fc2ブログ

【ネタ】ゴールドソーサー悲喜こもごも

皆さん、こんばんは


つい先日の事です。


ゴールドソーサーで毎日3回挑戦できるミニテンダーくじを消化した時の事です。

何やら後ろが騒がしいなぁと思ったら




ffxiv_20200116_225003_882.jpg


何かに当たったらしいララフェル冒険者が

体をめいっぱい動かして喜びを表現していました。


ffxiv_20200116_225004_631.jpg


当たったのはおそらくミニテンダーくじでの事だろうと思います。

「つ、ついに」と言ってるくらいですから、

7・8・9の3600MGPではなく


1・2・3の10000MGPの可能性が高そうですね。


名も無きモブのNPCですが


ここまで全身で喜びを表現している様を見ると

なんとも微笑ましくなってきます。

きっと当選するまでに幾多の回数ハズレを経験し、
仲間からは「いい加減諦めたらどうだ?」と小ばかにされたりしながらも、
次こそは当ててやるぞとめげずに挑戦し続けた。
「継続は力なり」という言葉がありますが、
まさにそれを自身の行動によって体現してみせた、そんなところでしょうか?

思わずハグしてしまいました。

「つ、ついに当たったー!」との一言からそういったバックボーンまで勝手に想像してしまいましたが、
そういう事をついついしてしまいたくなるほど、エオルゼアではNPCも色々とキャラクタが立っていて面白いですね。


ちなみにこのララフェルの更に後方には



ffxiv_20200121_215841_737.jpg


何かに当たらなくて暴れてしまい、黒服に大目玉で説教くらってるマダオがいます。
ミニテンダーくじなのかチョコボレースなのか、原因はわかりませんが、
自分の思い通りにならないから暴れるのはダメ、絶対。

【日記】アートマ集め開始

皆さん、こんばんは。


ここ最近、日没で暗くなるのが以前より遅くなるのを感じ、着々と春の訪れが迫ってきているなぁと思う今日この頃です。
そうは言っても昼間は暖かいですが、朝晩はまだまだ寒いので風邪などを引いて体調を崩さないようにしていきましょう。
病に倒れるとエオルゼアで遊ぶのもままなりませんからね。


それはさておき、先日伝説の武器「ゲイボルグ」を無事に作成したタナティさん。


グレート債マー親父ゲロルトの元へと再び尋ねると


ffxiv_20200112_231547_549.jpg


なんかキレてました。


何やらやってきた旅人への対応でどうのこうのらしいです。


ffxiv_20200112_231609_776.jpg


旅人への対処を押し付けられると同時に


どどんと表示される「ゾディアックウェポンストーリー開幕」の文字


とりあえず件の旅人の元へと向かうと



ffxiv_20200112_231720_691.jpg


ジャルザーンという渋くてカッコイイお爺さんがいました。
どことなく三国志大戦の魏所属の司馬懿を彷彿とさせる渋さがあります。


それはさておき、話を聞いていくと


ffxiv_20200112_231815_227.jpg


12種類のアートマを集めてこい!

