fc2ブログ

【日記】ブレイフロクス&ギルドオーダークリア

昨晩、ブレイフロクス野営地の踏破に成功しました。



LSの方々はダンジョン出撃中で不在だったので、
思い切ってCWLSの方で何気に初?のダンジョン攻略募集。



ダンジョンの内容を詳しく書くとネタバレになりますので割愛しますが、










ffxiv_20190909_233218_458.jpg



普段暗い洞窟での戦闘が多い中、

このダンジョンは屋外なので、とても開けていて景色が綺麗でした。



終盤のボス戦ではNPCの味方増援が来てちょっと笑えました。










ffxiv_20190909_234411_359.jpg



最後は終わった頃にやって来た味方増援と一緒にSS撮影。


とりあえずこのダンジョンは視覚的にステキなので、
今後も何回か訪れたいですね。





その後はギルドオーダーをプレイ。

カニさん主導の解放軍に参加し、5つ子のカミオを撃破。

次のふくよか3人衆(なんか三好三人衆みたいだ)では初の8人パーティを経験











ffxiv_20190910_001600_788.jpg

無事に攻略成功し、8人全員でSSを撮影。

中々上手いこと全員が収まったものが撮れず、カニさんがやや隠れ気味。
まだまだ技術を磨かないといけないです(^^;)


とにもかくにも参戦された方々、お疲れさまでした。











ffxiv_20190910_001846_146.jpg

ffxiv_20190910_001839_165.jpg

それにしても、ギルドオーダーの最終クエストでの戦場はやたらと幻想的でしたが、
ここはいったいどこなんでしょうかね?

以前一撃確殺SS日記で見たモードゥナがこれに似てる気がするので、そこかもしれません。

まだ見ぬ土地に期待が膨らみます。

【日記】意外な発見

皆さん、おはよーございます。



昨晩は台風が関東を直撃し、鉄道を中心とした交通網に混乱が生じています。
雨風もまだまだ強いので、該当地域の方々は注意して行動してください。


なんらかのダメージを受けてもエオルゼアのようにHPが急速に回復することはないし、
レイズも存在しないので、ほんと注意してくださいね




それはさておき、こないだダンジョンに潜っていた際のお話です。





ゲットしたエーテリアル装備を確認し、
「あれ? これは以前もゲットしたなぁ」と思いつつ装備詳細を眺めていたところ











追加パラメータが違うことを発見しました
















(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)












ffxiv_20190903_102515_018.jpg


他にも武器で1点確認できましたが、
どうやら最初の特定のパラメータは同じで、それ以上はランダム追加?っぽいです。
今回のように追加されるパラメータの個数も異なる場合があるようで、
この個数が多ければ多いほどラッキーだというわけですね。

ちなみにグランドカンパニーに納品する際に貰える軍票の差はないので、
納品する際は追加パラメータ数が少ないのをお供えすると良いと思います。


【日記】アチーブメント特典

皆さん、こんにちは



突然ですが、アチーブメント特典をご存じですか?




何かクエスト進めたり、
ダンジョンを踏破したりすると表示される称号みたいなもの


それの横に5だとか10だとかポイントっぽい表示も出ていますね




これらはただの自己満足の塊かと思っていたのですが、








どうやら違うようです








ffxiv_20190822_222304_599.jpg

以前なんとなくアチーブメントを確認していた際に
操作を誤ってヘルプを表示させてしまったら、思わぬ事が書かれていました。




グリダニア旧市街のジョナサスが何かくれるらしい



物事が動くのは、偶然や失敗、何かの過ちだったりすることが多いものです。



今回たまたま押し間違えて開いたヘルプで思わぬ状況をゲットしたタナティさん




もうね、それを見てすぐさまグリダニアにデジョンして戻り、
ジョナサス捜索しましたね。



8月中旬から下旬へと差し掛かるまだまだ暑い時期に
グリダニア旧市街をスプリントで走り回りました。




このファミリーレストランみたいな名前の彼が交換してくれるものは、
マメットやマウントなどあります。


冒険に直接貢献するものは無いように思えますが、
チョコボ以外のマウントが欲しい
連れてあるけるマメット増やしたい、

という方は彼を捜索して訪ねてみるといいでしょう。


マップ上ではトロフィーみたいなアイコンで表示されてる人です。

【ネタ】エオルゼア最凶の魔物

皆さん、おはよーございます。


まだまだ暑さ続く日々、熱中症に気を付けて過ごされていると思います。
そんな心配をしないために、休日はエアコンのきいた部屋でエオルゼア生活しましょう(何



それはさておき、エオルゼアで色んな敵が存在しますが、
皆さんの中で

「こいつこそ諸悪の根源」だとか
「これほど悪い奴は初めてみた!」

とかいう存在が色々といると思います。






自分もつい先日、そういった極悪な魔物と遭遇しました。





おそらくエオルゼアでの敵で極悪ランキングつけるなら、
間違いなくトップ10入り、いやベスト3入りでも良いんじゃないでしょうか?




