fc2ブログ

【雑記】サブキャラクタあれこれ01

皆さん、こんばんは。

Ver5.2はいかがお過ごしでしょうか?

自分はまだイシュガルドに到達できていないので、
イシュガルド復興に参加できませんが、



オーシャンフィッシングが気になってます。

一瞬「砂漠でサーモンフィッシング」に空見したのは内緒です。


皆で船に乗って釣りに出かける


なんとも楽しそうですね。



それはさておき、
今日はちょっとしたサブキャラクタを取り上げてみようと思います。

今年の1月半ば、スノークローク攻略戦をしようとしていた時の事です。




ffxiv_20200115_231847_707.jpg


現地に派遣されていたアルフィノの私設軍隊の隊員が、
寒い中ゆえ白い息を吐いてるのを見かけました。


ほんとこういった細かいところまで丁寧だなぁ


と思いながら話を進めていると



ffxiv_20200115_232315_688.jpg


先ほどのララフェル隊員は「ユユハセ」という名前であることが判明。


そして、そこそこ仕事ができるようです。

名前があったことにびっくりしましたが、
この時はそれで終わりだったのですが……



ffxiv_20200205_224058_382.jpg


その後のクエストでもたびたび出現。



ffxiv_20200217_230008_041.jpg


久しぶりに再会した際に冒険者へのお世辞ののちに
評価と給料のことをぶっこんでくるたくましさ。



どんな時でも給料のことは忘れない


守銭奴ではないものの、ある種立派な社会人です。


ちなみにスパイを追撃する際には戦闘に参加してくれますが、
ユユハセが撃破されると


「給料分は働きましたからね。撤退します」

みたいな意の言葉を発して撤収する辺り、
彼の信条には一切のブレが無いようです。


色々とエオルゼアには個性豊かなキャラクタがいますね。
メインキャラクタだけでなくこうしたサブキャラクタも
台詞やアクションをじっくり見てみると面白いですよ


【日記】クリスタルタワー楽しみ【ネタバレ有】

※クリスタルタワー開放クエストの演出関連のネタバレがありますのでご注意下さい。


皆さん、こんばんは。


遂に本日Ver5.2が実装ですね。

また今日からイシュガルド復興に関して進展がある(?)みたいです。

そのため、今日までにイシュガルドへと到達すべく
メインクエストを頑張っていたタナティさん(当社比)











いまだにイシュガルドに到達できていません!






もうね。


そろそろイシュガルドに到着させても良いのでは?


と思ってたのですが





毎回毎回アルフィノとミンフィリアにパシらされる日々が続いてます。




それはさておき、
22日にイノリさん主催のクリスタルタワーツアーに参戦するのは以前に触れました。


古代の民の迷宮もクリアしたし、
後は当日を迎えるだけだ!

と思ってたら、





クリスタルタワーを開放するクエストを
進めないといけませんでした!





いや~
事前にCFを覗いて確認しておいて良かったです。


下手したら22日にいざ会場で
「あれ? 参戦できない」
となるところでした。



開放クエストを進めてみると



ffxiv_20200212_225722_339.jpg


ドーガとウネが出てきました。

FF3の時にもこの2人は登場しますが、
お爺さん、お婆さんだったので


若い姿は色んな意味で新鮮でした


ffxiv_20200212_231531_662.jpg


更に「アモン」という名前が。
コーヒーの違いがわかる男とは違いますよ?


FF3ではエウレカの地で円月輪という武器を守護するモンスターでした。
魔導士ハインの色違いでしたが、
カラフルな配色のハインと違って全体的に青くてやや地味だった印象が。
デザイン自体はカッコ良かったのでFF3ではかなり好きなボスでもありました。


