fc2ブログ

【日記】仮装大会

皆さん、おはよーございます。



日中はいまだに暑くありますが、
昨晩はけっこう涼しくてクーラー不要だったりして驚きました。

皆さん、体調を崩さないように注意して下さいね。




それはさておき、先日の3連休の事です。




所属するCWLSにおいて、番長ことBanjoeさん企画のイベント
















エオルゼア仮装大会





が開催されました。






今回のテーマはなんと















野菜!












ベジタブルです、はい







3連休の間毎日、時間が異なるものの開催され、
多くの人に参加機会が与えられた内容になっていました。




自分はその中の1日に見物客として参加してきました。










ffxiv_20190915_150515_417.jpg

まずは開会の挨拶として、
司会のなすびBanjoeさんからご挨拶











ffxiv_20190915_150739_147.jpg


挨拶が終わると1人目の参加者から順番にステージへ登壇。







ffxiv_20190915_151511_548.jpg



ffxiv_20190915_152300_327.jpg


皆さん、歌あり、ダンスあり、でノリノリで演じられておりました。








ffxiv_20190915_152112_705.jpg



参加者の準備時間の幕間では、
BanjoeさんによるMCでつなぐ1シーンも







ffxiv_20190915_152853_720.jpg



最後は皆で集合写真を撮った後は









ffxiv_20190915_152945_690.jpg


もはや恒例となった番長が仮死状態になったり、








ffxiv_20190915_153136_052.jpg



何故か皆で踊り狂ったり






ffxiv_20190915_153524_970.jpg


有志による演奏会が開かれて終了しました。

1時間ほどの短い時間でしたが、中身がけっこう凝縮されていて楽しかったです。

企画運営された方々、参加者の方々、ありがとうございました。

【日記】アチブFATE巡りツアー

皆さん、おはよーございます。



日々日記に書きたい内容が山ほどあるものの中々消化しきれず、
時事的な物によってはどんどんと過去の物になってしまい焦ってしまう今日この頃です。



記事化された際に






「これって大昔やん」





とか






「以前の日記より時系列前だよね?」







とか思っても、それはこっそりと胸の内に秘めておいて
大人な対応をお願いします、はい。






とまぁそれはさておき、今回は先日の15日晩でのお話。






FCマスターの瑞穂さん主催による
アチーブメント対応FATE攻略ツアーに参加してきました。






グリダニアの東部森林のレジーロレンス
リムサのコスタデルソルでのカニ


このどちらか出現していた方から開始、ということでしたが、

カニはまだ出現しておらず、

既に出現していたレジーロレンスをイベントの露払いにすることに








ffxiv_20190915_220038_828.jpg

続々と集まってくる参加者達。

時間帯が夜だったのが雰囲気出ていて良い感じです。

これから犯罪組織の立てこもる施設に突入する特殊部隊、
みたいな感じがガンガンします


突入部隊のパーティ編成が終了してまもなく、

瑞穂「残り時間20分になったら攻撃を開始する」

と作戦開始時刻が通達され、おのおの最後の準備確認。
その後瑞穂さんの突入の合図を元に皆が攻撃を開始し、無事に殲滅








ffxiv_20190915_221316_517.jpg

レジーロレンス後にコスタデルソルに出現したカニも平らげ、








ffxiv_20190915_221921_606.jpg

一通り花火を楽しんだ後は











ffxiv_20190915_225355_557.jpg


クアールを倒し、その近くにいた別のカニも撃破







一連のモンスターを倒しながら皆の脳裏を駆け抜けたであろうことが一つあります。










それは















レジーロレンス
カニ2匹
キマイラ
クアール




















そう、これはアチーブメント対応FATE巡りツアーと見せかけて
実は鍋具材採集ツアーだったのです!













(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !! (`・д´・ (`・д´・ ;)














レジーロレンス(野菜)
カニ2匹(蟹)
クアール、キマイラ(獣肉)









……まさに鍋にぴったりじゃないですか












まだ暑い?












そんな事言ってると
























ffxiv_20190915_230838_581.jpg

恐竜と追いかけっこですよ?














ffxiv_20190915_231657_253.jpg


最後に具材を横取りしに来たかのような巨人も倒して終了。

この敵の100トンスイングを食らうと即死ですが、
そのまま平行移動で吹っ飛んでいく様が不謹慎ですがちょっと面白かったです。













自分も2回ほど吹っ飛びましたけどね!