まだ新生編の道半ばだというのにこんな凶悪な魔物をぶっこんでくる辺り、
創造神ヨシダは中々いやらしいですね






あれはメインクエストを進めていた時のことです。





立ち寄った先の風景が気になり、
とてもステキな滝ポイントを発見したので、
そこでSSをパシャパシャ撮ってた時に奴が現れました。






そいつを収めたSSがこれです











ffxiv_20190822_233056_916.jpg


ちょっとあまりの凶悪っぷりに、やや遠距離からの撮影になりますが、
茶色い毛のしたもこもこした魔物です。



奴の名は「ゴッサマー」











え? もこもこしてて可愛いだけじゃないか、って?













何を言ってるんですか、よく見て下さい












「人の夢に現われて発毛力を吸い取ると伝えられる魔物」なんですよ!












全エオルゼアで薄毛に悩む男女諸氏が、
充分な睡眠によって薄毛を軽減しようとしても、
こいつはそういった努力を嘲笑ってくるのです









なんとも許せないですね。






普段なら採集中、SS中でのFATE遭遇は回避するのですが、
この一文を見た瞬間、全エオルゼアで薄毛に悩む人々のため、
戦闘職にすぐさまチェンジしてこの凶悪なゴッサマーを討伐しました。








ffxiv_20190907_095816_261.jpg

わざわざクエストを2度も発注してくるほどの彼のような存在が
1人でも少なくなるように

【日記】FC&LC内イベント参加

昨晩、FC&LSのメンバーでのイベントが行われました。



内容は


FCマスターの瑞穂さんのサブキャラがグリダニア市街に隠れているので、
制限時間の30分以内に発見すること







集合場所はベントブランチ牧場
(ずっとベストブランチだと思ってたのは内緒です)





ffxiv_20190905_223422_537.jpg


集合場所に到着すると、もう皆さん待機中。



ワイワイガヤガヤとチャットでお話したり、
フレンド申請やったりとで開始までの時を待ちます。








ffxiv_20190905_224208_218.jpg


皆色々と服装を変えたり、飛び跳ねたりしてました。


特に終盤にマウントの馬を並べたりと壮観でした。
異なる色、容姿で4頭だったかな?
SS撮り損ねたのが悔いです。




そして、ついにイベント開始時間が告げられ、時間になると同時に皆出発。

さすがにこの時は私もテレポ使いましたよ?






皆であちこち探す中、瑞穂さんによるチャットでの謎の座標報告


さっき探した場所だけど何かしらヒントでもあるのか?

いや、もしかして定点で隠れているのではなく動きまわってるのか?

とレイテ沖海戦での栗田艦隊もびっくりなほど反転してみたりしてました。







ffxiv_20190905_225103_464.jpg



うろうろと捜索していたら落下した水場付近にいた女性。
無言で深夜に水辺で佇む姿がなんともホラーでした。



にしても、グリダニア市街は地味に広いなぁ。

最近はエーテライトでのショートカット多用であまり歩いていなかったなぁ、
などと思っていたら、遂に発見報告が






皆が続々と発見場所へと集合し、最後は皆で集合写真を撮影





ffxiv_20190905_230339_754.jpg


こないだの光のお父さんコスプレ撮影会後にSSの撮り方を勉強したので、
その時に比べるとけっこういい感じの集合写真が撮れたんじゃないかと思います。






ffxiv_20190905_231010_621.jpg



まぁまだまだアングル、構図の設定に手間取り気味なので、
1枚目のような適度な距離へ到達するまでに
↑みたいな色んな謎カットになることがしばしばですが(^^;)

とにもかくにも、イベント企画して頂いた瑞穂さん、
参加して頂いた他の参加者さん、ありがとうございました。

【日記】エオルゼアお気に入りスポット003

皆さん、おはよーございます。



不定期連載を続けるこのエオルゼアお気に入りスポットシリーズ、


前回前々回とグリダニアを紹介していたので、
今回は別の国、ウルダハでの紹介をしたいと思います。








場所はベスパーペイを出てすぐにある、物言わぬ王周辺




ffxiv_20190831_233635_765.jpg


滅んだ過去の王朝の遺跡であるこの地域









ffxiv_20190831_233755_695.jpg


当時を偲ばせる石柱などがゴロゴロと転がっており、
エオルゼアにおける歴史を感じさせる歴史スポットにもなっております。


栄華を極めたであろう文明がいまやその姿を見ることはできない。
一部の石像、建造物の残骸から推し量ることしかできない。

なんともロマン溢れるスポットです。



もうね、徒歩で手前に向かってカメラ目線で蘊蓄語りながら
「ここでクエスチョンです」とか言いたくなりますね。



そう、エオルゼア不思議発見!ごっこに最適な場所でもあります。





ffxiv_20190831_233856_680.jpg



この王朝が存在していた時代はどういう状況だったのか?
ウルダハ同様ララフェルが国主だったのか?
軍事面内政面ではどんな体制だったのか?
市井の人々はどういう生活をしていたのか?

