fc2ブログ

【日記】ゴールドソーサーで遊んでみよう:前編

皆さん、こんにちは。


昨日の日記が自分の日記内で閲覧数、いいね数共に歴代2位という
想定外な高評価を頂いて恐縮しまくりです。




このままネタばかり書いてたら「こいつ大丈夫か?」と思われてしまうかもしれないので、
今回は真面目に書いていきます。


前回の日記でゴールドソーサーは1回しか行ったことが無い、

という方もおられたみたいなので、
今回はちょっとばかしゴールドソーサーの魅力に触れてみましょう。



まずはゴールドソーサーへの行き方はメインクエストを進めると
行けるようになるクエストがアンロックされますのでそれをクリアすればOKです。



その後は各国の飛空艇乗り場から無料で移動可能(←ここ大事)です。




FF7で初登場した遊技場であり、
ドラクエで例えるならカジノに相当する施設です。


施設内各所にミニゲームが設置されており、
プレイ料金もリーズナブルなので心置きなく遊べます。


UFOキャッチャーなんかも現実のゲーセンでの非力っぷりはなんのその、
ゴールドソーサーでは掴んだ獲物は離さない、とばかりに持ち帰ってくれます。



頼もしいですね




特におすすめしたいのが20分間隔で実施されるイベントG.A.T.E.

これは毎回ランダム?曜日指定?時期指定?かはわかりませんが、
複数ある中から選択され、イベント会場や特設会場で行われます。












ffxiv_20190802_102213_487.jpg





個人的にお勧めしたいのが「暴風!はないきフンガー」



FF6で初登場したテュポーンが一定時間ごとにはないきで参加者を吹き飛ばし、
最後まで残っていればポイントたくさんもらえます、というゲーム。

完全に運ゲームですが、難しい事考えずにさくっと参加できるのが魅力です。


ちなみにSSは朝7時20分だかの回に参加した時のものですが、
参加者が自分1人しかいませんでした(^^;)











しかしながら、さすがはテュポーン大先生。









ラストこれを回避できればクリア、という状況まで残してくれました。







エンターテイメント、というのをわかってらっしゃいますね。


はないきを生業にしているだけに空気を読むのは得意なようです。

















笑う所ですよ?










ちなみにG.A.T.E.は他にも種類があります。

シューティングが得意な人には「出撃!エアフォースパイロット」が面白いでしょうね。
意外とポイント稼ぎやすいので、お勧めでもあります。

後は……現在紅蓮祭でアスレチックがあるからなのかもしれませんが、
「挑戦!ジャンピングアスレチック」がよく開催されているように思います。











ffxiv_20190730_104922_766.jpg


制限時間内に各場所に設置されたトロフィーを回収しながら頂上を目指すもの。
アクションゲームが得意な人には良いかもしれません。












ffxiv_20190730_104950_125.jpg







高所恐怖症の自分には断崖絶壁で
小さな足場の上をピョンピョン飛び跳ねるのは恐ろしくて無理でしたが(^^;)



ちょっと話が長くなってきたので、続きは次回にしますね。
ではでは~

【ネタ】なんとこんな所に

皆さん、こんにちは




唐突ですが、隠れミッキーをご存じでしょうか?


簡単に言えば夢の国の内部でミッキーに見える〇が三つ組み合わさった物、というものです。


私は夢の国に行ったことがないので現物を見たことはありませんが、
twitterをはじめとしてネット上での写真などで見たことはあります。





まぁそれはさておき、



先日ゴールドソーサーでとある調査を行っていたところ、


エオルゼアの地でも似たような物を発見してしまいましたよ、私。







それがこれです。




刮目して下さい。
























ffxiv_20190819_000821_923.jpg




















おわかりいただけただろうか


























ゴールドソーサーで隠れマクドナルド発見ですよ














もうね、これを見つけた瞬間、







ピロリ~♪ ピロリ~♪










フライドポテト揚げ終わりメロディ?が脳内再生されてしまいましたよ








これはもしかしたら店員の仮装衣装実装の下地かもしれませんね(違

【ネタ】官と民の癒着?

侵略してくるガレマール帝国に対して日々しのぎを削っているエオルゼア各国ですが、
どうやら各国内でもけして一枚岩で団結しているというわけでなく、
官と民の癒着、談合のようなものも行われていたようです。



それが確認されたのはクエストでサスタシャへと挑戦する際の出来事です。







行き方に関して指示を受ける人物の元へ向かうと……








ffxiv_20190729_094008_887.jpg




説明をしてくるイエロージャケットの人間から
さも自然な流れで船便の利用を勧められます











ffxiv_20190729_094106_223.jpg





船頭も先ほどの冒険者とイエロージャケットの担当者の話を横で聞いてたのでしょう。

それとも普段からよくやっていて慣れているんでしょうか。
何食わぬ顔してエールポート行きの便をアピールしてきます。










ffxiv_20190729_094518_143.jpg




船に乗らずに移動すると、イエロージャケットの担当者からガン見してくる無言の圧力が












ffxiv_20190729_094523_743.jpg








しまいには船頭と二人で「乗るの?乗らないの?」と圧力をかけてきます。








恐ろしいですね





リムサは国の成り立ちに海賊も絡んでるということなので、
船便に口利きといったことは、そういった派閥などによるものなのかもしれません。

【小技】初心者向けギル節約術

初心者である自分が日々行っているちょっとしたギルの節約術を紹介します。



ギル? そんなもん掃いて捨てるほどあるよ、

って方には無用の内容ですが、




ギルが足りなくて困ってるんよー、

って方の助けになれば、と思います。





【テレポ代を浮かそう】
メインクエストを進めて行くとリムサ、ウルダハ、グリダニアの3国を巡ることが可能になりますが、
クエストやジョブの都合、けっこうな頻度で行ったり来たりすることになります。