その後は皆で駄弁りながらのマウント披露


皆さん、ほんとに色んな種類のマウントを所持されています。












ffxiv_20190915_232828_842.jpg




中でもUFOキャッチャーのアームみたいなマウントで5人並んでいたのは面白かったです。




是非とも全国のゲーセンのUFOキャッチャーのアームは、
このマウントのようなアーム力を見習うべきですね。

【日記】エオルゼアお気に入りスポット005

皆さん、こんにちは。



不定期連載で自分のエオルゼアでのお気に入りスポットを紹介するこのコーナー。


今回で無事5回目を迎えることになりました。



今回紹介する場所はこちら















ffxiv_20190911_101319_726.jpg

場所はウルダハから北西へと進んだ先にある拠点ホライズンのすぐ東側の小さな丘の上。

座標で言う所、X:23.9 Y:19.1 辺りになります。




ここから東を眺めると














ffxiv_20190911_101302_480.jpg

ウルダハの町並みが












ffxiv_20190911_101338_704.jpg

北東を向くとカッパーベル鉄山銅山、ホライズン、ウルダハへの三叉路、

南を向くと1枚目の景色が広がり、なんとも味のある風景が楽しめます。




特に三叉路のある風景、中々良いと思いませんか?


所々に生えているサボテンや茂みがなんとも絶妙なバランスで
道に対して自己主張しすぎず溶け込んでいるのがなんとも素晴らしいです。


道路もメインの道は石で舗装されているものの、
一度は廃坑になったカッパーベル方面は舗装されておらず土道。
ここはこれから舗装されるのか、大昔は舗装されていたけど朽ちたのか。


ここを行き交う冒険者、行商、鉱山へと通った採掘士といった人達の
歴史、ドラマを想像したりするだけで胸がワクワクします




更にはウルダハは晴れが多いようで、夜景も楽しめます。








ffxiv_20190831_225506_633.jpg


満天の星空の下に広がるウルダハの町並み


星々の光だけでなく町の明かりもぼんやりとあってなんともステキですね。



ラクダの代わりにチョコボを呼び出して連れまわしながら、
いかにもアラビアな雰囲気のBGMをかけたくなります。







ちなみに、曇り空で空がよどんでいる場合は














ffxiv_20190918_000641_867.jpg


魔王城に挑む勇者みたいなSSも撮影できます。
この時は周辺をうろつくペイストがとても良いアクセントになります。




場所は拠点ホライズンの東口を出てすぐ南の小さな丘。
周囲にはペイストなどの肉食生物がわんさかいますので、
レベルが一桁前半の方は注意してお越しください。

【日記】いつかどこかで

皆さん、こんにちは。




昨晩のことです。





所属するFCのマスターである瑞穂さんからお呼び出しがあり、

FCハウスへと向かいました。














ffxiv_20190917_000210_123.jpg

すると、そこにはFCメンバーをはじめLSメンバーなどが一同に会してました。











何何? 何の集まり?














ハウジングに関しての会議?


















と思ってたら自分が入室した際には花火も上がってたし、









Foriaさんが「こういう会をしてくれるとは思ってなかった」
みたいなことを言ってたし












これはあれだ、お誕生日会だな?
と思ってましたが























様子を見ていると何かそういう空気ではない






















お誕生日会ではなくお別れ会でした













自身の古巣へのDC(データセンター)移動を行う、ということでした。






既にコンパニオンアプリでForiaさんからコメントがあったのですが、
その時点では自分はそれに気づいておらず、それに気づいたのは日付が変わった後の事。


この時点では自分にとって降ってわいた案件で頭の処理が少々追い付いてませんでした。







脳内で「無限に広がる大宇宙」がエンドレスでループされる中、

お別れするのはとても寂しいけど、
本人がきちんと心から納得して決断したことであるなら、
笑って送り出してあげたい、

難しいけどそういう風に思えるようになってきました。




他の人とのやり取りを見ていると
自分の大好きなRPG「ワイルドアームズ2」のエンディング曲を思い出してきました。

まさに今この状況にぴったしだと思います。

麻生かほ里の「Zephyrs’s」
興味のある方は是非とも↓にyoutubeのアドレスを記載しておきましたのでどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=vEgT2C_Oqz8