と言われました。
どうやら伝説の武器を装備した状態で指定エリアでのFATEをクリアすると、
一定確率でゲットできるようです。



うん



話はわかった




でも







べらぼうに面倒そうだ




「孤独のグルメ」だと絶対に話が終わった瞬間に「腹が減った」とか「そんな事より飯だ」になるパターンです。


FATEを求めて彷徨うのはこのジャルザーンにパシらされてる感が凄いのであれですが、
ここ最近は軍票を大きく消耗してもいます。

軍票の補充も兼ねてFATEを見かけたら見敵必戦の気持ちで突入し、
アートマを獲得できたらラッキーみたいな感じで行こうと思います。

普段ならスルーしてるFATEなんかもチャレンジしてみれば
新たな発見があって面白い事がわかるかもしれないですしね

【日記】エオルゼアお気に入りスポット017

皆さん、こんばんは。

エオルゼアでのお気に入りスポットを不定期で連載するこのコーナー、
久しぶりの更新ですが第17弾を公開します。


ここを発見したのは偶然でした。
最近テレポを普段より多く使っていたので(自分比約3倍)、久しぶりにチョコボでの移動に切り替えて移動していた時のことです。

ふと目にした風景がなんとも綺麗でした。


それが




こちらです



ffxiv_20200117_230557_361.jpg



場所は中央森林の翡翠湖畔周辺。
座標で言うとX:26.1 Y:21.6周辺です。


どうです、この風景

右奥の小高い丘にある滝から手前へ向かって伸びてくる小川
そして左側に広がる大きな樹木

この緑、空、水の絶妙なバランス、なんとも言い難い景色じゃないですか。



あとこの光景……



察しの良い方ならもうすでにおわかりだと思いますが






右奥の滝、左の倒木は





過去に紹介したお気に入りスポット001002なのです。



これらをまとめて楽しめる場所でもあり、とても贅沢な気分になりますね。


【日記】武器防具更新のタイミング

皆さん、こんばんは。

武器防具の更新はどんなタイミングでされてますか?

物語序盤はクエストの報酬で貰えるもので賄ったり、それでも足りないパーツ部分、もしくは報酬より自身のレベルが高かった場合は店やマーケットボードで購入したりしていたと思います。
クエストをこなしていくとレベルも上がり、それに伴って装備品を新調する、という感じですね。
中にはマテリア化するために100%まで馴染ませてから更新してる方もおられると思います。


ですが、レベルが50を超えた辺りからどのタイミングで更新したら良いのか、
少々悩みどころなのですね。



ffxiv_20200102_235240_072.jpg


例えばこのガーロンド装備。

モードゥナに到達して交換に必要なアイテムを所持さえすればすぐにゲットできます。
レベル50以上であればそのまま装備できるのでタナティさんも装備可能です。


その時のクエストでの報酬ではアイテムレベル70~90くらいの武器だったため、
いきなり120のこれらをゲットすると


ドラクエで例えるなら鋼鉄の剣を装備すれば有利に戦える序盤エリアでドラゴンキラー辺りを装備して無双するような状況じゃなかろうか?
ダンジョンでドロップする装備も、これを上回る物が現状出る気配もなさそうだし、果たしてゲームバランスを楽しみながら冒険できるのだろうか?と危惧しちゃうわけです。




これをLSの方々に相談すると、










まったく気にしなくていい。
むしろレベル60でガーロンド装備だと(以下略


といった具合で、自分の心配が完全な杞憂であるような感じでした。




というわけで早速ガーロンド装備の槍をゲット!
しばらくの間、ガーランド装備と読み間違えていて「FF1のボスがえらく出世したなぁ」と思ってました


ホーリーランスから一気に武器のスペックが上がったのはとても良かったのですが




ffxiv_20200112_225807_620.jpg


めずらしくやる気を出した飲んだくれサイマー親父ゲロルトが



ffxiv_20200112_225813_934.jpg


必死こいて打ち直した……



ffxiv_20200112_225820_900.jpg


伝説の武具「ゲイボルグ」が


ffxiv_20200112_230138_166.jpg



いきなり産廃になりました


そう、まるで戦艦「ドレッドノート」が竣工した際に、全世界で建造中だった各国の新型戦艦が瞬時に旧式化したという悲劇のように




しかし



ffxiv_20200102_235240_072.jpg

ガーロンド・マジテックスピア

ロウェアの手形:詩学 10個   暗号化トームストーン  1個







ffxiv_20200108_233528_344.jpg


ffxiv_20200110_224813_261.jpg


ffxiv_20200112_222822_726.jpg


ゲイボルグ

ゲットするための皆での共闘プレイ    プライスレス



昔あったCMみたいなオチになりましたが、伝説の武器らしく色々と強化できるみたいなので、ちょっちそちらも進めてみます。



1.17

皆さん、こんばんは。

本日1月17日はテレビでも多く報道されていますが、
阪神・淡路大震災があった日です。

自分は大阪なので直接被災したというわけではありませんが、
大阪でも震度6前後の揺れがあって、
更にこの時の地震は1分近く揺れるという地震としては長いものでした。

明け方の5時46分ということもあって普通に寝ていたのですが、
地震で飛び起きた母親に大声で起こされた記憶があります。
NHKでのニュースでは関西局のアナウンサーが、
地震で人が出勤できないからか昼前まで同じ人で報道されてたのも覚えてます。