そうなるとテレポ代も馬鹿になりません。

そんな時にできる節約術です。

手順は簡単♪

リムサもしくはグリダニアのエーテライトをホーム登録します
(メインジョブやグランドカンパニーでの都合が無ければリムサ推奨。
 グリダニア→リムサの飛空艇代が甘受できるならグリダニアでも可)

リムサをホーム登録した場合は
リムサからグリダニアに行きたい時は飛空艇を利用し120ギル
グリダニアからリムサに行きたい時はデジョンを利用し0ギル

グリダニアをホーム登録した場合は
グリダニアからリムサに行きたい時は飛空艇を利用し120ギル
リムサからグリダニアに行きたい時はデジョンを利用し0ギル
そして、ウルダハに向かいたい時は
リムサもしくはグリダニアから飛空艇でゴールドソーサーへ行き、
ゴールドソーサーからウルダハで飛空艇で行くと、交通費は0ギルで済みます。


なんて素敵。きっとナナモ陛下のご威光!


そして暁の血盟に所属した際は
2名のリテイナーと引き換えに代表さんから散々パシらされるよく招集されるようになります。

美女から指示されるのは悪い気しませんが、何度も呼ばれるとさすがに面倒だしお金もかかります。
その拠点のあるベスパーペイへはホライズンへテレポするより、
リムサからフェリーに乗ると80ギル
とリーズナブルな上、
降りてすぐです。


便利ですね♪


ちなみに現在開催中の紅蓮祭の開催地コスタデルソルも、
リムサからだと漁船で40ギル。
高級リゾート地?に40ギルで行けるなんて凄いことですね。


【材料費を節約しよう】
クラフター系のレベルを上げる際には何か物を作成しないと経験値がもらえません。

物を作成しようとするなら材料が必要です。

そしてその材料の大半は、各ギルドの売店で売ってます。

ちょっとした不足分を買い足すだけなら大したことありませんが、
がっつり作成したい分を購入すると、最序盤の台所事情では死活問題です。


というわけで、材料は基本的に自力調達しましょう。

例えば木工師を育てたい場合は園芸師になって、
各地で伐採しまくりましょう。
どれだけ伐採しても禿山にはなりませんので、安心です。

遠慮なくヘイヘイホーと与作をやりましょう。

ギルドマスターなんかが園芸師の知り合いに譲ってもらえば良い、と教えてくれますが、
フレンドもまだいないであろう初期にはハードルが高すぎます。

ここは地道に自力で調達しましょう。

案外メインクエストでの戦いの日々で疲れた心を癒してくれたりします。
伐採や採掘の効果音が中々素敵なので、ついつい余計に採集してしまいます。

ただ、この方法は一つ大きなデメリットがあります。

それは







アイテム欄を非常に圧迫します


リテイナー解放前に色んな職に手を出した自分は、
常に所持品残り枠3個とかの戦いでした(^^;)

【日記】初紅蓮祭参加!

やっとこさレベルが30になったので紅蓮祭に参加ができるようになり、
昨日無事に参加してきました









ffxiv_20190817_000528_313.jpg



開催場所はコスタデルソル
エオルゼアにおけるリゾート地ですね









ffxiv_20190816_231458_615.jpg


夜には他の各国と同様、綺麗な打ち上げ花火がバンバン打ち上げられています。

これだけ打ち上げ続ける火薬があるなら軍事転用すればガレマール帝国なんざ余裕で消し飛ぶはず


自分の記憶が正しければ、FF7で登場した地名と同じではないでしょうか?

周辺の雑魚はマトリョーシュカを彷彿とさせるドングリみたいな敵しか出てこなかった
印象のある同地。
同じような敵が出てくるかは不明ですが、会敵は避け、教えて貰ったイベント会場へGOです








ffxiv_20190817_000538_743.jpg







開催場所の海の家?へと泳ぎ着き、イベント参加。










ffxiv_20190816_235728_384.jpg




アスレチックにも参加しましたが、案の定落下し、そのままゴールせずにいます。



リアルでの高所恐怖症が出てしまうくらい景色がリアルゆえ仕方ないですね。










ffxiv_20190816_235743_214.jpg


水がとても透き通っていて泳いでいる魚も見え、サンゴ礁共々とても綺麗です。


とりあえずイベントの景品引き換え券は釣りで稼ぐことにしました。


オリーブオイルがビスマルクで売ってなくて素材足りないなんて言えない。

そのために昨晩釣りをしているとすぐ近くで同様に釣りをしている可愛いララフェルさんが。

相手も何度も往復しているので、
自分と同様に稼いでるんだろうなぁと思って話しかけようかと決心したところ、
それを見透かしたかのようにララフェルさんは必要分が揃ったのか戻ってきませんでした。無念。

現在赤色の法被をゲットできたので、
残りの景品もゲットできるよう頑張ります!


