにFF3での古代の民の迷宮はこんな感じ


20200212001.jpg


クリスタルタワーの外縁部分を囲っている迷宮です。

周囲をがっつり囲んでいるとはいえ、直線距離だとすぐっしょ

と思ったそこの貴方



甘いです




20200212002.jpg


内部のダンジョンはこんな感じで
時計回りでぐるっと一周させられる広さがあります。


FF14ではここまでぐるっと回った感じではなかったですが、
それでもあっちに行ったりこっちに行ったりとさせられる
中々広大なダンジョンでした。


とまぁ長くなってきたので




ffxiv_20191027_014602_870.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は