……FF大投票で投票するのをすっかり忘れてました。




ffxiv_20200212_231543_242.jpg


そしてFF3のボス「まおうザンデ」が




始皇帝





さらに「伝説の」



と前振り付きで凄く有能な指導者として登場します。


更にFF3では大魔導士ノアの弟子の1人で、ドーガ、ウネは弟子仲間でしたが、
本作では子孫ということになっていて、


この辺がどう展開していくのかが楽しみです。



この記事を書いててわかったのですが、


……クリスタルタワーの調査チームが「ノア」の名前を使っているのは
先述の大魔導士ノアから来てるのか。



ffxiv_20200212_231703_105.jpg


そしてザンデが時間が止まっていた塔の中で生きている、
というのはFF3と同様の設定のようです。


ffxiv_20200212_231710_969.jpg


そしてチラッと映るシルクスの塔内部。


もうこれは否がおうにも期待が高まります。

もう22日が楽しみで仕方ないですね。


【雑記】買ってしまった……

皆さん、こんばんは。


先日、記事を書く際にちょっとした調べものをしていたら

ついつい欲しくなってしまいまして








買ってしまいました







DSC_0383.jpg



古畑任三郎 DVD 2nd season


いくつかシリーズがある中で
最も安定したシリーズと言われることもある2nd season

1st seasonは再放送でもけっこう見た記憶があるのですが、
この2nd seasonは何気に放送時にしか見た覚えがないように思います。

けっこう昔の作品なので今見ると色々とつっ込みどころが出てくるとは思いますが、
それらも含めて楽しもうと思います。


とりあえず衝動買いでもあるので予想外の出費となり、
給料日までちょっと厳しめになりましたけど、


後悔はしていない!



多分

【日記】エオルゼアカフェに行ってきた

皆さん、こんばんは。

先週の11日にエオルゼアカフェに行って参りました。

今月の1日からメニューのリニューアルが行われたのと、
ヴァレンティオンデー用のメニューが期間限定で提供されている、
というので興味が湧いたのが原因です。


事前にチケットをローソンで購入しておいたので、
安心してお店へGOです。


入店前の確認でジョブのコースターが貰えるのですが、
かなりの種類があるので中々大変。

後ろに人も並んでいるので、あまり悩んでもいられない。


とりあえず今回はポーズがカッコ良かったモンクをチョイス。


入店後はゴールドソーサーでお馴染みのサボテンダーくじを模したイベントが行われた後、
早速注文開始




事前にホームページを確認した際に気になっていた物を注文してみました。







DSC_0378.jpg


アメノミハシラ


オニオンリングによるべらぼうに高い塔。


オニオンリングならこれだけ量があっても余裕っしょ
モスバーガーで注文した際もよく食べてるし



そう思ってた時がタナティさんにもありました。




結果は


予想以上に強力でした。


塔以外にも地面に這いつくばるポテト、白身魚が強力でした。


なんとかソロプレイで踏破したものの、
とりあえず飲み物で口直しを、ということで




DSC_0379.jpg



クリスタルタワーをチョイス。


丁度前日の10日にアライアンスの古代の民の迷宮を突破したばかり。

22日の第2弾シルクスの塔挑戦ツアーの露払いにもってこいだ!

と思って頼みました。




が、青い氷の部分が意外と強力で、
左側の炭酸水をリテイナーさん(店員)が注いでデバフをかけてくれるのですが



時期が時期だけにバフがかかって硬くなるという悲劇。



コツンコツン青い氷をスプーンで砕いているタナティさんに対して
見かねたリテイナーさんが



「もう少し炭酸水入れましょうか?」

と提案されるほど。



はい、入れて貰いました。



とりあえずこのドリンクは夏場にお勧めです。



氷砕きでカロリーを消化したので、
最後に



DSC_0380.jpg


ドロップチ・チョコレート


ドロップチがそもそも何者なのかわかりません。


きっとこの右側のまるっこい輩がドロップチという生物なのでしょう。


アメノミハシラでけっこう大変な状況でしたが、
意外とサクッと食べきれました。

周辺に展開されているマシュマロを
チョコレートソースに絡めるのがお勧めだと思います。


また3月4月と期間限定メニューをやるみたいなので、
チャンスがあればまた行ってみようと思います。


【日記】クリスタルタワーツアー第2弾あるよ

皆さん、こんばんは。

先日、イノリさん主催の若葉・初見さんメインの古代の民の迷宮のツアーに参加してきましたが、
それの第2弾が22日に開催されます。

詳しくは↓の記事をご確認下さい。
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/25877510/event/41833/

なかなかこういう機会でもないと
24人でのダンジョンとかも経験しにくいと思います。

まだDPS3人、ヒーラー3人と空きがあるので、
いっちょ行ってみるか、という方々おられましたらどうぞ~

【雑記】駐在刑事が楽しい

皆さん、こんばんは。

ここ最近、金曜日の夜8時が楽しみです。

何故なら、テレビ東京系で放送されている「駐在刑事」シーズン2が
中々どうして楽しいからです。

元々はこの枠でやっていた「三匹のおっさん」シリーズが楽しくて見ていたのですが、
それらが終わってしばらくしてから「駐在刑事」のシーズン1を観たのがそもそものきっかけです。

