fc2ブログ

【日記】思わぬ拾い物

ffxiv_20220123_132733_268.jpg


皆さん、こんばんは。

本日もまた23日に参加した下限で行く極ラーヴァナ討滅戦絡みの内容です。


ラーヴァナ撃破成功時に貰えた報酬の中で
オーケストリオンの譜面の他に蛮神武器のチェストがありました。

これらは以前は武器として報酬に出現していたと思うのですが、
最近のVerUPでチェストに変更がされたんですよね。

おかげさまで自分の好きなジョブでの武器をゲットできるようになり
とてもありがたく思います。


そして、このチェストを


ロット勝負に勝利し、無事にゲットできました。
(オーケストリオン譜は全敗した)


早速竜騎士で使用し、ラーヴァナスピアをゲット。


ffxiv_20220123_214346_813.jpg


納刀時には刃物部分が水色に輝く仕様です。
デザインもあまりゴツゴツしていなくて自分好み。

ある種戦いにストイックなラーヴァナらしさが出ているデザインと言えるでしょうか。


ffxiv_20220123_214429_319.jpg


抜刀すると刃物の大半が水色から赤へと変色します。


……なんか「風の谷のナウシカ」で出てくる王蟲の目の色みたいですね。
平時と攻撃色の時のように。


ffxiv_20220124_231015_386.jpg


カッコイイSS撮影にももってこいなので、
普段使っているウィンターはしばしお休みにして、
しばらくはこの武器をミラプリして使っていこうと思います。


ではでは~


スポンサーサイト



【日記】きっかけはひょんなことから

ffxiv_20220123_152333_115.jpg


皆さん、こんばんは。


こないだの23日日曜日。
第四次下限極ラーヴァナ攻略戦が実施されましたが、
それの終了後、休憩を少し挟んだ後



ffxiv_20220123_152322_935.jpg


女神ソフィア討滅戦


にチャレンジしてきました。


もちろん下限+超える力無しで。



FF6はかなり好きなシリーズなのに、
三闘神関連はあの白いローブの奴が胡散臭くてセフィロトを倒してからは
それっきりという状況で半年以上放置してました。

そんな中で急に女神ソフィアの討伐をやりたくなったのは、
非常に思いがけない事がきっかけです。


タナティさんは自宅から近いということもあり、
エオルゼアカフェにちょくちょく訪れるのですが、


ある日店内で流れていたBGMで非常に気になる曲がありました。
(店内ではFF14のサントラを流しているっぽい)


この曲は何だ?

聴いたことが無いけど耳に非常に残るし、
どこか儚げで好きな曲調だ。


となりまして、
その後に流れた別の曲から流れているサントラを推測。

家に帰宅して調べたら曲名が判明しました。


それが


「女神~女神ソフィア討滅戦~」でした。


曲名を見てセフィロトを討伐して放置状態だったのを思い出し、
これを機に残りの2体も撃破し、おいおい極の方にも挑戦してみたい

となった次第です。

コンテンツ中に曲を聴くとどんな感じになるのかも楽しみでありましたし、
ラーヴァナが迅速に攻略できた場合は、可能な方参戦協力お願いします、
との呼びかけに全員が答えてくれました。


ffxiv_20220123_152515_290.jpg


いざ出撃するとFF6での女神を
可能な範囲で再現された見た目の女神ソフィアが出現。


頭みたいな物の上に女神が乗っかってる


そう言えばこんな感じだったなぁと懐かしさを感じます。

ただ、FF6本編での戦闘では
何の印象も残っていないくらいあっさりと倒してしまったので、
元ネタにちなんだどんな攻撃をしてくるのかさっぱりわかりません。
攻略サイトなどではけっこう嫌らしい攻撃をしかけてくるとの記載があるのですが、


まったく記憶にありません。

レベリングをしまくってからラストダンジョンに突入する戦術戦略が
時を超えて裏目に出るとは思いませんでした。


ffxiv_20220123_152627_771.jpg


戦闘開始時から流れるのかと思ったら
FF6での三闘神やアルテマウェポンでお馴染みの「死闘」が流れ、
一定量フェイズが進むとお目当ての曲になりました。


が、

女神の下部の顔が虫みたいにゴソゴソ這いまわったりするのが
非常に気持ち悪かったり、
シーソーのようにふらふらするステージのギミックに翻弄されたりで

中々曲をしっかり聴く余裕がありませんでした。


ただ、曲の雰囲気の影響でコンテンツの一つにすぎないバトルが
なんだかラストバトルっぽい雰囲気に思えてくる不思議な気分にはなりました。
特に歌のサビの部分、あそこに到達するとヤバいですね。
1つの曲をエンドレス再生し続けてもまったく苦にならないタナティさんの脳内では
ここ最近延々と再生されています。


ffxiv_20220123_153234_194.jpg


戦闘終盤には突如流れたビギチャからの今日の豆知識についつい目を奪われ、
1人逃げ遅れて落下したりしたものの……


ffxiv_20220123_153821_390.jpg


無事に討伐成功しました!

