fc2ブログ

【2205】ヤマト新乗組員

皆さん、こんばんは。


「2205」にてヤマトに新乗組員が多く追加されました。

そのメンバーのうちわけは


土門竜介
徳川太助
板東平次
京塚みやこ
坂本茂
キャロライン雷電


徳川と坂本は「新たなる」で登場していたキャラクタなのですが、
それ以外のメンバーは「3」に登場したメンバーなので、
「3」リメイクに先駆けての登場になります。

なお、キャロライン雷電は「3」の雷電五郎が元ネタと思われ、
山本玲同様、リメイクに当たって性別変更されてしまったキャラみたいですね。


原作の「新たなる」と違って「2205」では物語冒頭にボラー連邦が出てきたりするので、
「3319」とかでもちょいと絡んでくるやもしれません。

各個人に関してはまたおいおい記事化していきます。


ではではまた明日~。


スポンサーサイト



【2205】イスカンダルの設定

皆さん、こんばんは。


「新たなる旅立ち」において、イスカンダル星は爆発して崩壊してしまいます。

今回の「2205」も物語の展開的にそれは避けられませんでしたが、
「2199」や「2202」ではほぼ投げっぱなしだった設定が
今回の「2205」では大きく掘り下げられました。


旧作シリーズでは

滅びに抗う星ガミラスに対して
滅びを受け入れる星イスカンダル

といった対比で描かれていましたが、


「2199」によってイスカンダルは「3」のシャルバート星の設定をほぼ受け継ぎ、
過去に宇宙の絶対的支配者みたいなポジションになっていたことにされました。


今回の「2205」ではイスカンダル星に古くから伝わる物語があり、
それによってガミラス星とイスカンダル星との関係やガミラス星とガルマン星とのつながり

といったものまできちんと説明されていました。

これにより「3」ではガミラス人とガルマン人が偶然遭遇した、
みたいな感じだった事がきちんと因縁づけられていたのはとても好感が持てました。


今回の「2205」は過去のリメイク作品と比べると圧倒的に良リメイクだったと思いますが、
それに貢献しているイスカンダルの設定だったと思います。


【2205】補給母艦アスカ

皆さん、こんばんは。


今回は「2205」で新たに登場した補給母艦「アスカ」について見ていきましょう。



asuka.jpg


「アスカ」という名前からは某アニメのキャラクタを想像する人が多いんじゃないかと思いますが、
旧海軍でも同様の読みの艦名は補助艦艇ですが存在するのでそちらから取ったのでしょう。


見た目は「2」で登場した宇宙空母に非常によく似た艦容。

艦首波動砲部分が封鎖されていて、
拡散波動砲の代わりに波動共鳴導波装置が内蔵されています。

ひらたく言うと廉価版「銀河」といったところでしょうか。

主砲は搭載数共に「ヒュウガ」と同等ですが、
「補給母艦」という艦種の性質上、積極的に砲戦を仕掛けるよりは自衛手段としての用法が適切な印象を受けます。


艦長は森雪で「復活編」以来となる凛々しい艦長服姿が確認できますよ。


気になる「2205」本編での活躍ですが……



私個人の意見としては「2205」における戦闘全般を通しての
最優秀武勲艦と言える働きをしたと思います。


その理由として

イスカンダル海面でのデスラー戦闘空母への被弾を阻止
波動掘削弾発射時の爆風等からイスカンダル宮殿、避難船団を防御
波動砲発射後のエネルギー0状態のヤマトを防御&エネルギー供給


といった具合に、武力面での活躍は本格的に航空攻撃が出来る「ヒュウガ」に比べると劣りますが、
防御にほぼ全振りしたステータスによって、艦隊が遭遇した数多の危機を乗り越えることに成功しています。

おそらく「3199」でも活躍の機会が出てくると思うので、
どのような戦いを繰り広げてくれるのか楽しみです。


ではでは、また明日~。


【2205】戦闘空母ヒュウガ

皆さん、こんばんは。

「2205」で新たに登場した戦闘空母「ヒュウガ」

本編でどのように活躍したのか、
ちょっとばかし触れていこうと思います。


hyuga.jpg


公式サイトにあるこの設定画だけでは飛行甲板などの部分がはっきりと見えないため艦容がいまいちわかりにくい部分がありました。


いざ作中での姿を確認すると



「2」での宇宙空母のシルエットではなく、
PS版の宇宙空母のデザインに非常に近いものになっていました。



「2205」本編での活躍に関しては

ヤマトの元技師長の真田さんが艦長を務め、
イスカンダル星でのデスラー艦隊救援の際には航空隊出撃と艦砲射撃、
対ゴルバ戦では連合艦隊に号令をかけて砲戦を仕掛けたりと
元ネタとなった「伊勢」「日向」が成しえなかった戦いを見事に演じてみせました。


惜しむらくは戦況の影響で艦首波動砲は充填のみで実際に発射は叶わなかったことです。
この辺は次回作の「3199」で発射する機会があるのかもしれません。


ではではまた明日~。


【2205】戦闘母艦デウスーラ3世

皆さん、こんばんは。


今回は「2205」で登場した戦闘母艦「デウスーラ3世」について見ていきましょう。


deusula3.jpg


艦種は「戦闘母艦」となっていますが、
過去作における「戦闘空母」と意味的な差はまったくないと思います。



設定上は主砲が480ミリと「ヤマト」より大きく、「アンドロメダ」より小さい

という仕様ですが、

ドレッドノート型の310ミリの主砲でも敵艦を容易に撃沈、撃破できてる

ので、こうした設定は気分的な物と考えて良いかもしれません。


それはさておき、
外観に関しては「2199」の戦闘空母のような甲殻類っぽさはなくなり、
「新たなる」のデスラー戦闘空母に非常に近くなりました。
主砲が三連装から四連装になったりと好みの分かれるものに変化しましたが、
全体的に上質なディティールアップがされたデザインになっていると思います。


作中での活躍は、
イスカンダル星での攻防で「デスラー機雷を打ち上げての遅延戦闘」が丸々オミットされたのが個人的に残念でしたが、ヤマトの救援到達までの間の奮戦、被弾といった「新たなる」での立ち回りはそのまま健在。
「新たなる」と違って「2205」では敵旗艦にトドメを刺されそうになりますが、
「アスカ」によって窮地を救われます。


ゴルバと会敵後は、問答無用でデスラー砲を発射、
終盤にはゴルバへの体当たりと「新たなる」での行動を踏襲しますが、
いささか突発的な行動に見えてしまったのがちょっと残念でした。


例えば、ゴルバへのデスラー砲発射に関してで、

「新たなる」では
撤退呼びかけるメルダースの指示
→ゴルバをガミラス星の仇であると宣言したデスラーは単独で戦火を開く
→三段空母が爆沈し、状況打開のためにデスラー砲発射準備を命じる
→デスラー砲、ゴルバへ発射

なのに対し、

「2205」では
ゴルバに対して古代が停戦、撤収呼びかけの通信中
→いきなりデスラー砲がゴルバに直撃

といった具合ですね。


戦艦、空母、デスラー砲搭載と多機能である本艦ですが、次回作の「3199」以降にはおそらく登場しない(「永遠に」ではガミラス未登場、「完結編」ではデスラー艦が登場)可能性が高いのが、個人的には非常に惜しまれます。


プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は