あれから25年。当時中学生だった自分ももうかれこれ良い年した大人になりました。
世間では震災の事が風化して~という話をよく聞きます。
教訓として語り継いでいくのは当然良いと思いますが、
それが目的となって縛られ過ぎないようにしなければいけないなぁとも思います。
中々デリケートな問題でもあるので難しいですけどね

【ネタ】いつも見間違えてしまう

皆さん、こんばんは。

今日はちょっとばかし仕事が残業だったり何だったりとで少々時間が足りないので、
申し訳ないのですが本日の日記はプチサイズでシンプル進行です。
明日からはきちんとまた元に戻りますのでご了承ください。


皆さん、思い込みって知ってますか?
「何々は~だから」みたいな感じで自身の都合の良い判断の原因になったりすることのあるあれです。
誰も人生において最低でも101回くらいはやったことがあるんじゃないでしょうか。



クルザスを旅していた時の事です。

クルザスは雪国。

冒険者、NPC問わず吐息が白くなる極寒の地です。


それゆえ、いつも見間違えてしまい、ああこれは違ったと思いなおすことがある物があります。


それはこちら




ffxiv_20200115_232717_560.jpg



おわかりいただけただろうか?


一見すると何気ないただの階段のようですが


途中の部分の模様……




自分にはどうしても氷に見えて仕方ないのです
※求む:同症状の人

何かね。何らかの事情でこの周辺にこぼれた水が凍ってそのまま溶けずにある、
まさにそんな感じに思えてしまうのです。


え?全然氷には見えない?



ああじゃあ、氷には似てないんですね


【日記】海を眺めていて

皆さん、こんばんは。

エオルゼアを冒険していると、色んな風景に出会いますね。
特に水に関する描写がとても綺麗で、
過去にお気に入りスポットの記事でも水場をけっこう取り上げた記憶があります。


先日、海をぼんやりと眺めていたのですが




ffxiv_20200111_184900_420.jpg


沖合にこう白い部分が出現しているのを発見しました。

この白い部分、どうやったら出来るのかメカニズムは自分は知りませんが、
実際の海を眺めているとちょくちょく目にすることがあるものだったりします。

こんなものまできちんと再現されている、というのを知って、
改めてこの世界を冒険するのが楽しみになりました。


あと、一つ余談ですが海辺をウロウロしていた際に見かけたもう一つの光景



ffxiv_20200111_185659_364.jpg



おわかりいただけただろうか




え? 何がって?



ただの波打ち際でララフェルが釣りしてるだけだろって?



いや、そうなんですが、
そのララフェルが釣りしている岩場……





立ち入り不可能なエリアになってるんです(右上のマップ参照)




彼?彼女はいったいどうやってあの岩場に侵入したのだろうか?
気になって気になって夜しか眠れないですね

【ネタ】意外とカッコよかった

皆さん、こんばんは。

スプリント使ってますか?
あの一定時間だけびゅーんと移動速度が上がって走り回れるあれです。
普段のちょっとした移動の時に使うととても便利ですよね。

これを以前使っていた際に偶然発見したのですが、





武器を構えている時に使用して走ると
普段の時とポーズが違う


ということを発見しました。

ほんと驚きですよ、奥さん。

初めて見た時は「ん?」と思わず声に出してしまいましたからね。

では早速見ていきましょう。


ffxiv_20200112_190412_054.jpg


普段、槍を構えて走るとこんな感じです。
三国無双の趙雲や戦国無双の真田幸村といった無双シリーズの槍装備キャラクタと似たような感じですね。
余談ですが、タナティさんはたまに無双ごっこと称して、納刀せずにこの状態でフィールドやダンジョンを走り回ってることがあります。もし見かけた際は「納刀忘れてますよ」とか指摘せずに生暖かい目で見守ってあげください。


ffxiv_20200112_190441_064.jpg


話は逸れましたが、こちらはスプリント状態で抜刀しながら走っている場合。
敵に凄い勢いで槍を突き刺さんばかりの気迫が伝わってくる、
まさにそんな感じを受けるこのポーズ。中々カッコいいです。

