fc2ブログ

【ネタ】案内標識あれこれ

皆さん、こんばんは。

今日の昼間は風が凄かったですね。
台風でもないのに暴風警報が出たくらい強烈で、
風の吹く際の轟音がまるで獣の咆哮のようでかなり不気味でした。
ガルーダ出現か!?とネタとして言いたくなるレベルを超えてました。


それはさておき、今日取りあげるのはこちら。

ウルダハ、グリダニア、リムサでそれぞれ見かける案内標識に関してです。
それぞれ各国、案内標識でもデザインが異なっていて面白いです。

ではでは、早速観て行きましょう


ffxiv_20200106_223847_788.jpg


まずはグリダニアにある案内標識。
石のブロックを積み上げた土台に金属製の支柱に案内標識。
頂部付近にライトがあり、ほのかに照らしている、という感じです。
おそらく発光は魔法の力で行われているんでしょうね。

なんとも安定したデザインの案内標識です。
ヨーロッパの片田舎に出向けば見つけることが出来そうな印象と言いましょうか。


ffxiv_20191231_220744_540.jpg


続いてこちらはリムサの案内標識。
石のブロックの土台に金属製の支柱、頂部に発光体と、
デザインに関するドクトリンはグリダニアと共通するものがありますね。
ただ、派手なものが好きな海賊達の影響か、中々シュっとしたカッコイイデザインでもあります。
発光体の光によって文字盤の文字がきっちりと読めるのはグリダニアには無い特徴と言えるでしょう。
(文字そのものが発光しているかはいまいち判断しかねる部分があります)


ffxiv_20200103_232110_196.jpg


最後にこちらはウルダハの案内標識。
頂部に発光体があったグリダニア、リムサとは打って変わって発光体である炎が下に置かれています。
支柱、土台に石がダイレクトに使われていて、ラウバーン局長っぽさがウルダハの剛胆さが伝わってきます。
発光体が地面に設置されているため、夜間における文字の読みにくさは三国一だと思いますが
きっと何らかの事情があってのこの位置なのでしょう。
ウルダハは荒野が多いので、旅人が夜を明かすのはこういった案内標識の傍なのかもしれません。
ウルダハはララフェルが政治に多く関わっているので、案外、頂部に発光体があると灯りをともすのが大変、といった理由かもしれませんね。


皆さんが好きなデザインの案内標識はどこの国でしたか?
ではでは~
スポンサーサイト



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は