などと考えると面白いかもしれませんね

けしてラピュタの終盤観ていて思いついたわけではありません







ffxiv_20190831_233710_090.jpg




そして地形的にどういう構造になっているのか、上まで登れないのでわかりませんが、
この周辺地域、小さめながら滝がたくさんあって滝ってます。

滝幅は狭いものの高低差はがっつりあるので、滝り度は中々です。

数も多いのでどれか一つは皆さんお気にいりの滝が見つかるかもですね。




物言わぬ王へお越しの方はベスパーペイを出てすぐ。
ベスパーペイへはリムサからの定期便(80ギル)がお勧めです。
なお、観光の際は遺跡調査をされている方々の迷惑にならないようにお願いします。

【日記】ハウケタ御用邸クリア【ネタバレ有】

皆さん、おはよーございます。



先日、無事にハウケタ御用邸をクリアしました。



そもそもこのハウケタ御用邸、
自分が発見したのはメインクエストでの到達より少し前のこと。






ffxiv_20190829_231433_851.jpg


マルセット先生の知的好奇心を満足させるべく、










ffxiv_20190829_231549_982.jpg



その雑用で疲弊していた第一助手という名のパシリに更にパシらされた時です。











ffxiv_20190829_232355_325.jpg


森の中をうろうろとさ迷っていたら、何やら怪しい建物を発見。






こんな森の中に違和感しか感じさせないような豪邸。








ffxiv_20190829_232414_804.jpg



更に門番と言わんばかりに一つ目のアーリマンもどきを撃破して、
臨戦態勢のまま中に入って調査を開始。






まず自分が向かったのは……





















ffxiv_20190904_093257_705.jpg



庭園で釣りでした














水場を見つけたらまずは釣り、これは絶対










その後、まだここへは挑戦できないことがわかり、この日は帰宅。










前置きが長くなりましたが、
先日、ようやくメインクエストでここを攻略することに。









厄介な敵でメイドがいる、と聞いていたので、
ちょっとばかしワクワクしながら準備して挑戦。














衝撃を受けました









あいつらメイドなのにメイド服着てないんですよ














空飛んでるんです















空飛ぶメイドですよ






空飛ぶタイヤって映画ありましたが、
メイドまで空飛び始めましたよ








格好もメイドというよりサキュバスっぽい感じ











ffxiv_20190901_233353_432.jpg



せっかくメイド服を課金して幻影投影して持って行ったのに、
大きな肩透かしをくらいました。





「敵もメイド服、自分もメイド服で乱戦時にわかりにくいよ!」
と、つっこまれるのを期待していたのに、
そんな夢は大きく打ち砕かれました







使用人で動く骸骨雇ってるくらいホラーなお屋敷ゆえ、
仕方がないのかもしれませんが













ffxiv_20190901_235205_654.jpg



ただ、このお屋敷、ステンドグラスが綺麗でした。







ffxiv_20190901_235429_183.jpg


ffxiv_20190901_235552_263.jpg


勝利後のオフショットを撮影。
全体的に暗い部屋のダンジョンなので中々難しいです。

【ネタ】釣り人の癇癪

皆さん、おはよーございます。



8月末はやや暑さも収まり、このまま涼しくなっていくかと思いきや、
9月に入ってまた30度オーバーな日々が続くらしいことが決定したようで、中々デンジャーです。



それはさておき、今回は紅蓮祭の際に見かけた釣り人のお話です。





以前の日記でコスタデルソルで水着姿で自撮りして遊んでいた際

自撮りも充分に楽しんだので、上陸しようとしたら













ffxiv_20190825_180558_108.jpg




カニがいっぱいいました








明らかに好戦的なカニです。








しかもわんさかいます。







カニは好きですが食べるのが専門です。
倒すのは専門外です。







近場での上陸を諦め、紅蓮祭会場周辺まで泳いでいき、
釣りクエストをまた何回かこなそうとしました。






その際に「お? 祭も終わり間近だから追い込みで釣りしてる人がおるな」と思って近づいた所、
その釣り人はNPCでした。



エオルゼアの地では名前のあるNPCはこちらから話しかけない限りは延々と無口ですが、

名前の無いNPCは近づくと吹き出しで向こうから話しかけてくるアグレッシブな方々。


名前のあるNPCは何かと冒険者から構って貰えるので余裕たっぷりですが、
名前の無い彼らは自分から積極的にいかないとダメなんですね。
聞きたくもない話を聞かせてくる、なんて思わず彼らのアピールに耳を傾けてみましょう。



そんな釣り人NPCが口を開いたのは













ffxiv_20190826_000903_674.jpg


「騒がしい女が近くにいると魚が逃げてしまいますね」












ディ、ディスられた!?










ffxiv_20190817_001549_021.jpg


エオルゼアの民はほぼ優しい言葉しかかけてこないというのに、
この釣り人はそんな禁忌を犯してディスってきただと!?