Foriaさんとはダンジョンなどあまり一緒にいけませんでしたが、
LSでのチャットや日記でのコメントから滲み出る人柄に癒されたこともしばしば。

幸いにもロードストーンでの繋がりは残りますので今生の別れとはならないのが救いです。



現在の段階で悔いがあるとしたら、

冒頭に撮影したSS、
後ろ姿で正面向いて撮影出来たものがなかったのが残念なこと
























そのスプリガンの帽子、
どこで売ってるのの!?
教えてください!

【日記】新生祭も残りわずか

皆さん、おはようございます。




まだまだ暑さ続く状況ですが夜はまだ過ごしやすくなったのではないでしょうか?


そんな秋の訪れをちょっとばかし感じさせる中、
先月から行われていた新生祭ももうすぐ終わりを迎えます。









ffxiv_20190828_190155_397.jpg

漂着したビンの回収ができるのも残りわずか

花火と交換できるのも残りわずかです










ffxiv_20190828_193831_056.jpg

色んな創造神からの啓示が読めるのも残りわずかです


これはたくさん種類あるみたいですが、全体的にどれくらいあるんでしょうかね?

大ビンは1種類しか無いのかもしれませんが、
小ビン、中ビンはそれなりにレパートリーがあって大変。

自分はまだコンプできてないです



そして、グリダニア、ウルダハ、リムサの3国で設置されているモニュメントも
改めて眺めて回るのもありかもしれません。







ffxiv_20190829_102103_149.jpg



ffxiv_20190828_191900_254.jpg




ffxiv_20190828_190801_738.jpg




新生祭自体が初めてなので最初はわかりませんでしたが、
このモニュメントに近づくと音楽がおなじみの曲に変わります。
最初はその仕様がわからなくて、ちょっとばかし混乱しましたが。



3国独特のデザインの違いがあって面白いですが、














リムサではエーテライトと勘違いして
「全然ワープするための選択肢出ないぞ! バグったか!?」
と1人混乱してた時があったのは内緒です

【日記】FCハウス落成

皆さん、こんにちは。





一昨日の事ですが、遂にFCハウスが我々のFCにやってきました!










ffxiv_20190915_105754_447.jpg


お国はウルダハです。










ffxiv_20190913_223027_263.jpg



夜には花火が綺麗に見えて、
近くにある大きな風車も楽しめるとても景色の良い場所です。












ffxiv_20190913_222022_001.jpg


地下室まであって驚きました。












ffxiv_20190913_225220_759.jpg

FCの皆やFCマスターの瑞穂さんの知り合いの方々、LSの方々などがお祝いに訪れ、
賑やかな一日になりました。




以前からたびたび瑞穂さんが整備中の物件を夜中まで整備終了を狙って待機していたり、
他の入札相手と我慢比べしてたりされてして苦労をおかけしていたので、
今回無事に土地購入に成功してFCハウスが落成したのは、とても嬉しかったですね。


ほんと、ありがとうございました。





そして、FCハウスではFCメンバー用の個室があてがわられるとのこと。



これはもう、自室のハウジングが楽しみです。













が、そのためには条件が必要です。








個室増築には30万ギルが必要なのは仕方ないにしても


新生編クリアしていないといけないようです。























自分はまだ新生編はクリアできてません!












自室を手に入れ、ハウジングを楽しむのはまだまだ先の未来のようです。













ががんとす!

【日記】わいわいがやがや

皆さん、こんにちは。



最近少し涼しくなった日もあれば暑さが盛り返したりだとか
中々安定しない日が続いていますが、体調など崩されたりしていないでしょうか?