皆、強くて助かります。ほんと。


最後はLBを決めさせてもらってとても嬉しかったですが、
せっかくの見せ場をSS撮影するのを忘れたのがほんと悔やまれます。


あ、そうそう。
「ドラゴンボール」の作者の鳥山明氏はその「ドラゴンボール」を通しで読んだのは、
連載終了後5年以上経ってかららしいですよ。

連載中に話の齟齬とか出ないように読み返したりするもんだと思ってたので、
これはちょっとびっくりですね。


ではでは~

【日記】第四次下限極ラーヴァナ討滅戦

ffxiv_20220123_133452_840.jpg


皆さん、こんばんは。


本日は13時半から

フレンドのお芋さんが主催する下限極ラーヴァナ討滅戦

に参加してきました。




ffxiv_20220123_134315_928.jpg


今回で通算4回目となるこの討滅戦。

そろそろラーヴァナに引導を渡してやりたいところですね。

AW製作中でもあるので詩学100個も欲しいし。


今回もまた集合場所、ドレスコードは未設定なので、
勝手にお芋さんの家に行ってきました。


しかし、ここでふと思いました。


またここでお芋ハウスのSSを掲載しても



先週に貯め撮りしてたんじゃないのか?


と思われる可能性もあるので


ffxiv_20220123_133411_068.jpg


急遽予定を変更して
タマゴさんのタマゴハウスへとお邪魔してきました。


やっぱり皆、庭にはこれ置くよね。
自分の家の庭にもおいてます。


みんな大好き
シンプルツリーハウス


木の幹を使用して作られた階段を上って周辺を見渡すことができるのが
大きな魅力の一つですよね。


またタマゴハウスの1階フロアは


ffxiv_20220123_142833_321.jpg


イートインのあるパン屋さんっぽい素敵な内装。

1回目の突入終了後の休憩時間では
ノアさん、イズさん、シエロさんも加わりちょっとしたパーティに。


ffxiv_20220123_143144_572.jpg


家主不在の中、皆でくつろぎまくっていました。


更に、地下には演壇スペースがありました。
アライアンスツアーのお芋さんとタマゴさんのコントは
きっとここでリハーサルされているのでしょう(多分違う


とまぁこんな感じな素敵ハウスでした。
次は誰のお宅にお邪魔しようかな?


……え? ラーヴァナどうなったかって?


いや、覚えてますよ、ほんと。
忘れてたわけないじゃないですか。



結果は……




ffxiv_20220123_134737_979.jpg


入念な打ち合わせを繰り返したこともあり、


大激戦の末……







ffxiv_20220123_151204_573.jpg


討伐成功!


しかもラストはお芋さんとラーヴァナの一騎打ちでの勝利。
他7人は床ペロ、落下状態でした。


終盤までラーヴァナに対してガンガン押し込んでいたものの、

ある者は風圧で落下し、


ある者は被弾して倒れ……


残るはお芋さんのみ。


皆がチャットで応援する様が
アニメやゲーム(ワイルドアームズ2、MOTHER2、FF4のラスボス戦)などでよくある
展開っぽく見えてとても熱かったです。


あまりにもその下りが熱くて見ている側も面白かったので、
普段なら

「全員立ってる状態でクリアしましょう」

みたいな流れになるのですが、
そういう流れになることなく終了となりました。


いや~ほんとあれは面白かった。
誰か動画録画してないかな?と思えた楽しい戦いでした。


今回の討滅戦イベント、
企画運営して頂いたお芋さん、
共に戦った他の参戦者の方々、
大変お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

また機会がありましたら是非とも行きましょう。


ではでは~


【日記】G8地図ツアー22年1月号開催終了

ffxiv_20220121_220157_569.jpg


皆さん、こんばんは。

昨晩デバイス関連で不具合が発生したとかのブルーバックエラーで
PCが強制再起動がかかり……


ブログで記事作成中だったものが消し飛びました。


まだダンジョン攻略中とかじゃなかっただけ良かったと言うべきでしょうか。
とりあえずPCの放電を行ったので、これでしばし様子を見ます。


とまぁ話が逸れてしまいましたが、

毎月開催しているG8地図ツアー。

普段なら第2金曜日での開催だったのですが、
今回は諸事情で第3金曜日での開催になりました。

今回はいったいどういうドラマが繰り広げられたのか?

早速紹介してまいりましょ~


まずは今回のツアーでは




久しぶりのフルパーティ編成に!


G8地図ツアーでのパーティ人数は毎回5~6人が多かったのですが
今回は見事8人揃ってのフルパーティに!

先月はログイン戦争の影響もあって2人パーティだったので尚更、


なんか今日は人多くて賑やかだなぁ


といった気分での開催になりました。


いざトレジャーハントを開始すると


ffxiv_20220121_220900_143.jpg


トップバッターのたまごさんがいきなり魔紋を開き、
幸先がとてもイイスタートを切ります。
後続にプレッシャーを与えたなんて言ってはいけない。


ffxiv_20220121_225138_373.jpg


その後は我も我もと魔紋が開くのが続き


ffxiv_20220121_223733_438.jpg


最下層目指して突き進みます。








残念ながら最下層到達にはなりませんでした。


ただ、8枚中6枚魔紋が開くという驚異の数字に。


2枚開かなかったのは誰だって?