個人的にはシーズン1より今やっている2の方が面白いなぁと感じています。
シーズン1の時は全編通してちょっとドロドロした内容があったので、
その辺が好き嫌いの好みがわかれるんじゃないかなぁと思いました。


今日の放送で第4話が終了。

まだまだ先は長いのでもうしばらく楽しめそうです。

個人的には寺島進さん演じる主人公の江波さんも良いですが、
ややツンデレ入ってる加倉井管理官や、
毎回良いようにこき使われる軽部君といった、
キャリア組の刑事達がけっこう魅力があって楽しいです。

公式サイトはこちら。
最新の放送分も視聴できるので、興味のある方はこちらへ~
https://www.tv-tokyo.co.jp/chuzaikeiji2/

【日記】古代の民の迷宮にチャレンジ!【後編】【ネタバレ有】

※古代の民の迷宮に関する演出、ボスなどの一部ネタバレがあります。


無事に全員の自己紹介が終わり、
一旦退場してコーヒーブレイクに入る皆々。


自分も一旦席を外したのですが、
その際にコントローラが落ちて、
明後日の方向へひたすら走り続けていたのは秘密です。


攻略のために再度突入した際、
なんとなく皆親近感抱いての和やかな進軍になったのは
きっとこの自己紹介とコーヒーブレイクのおかげでしょう。




ffxiv_20200210_223725_226.jpg



いざ戦闘になると、
24人での戦闘のため、火力が半端ないです。



攻撃演出も24人分。



雑魚モンスターなんかはあっという間に殲滅されていきます。




ffxiv_20200210_225256_690.jpg


24人の先導になったタンクのお芋さんを見失わないように
皆で付いていき、戦闘を繰り返す。


ただ24人全員で殴ればいいのではなく、
3つのパーティが相互支援して初めて有効打を与えられるギミックがあったり、
強制的にローテーションでボスや雑魚とパーティごとに目標を変えていかないといけなかったり、
これだけの大人数プレイであるがゆえのギミックがとても楽しかったです。


ffxiv_20200210_231624_715.jpg


ボスを討伐した後、全滅してしまった後は、
主催者のイノリさんやクリア経験者の方々からギミックのヒントが与えられ、
皆であーだこーだと話し合いが行われたのがとても面白かったです。



そして途中で登場したボスにけっこうテンションが上がりました。


グレートデーモン

ボーンドラゴン

タナトス



これらのモンスターは皆、
FF3での古代の民の迷宮で出現する







雑魚モンスター



だったのです。



グレートデーモンはMサイズモンスターでしたが、
ボーンドラゴンはLサイズ、
タナトスはLLサイズのモンスター。


強さは皆横並びで大したことなかった雑魚モンスターでしたが、


そんな彼らがボスモンスターに昇格していて、
色々とギミックまであったりして思わず感動してしまいました。


ただちょっと意外だったのが、
ボーンドラゴンの時に出現する雑魚モンスターで
プラティナルという骸骨のモンスターがいるのですが



FF3では古代の民の迷宮の先にあるシルクスの塔の中盤以降に出現する
鎧をまとった騎士でLLサイズのモンスターです。
ゴールドルというストーリー中盤のボスの色違いでもあり、
初めて遭遇した際はビックリして圧倒されます。
しかし、FC版FF3は一部を除いて雑魚モンスターが弱いという傾向があるので、
見掛け倒しなその弱さに再びビックリさせられるという存在でした。


必ず1体で出現した鎧の騎士が骸骨になってワラワラと登場する様を見て







いったいどうしてこうなった!?



と戦闘中でも驚きが隠せませんでした。



そして……


ffxiv_20200210_233726_945.jpg


古代の民の迷宮を突き進む我ら24人の前に立ちふさがったモンスター






その名もキングベヒーモス





このモンスターも先の他のモンスターと同様、
FF3の古代の民の迷宮で雑魚モンスターとして登場しますが、
FC版では強さも平凡で存在感が無く、
その存在感が多少なりとも出てくるのはリメイク版まで待たなければいけなかった悲しき存在です。

あまりにもFF3でのベヒーモスが弱かったため、
FF4で超絶強化されて登場した際にはかなり衝撃でした。


とまぁ話が逸れ捲くりましたが、
このキングベヒーモス










強えぇぇぇぇ








メテオでの攻撃などで





全滅!





全滅!






全滅!




