fc2ブログ

【2205】宇宙戦艦ヤマト2205の話展開はどうなるのか?

宇宙戦艦ヤマト2202の続編である2205の制作が発表されてしばらく経ちますが、
いまだに情報がほとんどない状況です


サーシャと思しき女性

プレアデスと思しき敵戦艦


のイラストが公開されたのを最後に情報が止まっている状況です


ガミラス戦役の2199から白色彗星との闘いの2202までの間に3年が経過しました


今回も同様に3年が経過した2205ということなのですが
個人的にはここは2203辺りで良かったんじゃないかと思ったりもします


元ネタになるであろう「新たなる旅立ち」は白色彗星との闘いの1か月後
「永遠に」は更にその翌年


といった時系列だったはずなので
これらの話を元にして作られるであろう2205は
3年も経過させるとちょっと時間が経ちすぎる気がしてしまうのです


自分としては「新たなる」の話を元にするなら
2202のラストでデスラー率いるガミラス艦隊が去って行きますが、
これが一旦ガミラスへと向かうとガミラス星周辺で暗黒星団帝国と交戦している友軍を発見、
それに加勢して……といった感じで作りやすいんじゃないかなぁと思ったりする次第です


他にも2205は「永遠に」の話が主体で、
前半部分(全体の1/3くらいの話数)で過去を回想、みたいな感じで「新たなる」をやるのも
ありかもしれません


とにもかくにも実際まだ話の内容等一切の情報が出ていないので
どうなるのか不安と楽しみが織り交ぜあった状況です


【2】遂に買ってしまった

皆さん、こんばんは。


遂に



遂に



遂に買ってしまいました





DSC_0467.jpg


宇宙戦艦ヤマト2 DVDメモリアルボックス


以前から存在は知っていましたが
Blu-rayならともかくDVDではなぁと思い購入を敬遠していました。


しかしながら、1のBlu-ray版は発売されたものの、
2以降は全然そういう話を聞きません。


問い合わせてみるとメーカー在庫もかなり少ない状況。


更に臨時収入もあったので




今回思い切って購入しました。


2の土星沖決戦はシリーズ最高傑作レベルの戦闘なので、
あれを何時でも観ることが可能なのはとても嬉しいです。

【雑記】総集編上映決定

皆さん、こんばんは。


前々から話だけは出ていた宇宙戦艦ヤマト2202の総集編が
来年の2021年1月15日からの3週間での上映が決定されました。


本来なら今秋に予定されていたのですが、
コロナの影響で製作や上映スケジュールなどに遅れがでたんだと思います。


なにやら2202だけでなく2199も踏まえたものになるようです。

個人的には2202は2に及ばないものの、
2199よりは楽しめたので「新たな切り口で」というのがどんな感じなのか
少々気になるところではあります。


とりあえず来年1月に入ったタイミングで観に行くかどうか考えます。
2205の方が気になるのが正直な所でもありますし。

【2202】蘇生体

皆さん、こんばんは。


本日は2202で登場した、
おそらく視聴者から最も忌避されているであろう仕様、設定である



蘇生体



に関して触れてみます。



これはどういったものなのか、と言いますと


ガトランティスが主に交戦中の相手の死亡した国民を
本人が気づかない状態で蘇生させ、
普段通りに生活させる、というもの。

その状態でもズォーダーが蘇生体側の意識とコネクトすることによって、
その蘇生体が見聞きしていることを知ることができます。

更には不要になった際には、
本人の意識を乗っ取り、自爆させることができます。


要は相手に悟られずにスパイ、自爆による破壊活動が出来る


というとんでもない非人道的な仕様です。



この人間が自爆する、という描写が
画面外に落ちて行くなどで直接表示はされないものの
自爆テロを彷彿させたりと色々と嫌な感じを引き起こします。


更に謎なのが、
交戦中及び交戦後間もない状況で蘇生体となっているキャラクタが
ちょくちょく登場するのですが、
いったい全体どういう手順で作られているのかさっぱりわからない、
という気持ち悪さもあります。


元々は2におけるデスラーを蘇生させたガトランティスの手術が元ネタだと思いますが、
なんとも嫌なアレンジがされたものだなぁと思う次第です。


【2202】こうすれば良かったんじゃないか?02【でしゃばりすぎるキーマン】

皆さん、こんばんは。


宇宙戦艦ヤマト2202における、
ここがこうだったら良かったんじゃないか?

といった点に関して述べて行くこのコーナー。

あくまで私個人の感想なので、ご了承下さい。


今回の記事での話題は

全編を通して出しゃばりすぎるキーマン


です。


この人物、第1章で登場してから頻繁に登場します。

デスラー総統の血縁者という設定でもあるため、
ガミラス本星に所属するガミラス人からはやたらと崇拝されてる部分もあります。
まぁこの辺の設定くらいは別にかまいません。

しかし、やたらめっちゃか話に首を突っ込むので、
メインの主人公である古代の存在感がまったくと言っていいほど薄くなっています。

その影響で、活躍の場をキーマンにとられた古代は
基本的に物語序盤は波動砲問題でうじうじ
物語中盤以降は森雪の負傷や記憶障害でうじうじと
全編通してうじうじしてるだけのキャラになってしまってる部分が多く見られます。
「永遠に」のエンディング直前の古代が本編ずっといる感じです。


正直なところ、主人公が古代、森ではなく
キーマンと山本だろう、と皮肉を言いたくなるレベルです。


これはちょっとあまりにも古代達が不憫な状況になっているので、
もっとキーマンの活躍頻度を下げて、古代と入れ替えるというのが必要だと思います。
いくつかの場面では入れ替えてもなんら問題なく自然な部分もあります。

例えば、第6章でヤマトが不時着した惑星での探索を
キーマンではなく古代にさせても問題ないですね。
第7章では「新たなる」のオマージュ的なシーンで
デスラーと決別の挨拶をキーマンがしてるところがありますが、
これもキーマンでなく古代で充分務まります。


探せばもっと活躍させられる場面があるはずなので、
もうちょっと活躍させてあげれば良かったのになぁと思います。

結局、主役を食う活躍をしてしまったキーマンは、
斎藤と共に特攻する羽目になってしまいますし。

プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は