そのうち1枚は自分です。はい。



なんとなくね。



開かないような気がしてたんですよ。



じゃあ予想通り開かなかった。





開ける前から気合で負けてたのかもしれません。


ffxiv_20220121_224158_138.jpg


翌日に仕事を控えた方々がそこそこの人数おられたので
23時頃、今回は一巡したところで解散となりました。


参加して頂いた方々、
お疲れさまでした&ありがとうございました。


来週はG10地図ツアーを予定しています。
こちらもまたどんなドラマが生まれるか楽しみですね。

ではでは~。

【日記】ログアウト時に気にしてること

ffxiv_20220123_152009_634.jpg


※本日の内容は、
 あくまでこういう考え方もある、というもので、
 けして他人、周囲へ強要するものではないです。


皆さん、こんばんは。

今日は自分が普段ログイン、ログアウトする際に意識している事を紹介します。


エオルゼアの地は、

メインクエスト以外にもサブクエストを始め魅力あるストーリー、
クラフターによる製作、ギャザラーによる採集、ハウジング、
果てはそれらを一切行わず他の冒険者とのコミュニケーション

と現実に負けないくらい色んな楽しみがあります。

更に

個性豊かな町並みに綺麗な自然も広がり、
そこに住む個性溢れるNPC達、
月の満ち欠けがあったり足場によって足音が異なったりと、
非常にリアリティのある舞台となっています。


人によってはセカンドライフと言っても過言ではない
親しみを感じてプレイしているのではないでしょうか。
かく言う自分もそれに共感できる部分が多々あるので、
極力ゲームであることを想起させにくい言い回しとかを好んでしますし、
ちょっとしたことで現実に引き戻させるような事はしたくないなぁと考えてます。


そのため、例えばログインした時には


インしました。こんばんは~


ではなく


皆さん、こんばんは~


といった具合に「ログイン」「イン」を使わずに
「皆さん」という多に対する言葉を使っています。
この表現でも

「あー、この人はログインしたんだな」

と相手に婉曲的に伝えることは充分可能だと思えるからです。
現に今までこの文言でログイン時に挨拶していますが、皆普通に返してくれます。


ログアウトする時は


落ちます。お疲れさまでした。また明日~


といった具合で、ログアウトを意味する「落ちる」という表現を使ってます。
さすがにログアウトしていなくなるわけなので、
こちらはきちんと明確に伝わる表現にしています。
もし自分に何か用事がある人がいた場合には迷惑がかかってしまいますからね。


ただ、その時にもう一つ心がけているのは、


宿屋に移動してからログアウトすること

それが何らかの事情で叶わない場合は、
極力人目に付かない場所でログアウトすること。



何故そのような事をするのか?



ffxiv_20220126_220707_219.jpg


フレンドさんなどとやり取りをして、いざ落ちる時、そのまま落ちると


ffxiv_20220126_220714_550.jpg


こんな感じでパッ!と消えてしまうわけですが
現実では絶対に無い出来事ですよね。


ffxiv_20220126_220841_694.jpg


現実でそんな事が起きると、
ちょっとしたホラーやミステリーです。


別れて帰って行く友達や家族などを見送る際には
駅の改札や自宅から見えなくなる曲がり角を曲がるまでは見送る方が多いと思います。

そのため、ログアウト直前までフレンドさん達と一緒にいた場合などは、
基本的にフレンドさんから見えてなくなる場所まで移動、
可能なら宿屋まで帰還してログアウトするようにしています。

不特定多数の冒険者さんにも、
パッと消える光景を見て興ざめしてしまう人がいるかもしれませんので
その辺はちょっと意識しておきないたなぁと思ったからですね。
(業者アカウントの不正キャラクタのワープアウトを見かけてもげんなりしますしね)


最後に先ほどのログアウトする時の文言の末尾、


「また明日~」


これは書籍版「光のお父さん」の第六章で触れられていたことに感銘を受けて、
それ以来ずっと付けるようにしています。

ネットゲームでの繋がりは意外と脆い部分もあり、
昨日まで一緒に遊んでいた人が急にログインしなくなってしまったりします。
相手のリアルを知っている場合はほとんど無いので、
どうしてログインしなくなったのかを知る術は無いことが多いでしょう。
ただ単に興味が無くなった、なら良いのですが、
病気、事故、事件などに巻き込まれたのではないかと心配してしまう人もいるでしょう。


ffxiv_20220126_225221_274.jpg


永続的に皆が皆ログインし続けるのは難しい。
でも可能な限りまた明日も皆と遊びたい。
そんな気持ち、願いを込めて落ちる挨拶にしています。


ではでは~。

プロフィール

タナティ

Author:タナティ
 以前利用していたブログがサービス終了したので、こちらで新規立ち上げさせて頂きました。
 主にゲーム、映画に関して更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者履歴
貴方は