とロマサガRSのCMのごとく全滅させられました。


そのため、何度目かの挑戦のすえに討伐成功した際はとても嬉しかったですね。










床舐めてましたけど


ここの床はアラグ数千年の歴史の熟成された味が素敵でした



その後はこのダンジョンのラストを締めくくるボス、ティターン



ffxiv_20200211_000851_516.jpg


FF3では古代の民の迷宮の入り口すぐにある部屋に安置されている
土のクリスタルを守護していたボスモンスターです。


その時の攻撃方法を意識してか、
ギミックを使って防がないといけない超強力なフレアを放ってきます。


詠唱を確認してギミックの場所まで退避しようとするも
間に合わず倒れていく……


あれは中々なトラウマ案件です。



とは言え、キングベヒーモスに比べれば比較的処しやすく、
全滅は2、3回程度で討伐に成功。




無事に古代の民の迷宮のクリアに成功しました。



ffxiv_20200211_002332_075.jpg


最後は皆で集合SSを撮影して、
ドロップアイテムにロットをして終了。


初めてのアライアンスでとても緊張しましたが、
想像以上に面白くて楽しかったです。


企画運営して頂いたイノリさんを始め、
参加された他の23名の参加者の方々、大変ありがとうございました。


また第2弾のクリスタルタワーツアーもあるようなので、
そちらも是非ともお世話になろうと思います。


そして最後に一言








ffxiv_20200211_001957_096.jpg


踏破演出中に我慢できずに宝箱開けたのは誰だー!!
(某料理研究家風)

【日記】古代の民の迷宮にチャレンジ!【前編】【ネタバレ有】

※古代の民の迷宮の演出、ボスなどの一部ネタバレがありますのでご注意下さい。


皆さん、こんばんは。

白色彗星と戦ったわけでもないのに
「愛の戦士たち」のアチーブをゲットしたタナティです。


一昨日の2月10日に、
イノリさんが主催された
初見と若葉で行く古代の民の迷宮ツアーに参加してきました。

開始時間は21時30分なので集合はもう少し前。


なんとか21時15分頃に到着すると



ffxiv_20200210_211501_617.jpg


既にけっこう皆さん集まってました。


間もなくパーティ募集が行われ、
自分の担当パーティへと収まります。


初めての24人でのアライアンス。


参加者には同じCWLSの方々が何名かおられるので幾分ましでしたが
緊張しまくりです。


そうこうしているうちに時間になり、
遂に古代の民の迷宮に突入




ffxiv_20200210_213848_222.jpg


24人の冒険者がゾロゾロと進軍する様子は圧巻。

どことなく無双シリーズみたいな感じで、
この部分のムービーだけでも既に面白かったです。


ffxiv_20200210_213858_470.jpg


以前にも述べましたが、

初のFFがFF3だった自分には、

古代の民の迷宮~シルクスの塔~闇の世界

という一連のダンジョンはべらぼうにテンションが上がります。


音楽も知っている曲のアレンジで

あー、アレンジでわかりにくくなってる部分もあるけどあの曲だ!

と非常に士気旺盛。

もういつでも戦えるぞ!

と意気込んでいるそんな中、


皆で最初に行ったのは






ffxiv_20200210_214300_041.jpg


24人の自己紹介でした。

こういった自己紹介とかプレゼンって、
待ってる時のドキドキ感がたまらなく体に悪いですよね。

緊張感に全て持っていかれてる感があるというかなんというか。

成否が仕事に直結するとかそういうのではない限り、
早い段階で終わって気楽に見る側になる、というのが一番良いように思えます。

とは言え、何を言おうかな?などと自分の番が来るまでに考えるのも楽しくもあったりします。


ffxiv_20200210_222054_295.jpg


皆の個性豊かな自己紹介が終わった後は、

全員で集合SS撮影


改めて思ったのですが、
24人はかなり人数が多いので同一フレームに全員を入れるのは至難の業ですね。
皆こういう時はどうやって撮影しているんだろうか?