それはさておき、今回の日記は時間軸として昨日の日記「嬉しい誤算」の続きになります。



それはSqualiさんとなんともドラマティックな出会いをした後、
鉱脈探索もひと段落がつき、そろそろ寝ようかな、と思った時でした。



所属しているCWLSに新たに人が2人入られました。



CWLSマスターの番長ことBanjoeさんが「2人を直接見に行く」という発言をし、
丁度その場所がグリダニアでありました。



その時、自分はグリダニアの双蛇党拠点で納品できそうなものが無いか確認していた状況。





番長から「2人とも美人さん」という情報も流れてくる














これは行くしかない













というわけでワールド間テレポを利用して遊びに行ってきました









ffxiv_20190913_000020_865.jpg



夜間だったのと、SS撮影の際のポジショニングがいまいちだったためわかりにくいですが、
左から2番目の方と右端の方のお二人でした。


2人とも美人さんでした。
服装も可愛く着飾ってステキでした。


その後、CWLSの人が続々と集結し、日付が変わった直後のミニテンダーくじカウンター並みに。
このままでは他の人の邪魔になる、ということで場所をグリダニアの飛空艇乗り場前へ移動






ffxiv_20190913_001639_980.jpg

演奏会も開催され、
ゴールドソーサーやFF2の戦闘曲などが演奏されました。

3分クッキングがちょろっと演奏された時は笑えました。





ちなみにグリダニアのエーテライト前で合流した際に、
CWLSの他の人にも教えようと自分も「2人とも美人ですよー」と発言したところ

















ビギナーチャットに誤爆しました。








すぐさまビギナーチャットで
「どこのお店ですか?」
「どこへ行けば会えますか?」


など瞬間的に反応がありびっくり。















うん、まぁそういう反応、自分は好きだよ。

















「誤爆しました」と返信したところ















「その誤爆は気になる」



など更に返ってきました(^^;)





みんな、チャットで発言する時は宛先を改めて確認しようね(^^;)

そうしないと

























ffxiv_20190913_001935_019.jpg
CWLSオトラが生み出した究極生命体スママル番長がお仕置きにくるよ

【日記】嬉しい誤算

皆さん、こんにちは



皆さんは普段、エオルゼアでどのように遊んでいますか?


自分は仕事帰りの途中などに


今日はメインクエストをいくつか進めよう、だとか

皆が都合付きそうならダンジョン行ってみようかな、だとか

素材の〇〇が不足気味なので採集に行こうか、などと考えてます。



とは言え、実際に行動する時に気が変わったり、誘いを受けたりなんなりで
目的は変わるのはザラです。


昨晩はとりあえず不足気味の資材の採集と、
自分の知らない鉱脈など採集ポイントの発見を目指すことに(攻略wikiは見ない派なため)


採掘士になって園芸師用のスキルも発動させ、
鉱脈レーダー、伐採レーダーを同時発動状態に。

レーダーを二つも起動させて、気分は森雪です。


場所は、資材確保も兼ねてウルダハから出発し、北上。




すると進んで間もなく、FATEが発生。

グランドカンパニーで軍票で装備品交換をしたいタナティさん。

軍票目的で戦闘職にチェンジして交戦開始。




すると、別の冒険者も戦闘していたようで、自ずと共闘することに。



戦闘中にチラホラ見えるその冒険者さんの名前に既視感をビシバシ感じつつ、
無事にFATE終了。










これは多分、あれだ。知ってる人だ。











でも、もし人違いだったらカッコ悪いしな











どうしよう?












間違ってても謝れば大丈夫だよね












いいや、聞いちゃおう











まずは挨拶からだ。「こんばんは」と















ffxiv_20190912_230931_063.jpg



と思った瞬間に、相手から話しかけられました













そう、「こんばんは」と










やっぱり挨拶は大事、絶対



どうやら相手さんもこちらの名前に見覚えがあったようで、
自分と同様に気になっていたようです。


お相手はロードストーンで交流が出来た方であるSqualiさん。
お互いの日記に双方それぞれ何回かコメントやいいねをしていた相手でした。

思わぬ巡り合わせによってテンション上がりつつ、フレンド登録を。

ほんと人の縁というか巡り合わせというか、そういうのって面白いですね。
狙ったわけではなく偶然っていうのもまた面白いです。

例えば、今回の件で言うなら自分が今日の目的を採集にして、
ウルダハから北上しなければ遭遇しなかったわけです。
Squaliさんもなんらかの目的でここへ来ていなければお互いが出くわさなかったわけだし。


その後はお互いの目的のために分かれましたが、
時間ある時には一緒にダンジョンなり釣りなどの採集なりやりたいものですね。


そして、自分の積極性をもう少し上げねば。
今回の話しかけが仮にガンマンの早撃ち勝負だったら負けてましたからね

ちなみに新規鉱脈の捜索は新規発掘ポイントを発見できずに終了しました。
今はまだ自分の知る範囲のポイントで地道にレベルを上げていくしかないかもですね

【ネタ】伝説の勇者の祖父が……

皆さん、こんにちは


突然ですが、伝説の勇者の祖父と言えば誰を連想しますか?