【用語説明】
・紅蓮祭:FF14における夏の期間限定イベント。
     日本で言う盆踊りをはじめとした夏祭りの一環と考えて良いと思います。

【日記】イフリート討伐

2日前、FCの方々の協力を得て、蛮神イフリートを討伐してきました。






途中に出現する楔を破壊しないと一定時間後に全滅する


というのは「光のお父さん」の映画版や原作本で知ってはいたのですが、












普通に気づきませんでした







あれですね、楔の出現はイフリートの台詞でわかるようですが、


初出撃時は中々そこまで余裕が無いですね(^^;)




全滅後にアワアワしながらも再戦した2戦目は意識しながら対処できたので良かったです。






意外と破壊までの制限時間がシビアだったので、
焦りましたが(^^;)





とりあえず何回か通って練習してみようかなぁと思います。


最後に討伐後に撮った記念写真。




ffxiv_20190812_231851_481.jpg


キャラクタが小さくてちょっとわかりにくいかな?
もう少しアップでうまく撮影する方法を練習せねば(^^;)

【日記】LS(リンクシェル)のお話

私が所属しているFC(フリーカンパニー)の首領代表である瑞穂お姉さんが
LS(リンクシェル)のメンバーの募集をされています。


普段メンターさんをされていてとても面倒をよくみてくださる良い方なので、


「始めたばかりでわからないことが多くて……」とか

「ダンジョン行ってみたいけど、中々ふんぎりが……」


といった方は試しに覗いてみてはいかがでしょうか?


けっこうノリが良くてユーモアも通じる方なので、ちょっとした雑談してても面白いですよ。

私自身もダンジョンだけでなく先日は車に同乗させてもらってドライブ&釣りに行ってきました。


https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/11343998/blog/4195699/


サーバーが違うから無理だわ~。でもこういった集まりに参加したい、という方は
前日の日記で紹介したクロスワールドリンクシェルの方を覗いてみると良いかもしれません


【日記】クロスワールドリンクシェル入りました

フレンドの方が先日、クロスワールドリンクシェルなるものを立ち上げました。


初心者同士の交流を中心とした感じかな?
興味のある方は覗いてみて下さい。


https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/26773988/blog/4197283/


【用語説明】
※リンクシェル:一言で言うならチャットグループ。略してLSとも

※クロスワールドリンクシェル:リンクシェルのワールド超え可能版。リンクシェルは同じワールドのメンバーしか誘えませんが、こちらはデーターセンターが同じなら別ワールドの人も誘えます。
略してCWLSとも。

【日記】FC(フリーカンパニー)入りました

昨晩カッパーベル銅山をご一緒した方からFC(フリーカンパニー)に誘われ、
参加することにしました。


当初はFCはベテラン冒険者でごったがえしていて、
ひよっこの自分が加入なんてのはまだまだまだまだ先になるんだろうなぁと思っていました。
しかしながら、こういったきっかけは大事にしたくもあり、
また返答を先延ばしにせずタイミングを大事にしようということで
ダンジョンクリア後に参加希望での返事。

見事そのまま加入しました。



まったくもってFCもリンクシェルも初めてなのでオロオロするかもしれませんが、
楽しんでいきたいのでよろしくお願いします
【用語説明】 ※フリーカンパニー:他所のゲームで言うならギルドのようなもので所属するメンバー同士で遊ぶ集まり。略してFCとも

【日記】パーティプレイ、意外と楽しい

昨晩、パーティの募集主としてパーティ組んでダンジョンに挑みました。
パーティ募集自体が初めてで、色々とわからない所があって手間取りましたが、
道中から終盤まで皆でわいわいと共闘できたのがとても楽しかったです。
ボスの時は戦闘前のムービー観てて、
気づいたらしばらく場外に締め出されていたのは内緒です(何

正直なところ初めてサスタシャに挑んだ時は皆サクサク進んでて、
ボスもギミック対処向かってるのは自分だけで他はスルーで討伐、その後速攻で脱出、
みたいな状況で心理的疎外感と言えば語弊がありますが、なんかちょっと寂しいというか何というか。
パーティプレイを今後もやっていく自信をなくしかけてたんですよね。

でも、幸いにも昨日参戦してくれた方々のおかげでそういった不安は大きく解消しました。
色々と「こっちっぽい」と言葉に出して行き先教えてくれたタンクの人、
ダンジョンクリア後も賑やかに芸っぽいことしてくれたDPSの人、
皆に丁寧な気遣いしつつ回復してくれたヒーラーさん、
改めてありがとうございました。

そして、これを機にまた色々とダンジョン潜ってみようと思います
プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は