段差を利用してララフェルを前に~
などリアルでの集合写真の撮影のようにすれば
もっと綺麗に全員が入った物が撮れそうですね。

とは言ったものの、こういった雑多な感じの方が面白くもあるしなぁ、
と考えだしたらきりがないですね。


ちなみにFF3での古代の民の迷宮はこんな感じ


20200212001.jpg


クリスタルタワーの外縁部分を囲っている迷宮です。

周囲をがっつり囲んでいるとはいえ、直線距離だとすぐっしょ

と思ったそこの貴方



甘いです




20200212002.jpg


内部のダンジョンはこんな感じで
時計回りでぐるっと一周させられる広さがあります。


FF14ではここまでぐるっと回った感じではなかったですが、
それでもあっちに行ったりこっちに行ったりとさせられる
中々広大なダンジョンでした。


とまぁ長くなってきたので




ffxiv_20191027_014602_870.jpg

【日記】姐さん、ありがとう

今夜は花言葉の勉強です。


まずはエーデルワイス、花言葉は「大切な思い出」

ソメイヨシノ、花言葉は「美しい人」

ベルフラワー、花言葉は「感謝」

そしてミヤコワスレ




花言葉は「しばしの別れ」




出会いがあれば必ず別れがある


この言葉を初めて知ったのは小学生の頃で、
著名なコピーライター糸井重里さんが関わったゲーム「MOTHER」での
NPCの台詞からでした。
(※正確には「出会わなければ別れもない」だったかな?)

人は常に出会いと別れを繰り返し、縁を紡いで毎日を生きています。

それを端的に表した言葉ですが、
当時は深く考えることはありませんでした。


先日の9日、
自分がエオルゼアの地に降り立ってからお世話になった瑞穂さんが
私生活の関係から海外へと生活を移すため、長期的に引退されることになりました。


引退されることの発表があったのが1月の23日。
LS内チャットなどで「重要な話がある」と前振りされる際は
大概良くない知らせなのが姐さんの悪いところです、ほんと。


自分と姐さんの出会いは自身の過去の日記などを探ってみると
初めて会ったのは2019年8月7日のことでした。

カッパーベル銅山の攻略のために
ビギナーチャンネルで募集した際に参戦してくれたのがきっかけです。


それまではビギナーチャンネルでログイン、ログアウトの挨拶した際に
よく返事をくれる人だなぁ、といった印象でした。


銅山のエレベーターの中でFCへ勧誘され、
それを機に今のFC、LSへとお邪魔したのが
私のエオルゼア生活の新たな始まりだったと言えるでしょう。


この時のことは今でも鮮明に覚えてます。


あれから半年、


ffxiv_20200110_224813_261.jpg


ffxiv_20191025_224329_513.jpg


色々なダンジョンへと冒険に出で、様々なモンスターを討伐したり、



ffxiv_20191102_232220_329.jpg


綺麗な場所へとSS撮りに出かけたり、
釣りを教えて貰って皆で釣りに行ったり、
色んな所へと遊びに行きました。




そんな中、刻一刻と迫る期限



ffxiv_20200202_224452_836.jpg


ffxiv_20200202_230858_502.jpg


2月2日に行われた、皆での撮影会。



ffxiv_20200206_231510_611.jpg


2月6日の第2次ツインタニア討伐戦。

該当記事でも記載しましたが、
まさにこの時はドラえもん6巻の最終話ののび太のような気持ちで討伐に挑みました。
他の参加者の方々も大なり小なりそうだったんじゃないかなぁと思います。



そして遂に最終日となる2月9日


ffxiv_20200209_231519_849.jpg


皆でとにかくどんちゃん騒ぎ

皆で楽しく騒いで送り出したい反面、
この後の展開が来て欲しくない、
そういった二つの感情が織り交ざったような気が自分にはしました。


ffxiv_20200209_233600_367.jpg


その後、姐さんから皆へと挨拶が行われ、
姐さんは旅立っていかれました。


また年末年始などのタイミングではインされる予定ということもあり、
今生の別れではないのが幸いです。


出会いがあれば別れがある

日常に起こる出来事の一つにいつまでもめそめそしてはいられないので、
もう少し回復したら自分も頑張って進んでいきます。
当日はなんやかんやと明け方まで寝付けませんでした


次回また姐さんと再会するのを楽しみに、
姐さんのようなメンターにもなってみたいなぁと思いつつ、
これからもエオルゼアを楽しんでいこうと思います。



ffxiv_20200126_220509_089.jpg


結婚で引退、ということだったので、
エタバンで使用する指輪を作成してプレゼントしたのですが、
その辺は気づいて貰えた……のかな?



最後にいくつか音楽を紹介しておこうと思います。


星が永遠を照らしてる

ありがとう

提督の決断2エンディング


【雑記】投票は明日の晩まで

皆さん、こんばんは。


投票しましたか?


え?

ヴァレンティオンデーのことかって?


いえいえ、違います。



NHKでの全ファイナルファンタジー大投票です。
https://www.nhk.or.jp/anime/ff/index.html

明日の午後11時59分までなので、

投票したいのにしてなかった
忘れてた

という方々はお急ぎ下さい。


明日にはまた平常運転に戻りますので、ちょっち今日はこの辺で
プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は