他のジョブでも同様に大なり小なり変わるので(モンクはめっちゃ走ります)、
気になるジョブで試してみると意外な発見があって面白いんじゃないかと思います。

【日記】降神祭、雪だるまあれこれ

皆さん、こんばんは。

11日からの3連休、いかがお過ごしだったでしょうか?
お仕事だった方々はお疲れさまでした。
自分は一応休みではありましたが、なんやかんやと出かける用事があって、
予想以上にエオルゼアを冒険できなかったのが残念です。
ほんと休日の時間の過ぎる速さはなんとかならないものでしょうか。


それはさておき、降神祭でも星芒祭から引き続き色々な雪だるまがいます。
今日はそんな雪だるまの中で気になったものをいくつか紹介します。


ffxiv_20200110_230304_834.jpg



まずはリムサでの雪だるま。
やたらとしめ縄をプッシュしている雪だるまたちです。
左右に侍る雪だるまもなぜかしめ縄の内部に鎮座するというプッシュぶり。
この絶妙なバランスで約2週間、待機し続けるのは中々の根性が必要そうです。
背景になっているしめ縄にはみかん+扇というこれでもかといわんばかりの正月アピールが素敵です。



ffxiv_20200103_001637_858.jpg


そして同じくリムサにいる雪だるま。
夜間に光るイルミネーションを背景にワンポイントとして設置しつつ、
更には自身の頭にみかんを乗せ、不知火舞に対抗せんばかりに扇を掲げています。
表情がにこやかで癒されるのも〇ですね。


ffxiv_20200110_230234_841.jpg


そしてこれはあまりにもドヤ顔なのが気になった雪だるま。
左右に侍らされている雪だるまの純情そうな顔との対比がなんとも狂おしいです。


ffxiv_20200103_221947_005.jpg


続いて紹介するのはグリダニアのミィケット音楽堂で展開されている雪だるま軍団。
雪だるまの世界ではみかんを頭に乗せるが流行っているのでしょうか?
右端のは調子乗って2個も載せています。
食べ物では遊んではいけないですよ。みかんは食べましょう。美味しいですよ。

そしてここの雪だるまは両手で扇を持っていたり、シルクハット被っていたりしますが、
中央の門松の三本の竹の中にミニ雪だるまがちょこんといるのがポイント高いです。
めっちゃ可愛いですよ。


ffxiv_20200103_223804_057.jpg


そしてウルダハではこちらの雪だるま。
雪だるま自体は小さいですが、門松をはじめとした周囲のぼんぼりや凧といった華やかさが、
やはり商人の街だけあってやたらと豪華な感じです。
同様の雪だるまがウルダハライディング降りてすぐの広場にもありますが、
周辺アイテムの豪華さではこちらに及びませんでした。



ffxiv_20200112_122906_562.jpg


あと、番外編ですがクイックサンドの入り口に正月飾りと門松が。
今年の正月は自分の周辺ではあまりこうした物を設置している場所が、
お店、個人宅問わずあまりなかったように思えたので、こういうのはとても嬉しかったですね。

残り一日となった降神祭、正月用飾りつけなどを見て回るのも良いかもしれませんよ?

【日記】夕日が綺麗

皆さん、こんばんは。

エオルゼアを冒険していていつも思うのですが
時間の変わり目というのがとても丁寧に作りこまれているなぁと思うのです。


例えば朝5時を過ぎた辺りから空の色がうっすらと色づいてくる光景。
空だ段々と明るくなっていくのですがほんのりと赤味がかかっている状態。
5年近く前に日が昇る前から起きて生活していたことが半年ほどあるのですが、
まさにその時に見た朝焼けを彷彿させるものがあります。



他にも夕方の日没前ですね。


ffxiv_20200111_175016_879.jpg


太陽が傾いた状態で間もなく沈んでいくであろう光景。


ffxiv_20200111_175034_341.jpg


この太陽光の光線?とも言うべき物がチラッと見えるこの瞬間が好きです。


ffxiv_20200112_123150_104.jpg


荒野で障害物が少なく、高台も多いウルダハで見る日没に向かう太陽もひとしおです。
まさに気分はワイルドアームズ。

残念ながら雨も多く国土の大半が森林に覆われて空が見にくいグリダニアでは
こういった光景は拝めないのが残念です。
プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は