男性冒険者の場合は「騒がしい女」が「騒がしい男」になるんだろうか?
とか思いつつ、











なんというか、釣り邪魔してごめんね






とその場を立ち去り、少し歩いた先にいたもう1人の釣り人に近寄ってみる











ffxiv_20190826_000908_854.jpg




「チッ、カルヴァランの野郎! 先に釣りあげてやるっ!」
















犯人はお前か!






どうやら最初の釣り人はこの釣り人に対して「騒がしい女」と言ってたみたいです。
「釣りあげてやるっ!」と「!」の前に「っ」を付けてるくらいです。
相当騒がしいんだと思います。

そして最初の釣り人はカルヴァランという名前みたいですね。
なんでこの女釣り人に恨みかってるのか知りませんが、他に迷惑だけはかけないでね

【ネタ】カッパーベル銅山……?

皆さん、おはようございます。



今回はちょっと紹介するのは、カッパーベル銅山に関してです。



ウルダハのホライズンという拠点から東に少し進むとある鉱山ですね。








ffxiv_20190902_092300_302.jpg


説明を読む限りでは300年前に一旦廃坑になったものを
最近になってから最新技術によって再開発が行われている銅山のようです。


良いですね。こういうの。
なんだか現代でも普通にあり得ることがエオルゼアの地でも行われている。


それだけでこの世界の歴史というのを感じることができます。



銅山なのにさらにカッパーと重ねてくる辺り、
全盛期にはそりゃびっくりするほど銅が採掘されたのでしょう。






そして、ダンジョン入り口周辺も鉱山らしくそれなりの採掘スポットがあります。






きっと鉱山内以外にも溢れださんばかりの銅があるのでしょう。










期待を込めて早速採掘を開始してみると



















ffxiv_20190831_002630_027.jpg










銅どこやねん




これはあれか?
枯渇したのは銅だけで鉄はガン無視だったってことか?
この地方の民にとっては銅が貴重で鉄は不要のものだったのでしょうか?
鉄器作らず銅器にこだわったり仏像とかたくさん作ってたんでしょうかね?


日本でも今では日常品に素材の一部として使われている鉱石が戦国時代ではゴミ同然だった、
というようなものがあるようですが、そんな感じなのか?


銅山のはずが鉄鉱しかないという衝撃の事実に
採掘班はただ驚愕しつつ採掘を続けた

【日記】エオルゼアお気に入りスポット002

皆さん、こんにちは。


昨日アップしたエオルゼアでの自分のお気に入りスポットを紹介するこのシリーズ1作目



自分の日記史上最多いいねを頂くなど、
自分の想像以上の反響があり、びっくりこきまくりです。
(最多閲覧数はゴールドソーサーでの隠れマクドナルドがぶっちぎりですが)




というわけで、本来ならネタが無い時で良いかな、と思ってたのですが、

急遽第2弾を本日アップしちゃいます。









ffxiv_20190831_000045_738.jpg



今回紹介する場所はこちら。


またしてもグリダニアからの紹介になりますが、
中央森林にあるバノック練兵所の北側入り口すぐ横に横たわる巨木です。


手前に弓練習場の的が設置されているのは、
練習の際に明後日の方向に矢が飛んでしまった場合、
この巨木に刺されば二次被害など発生しにくい、という考えがあったからかもしれません。



この練兵所を設立された際の歴史を感じることができますね。知らんけど。







そして、この巨木は内部が空洞になっており、入ることができます。











ffxiv_20190830_235904_448.jpg




適度に苔むした感じとかまるで天然自然の宝庫である屋久島を連想させますよね。

























屋久島行ったこと無いけどね








ちなみにここでのステキポイントはズバリ晴れの日。








ffxiv_20190830_235930_457.jpg

晴れの日だと、この巨木の朽ちた部分から太陽の光が射しこむので
中から見上げた際には、内部の暗さの中に光の筋が入ってとても綺麗です。


是非とも皆さま、晴れた日にバノック練兵所の傍を通った際は、
この巨木に潜り込んでみて下さい。



バノック練兵所へお越しの際はグリダニア青狸門から駆け足で約20分(エオルゼア時間、スプリント無)
駐車場はございませんので、徒歩もしくはマイチョコボをご利用下さい。
なお、訓練されてる兵士が多々おられますので、
見学はその方々へ迷惑にならないようにとのことです。
プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は