オルテガ?












あれは勇者の父親です。祖父ですよ祖父。














そう













ドラクエ5におけるパパスです。









あの筋肉隆々な体格美をいっさい隠さない服装から、
ほんとに国王だったのかと謎に思わなかった人はいなかったと思います。


息子が生まれた後に攫われた奥さんを探すため、勇者を探すため、
息子と共に世界各地を放浪しますが、
息子(プレイヤーである主人公)を人質に取られて嬲り殺されるという壮絶な最期と、
FF2の皇帝の断末魔に似た台詞も印象に残っているのではないでしょうか?









そんな彼が、なんとこのエオルゼアの地にも転生していました。


前世での苦難に溢れた生活とは異なり、エオルゼア生活を楽しんでいる雰囲気があり、
とても幸せそうで良いですね。






それでは彼の今世での様子を伺ってみましょう






























ffxiv_20190901_173230_851.jpg



我々取材班を迎えてくれた彼(彼女?)は
なんと、一国の国王だった前世とは打って変わって、
ウルダハにある冒険者の憩いの場クイックサンドにおいて、
給士として活躍しておられました。









ffxiv_20190808_102109_309.jpg



現状の生活に関してインタビューしてみると、
特技は料理でバターのせパンケーキ「クランペット」が特に得意だとお勧めされました。

前世での旅では小間使いのサンチョがいなかった際は自炊されていたようなので、
特技は前世からの因縁といったところでしょうか。



筋骨隆々な体格かと思いきや、小柄なララフェルになっておられたのは意外でした。

年齢的に第七霊災という世界規模での動乱を経験されているようで、
前世に比べればましでしょうが波乱に満ちた人生は今世でも同じようです。



願わくば、この後の人生は穏やかに送っていただきたいものですね。


【日記】エオルゼアお気に入りスポット004

皆さん、こんにちは。



エオルゼアでのお気に入りスポットを不定期連載で紹介するコーナー
記念すべき第4回はリムサ・ロミンサから







察しの良い方は既にお気づきでしょうが


















ffxiv_20190908_144227_465.jpg




今回も滝です。



場所は中央ラノシアの「ささやきの谷」と言われる場所にある滝


複数の滝によって構成されている滝ですね。



一つの大きな滝も良いですが、

こういう小さ目の滝が複数合わさって流れているのもなんともステキです。




一つ一つは小さいけれど、皆が合わさればこれだけ魅力的な風景になる。



パーティメンバーで力を合わせてボスを倒す、
そういったメッセージを暗喩しているのかもしれません(違





見事な滝り具合です。




ffxiv_20190908_144248_160.jpg


以前紹介したグリダニアの滝みたいに真下までは足場の都合で行けませんが、
こんな感じで見上げることは充分に可能です。














ffxiv_20190908_144307_621.jpg


チョコボに騎乗して撮影すれば、
小説の挿絵や映画のワンカットっぽいSSも撮影できる中々撮影が楽しめる場所でもあります。





ffxiv_20190908_144255_241.jpg



渓流の水も綺麗で、いかにも涼しい雰囲気漂う場所です。
暑い日々を過ごす中、ここで涼をとるのもありかもしれません。


ちなみにこちらのささやきの谷へ行くまでに通過する木造の階段?の頂上からは









ffxiv_20190908_144127_731.jpg




晴れた日には広大なラノシアの平原を見渡すこともできるので、
是非ともここへ足を運ぶ際は晴れの日がお勧めです。



ささやきの谷へお越しの際は、少々距離がありますので、
チョコボなどのマウントが利用できる方はマウントの利用をお勧めします。
なお、周囲では荷物の運搬を行っている方々がおられるので、
彼らの迷惑にならないようにご注意下さい。
プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は