fc2ブログ

【2202】宇宙戦艦ヤマト2202

自分なりのレビューを書いていこうと思います。


【宇宙戦艦ヤマト2202】
 「2」「さらば」のリメイク作品で、「2199」の3年後の話。「2」「さらば」では「1」の1年後、という設定でしたが、本作においては3年後というある種現実的な年月が経っています。地球の復興はまだ完全ではないものの、軍備をはじめとして着々と復興していっているという感じです。
 反乱覚悟でのヤマト出港→第11番惑星での戦闘→テレザート攻防戦→土星沖決戦→ヤマト大破→デスラー襲撃→対都市帝国戦みたいにイベントとして大筋は「2」を意識して「さらば」の要素もいくらか取り入れる、という感じで展開していますが、アンドロメダが第1話でいきなり実戦に参加していたり、と変更点は多いです。

 特記すべき大きな評価点はキャラクタの性格が旧シリーズの原作準拠に戻った事。「2199」では古代と島の性格が真逆になっていたり、デスラー総統がデスラーの名を語る変態だったり色々とおかしなことになっていましたが、本作ではきちんと古代は古代らしく、島は島らしく、デスラーも大きく名誉回復されています。
 他にも「死」に対するとらえ方が「2199」と大きく変わったのも評価点です。「2199」では端的に言うと死を賛美する表現、演出が多々ありましたが、本作ではそういうのは無いです。日常のありふれた光景が一瞬で消し飛んで悲劇となってしまう、という畏れとも言える表現が多いです。艦船、航空機といった見た目にカッコイイ兵器の光の部分だけでなく、そういった物によって一瞬で日常が崩れる、死者が出る、という影の部分にスポットを当ててる、と言えばわかりやすいでしょうか。


 一方で残念な点で大きな物は4つあります。
・大戦艦が多すぎる
 白色彗星帝国の圧倒的な戦力、ということで「2」「さらば」でも300隻近くの大戦艦は登場しましたが、本作では500万隻以上の大戦艦が登場します。1隻で1個艦隊を相手取る火力を持っているので過剰戦力気味に加え、この数の多さが物語の色々な部分で辻褄が合わなくなる原因になっています。

・キーマンが出しゃばりすぎる
 中盤以降、古代の立ち位置をほぼほぼ食ってしまっていて、「2202の主人公」などと皮肉を言いたくなるレベルで出番がありまくりです。おかげで古代が中盤以降の影の薄さに拍車がかかり、前半は波動砲発射云々に悩み、後半は森雪の負傷による記憶喪失で悩み、と物語全体的にうじうじした印象を与える原因にもなってしまいました。

・土星沖海戦が大味すぎる
 「波動砲艦隊構想」というものが出てくるので波動砲の大判振る舞いは仕方ないと思います。ただ、「2」での土星沖海戦であったハラハラドキドキの緊張感は無く、戦闘も合間合間に別シーンが挿入されるのでしらけ気味になってしまいます。あとは艦船の並び方が観艦式でもやってるのか、と言いたくなるくらい整然と並んで戦闘中も航行しているのも原因だと思います。

・一部メカのデザインがカッコ悪い
 これは自分の好みの影響もあると思いますが、アンドロメダの空母タイプのデザインが気持ち悪くてカッコ悪いです。素直に「2」やゲーム版に登場した主力戦艦を元にした宇宙空母のデザインではダメだったのでしょうか?
 他にも彗星帝国本体のデザインも残念でしたが、その後の最終形態も脱皮中の何かっぽくて残念でした。
スポンサーサイト



プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は